著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

終末のハーレム44話
ネタバレ感想

終末のハーレム修正前の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

テロリストの襲撃から辛くも逃げ切った翔太は、元いじめっ子のエリカを助けたことで、ダークサイドへ完全に堕ちるのを回避し、ガールズたちとも絆を深めたようだった。

カレンの計画にも乗ることを決め、心機一転。

一方、第4の男がテロリストに目覚めさせられようとしていた。

 

44話

時はMKウイルスが蔓延する前の2040年

 

 

まだ細胞硬化症が発症する前の第4の男は、働く必要の無いこの時代において、ストレスを感じながらもちょっといい生活をするために地味に働く地味なルックスの男だった。

 

木根渕善、30歳。

製薬会社で営業をしている彼は、取引先の病院長の狸親父に頭を下げ、ろくに仕事ができないくせに文句だけはいっちょ前な部下の尻拭いを必死にしようとしていた。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

盆栽をいじくりながら、優位性を嵩にきて取引相手の中堅社員をいびろうと企む院長

 

兎にも角にもひたすら平謝りに謝るしかないしがないサラリーマンの彼。

 

しかし院長はどれだけ相手が下手に出ようと、いびれる機会を存分に活かすべく、自虐を織り交ぜながら責め立てる。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

最後の仕上げはもちろん、取引打ち切りを持ち出すのは必然。

 

それはさすがに営業としてされてはいけない最大のミスなので、彼は焦り、一番手っ取り早い土下座を繰り出した。

 

それを見下ろした院長が少し気分が晴れたのかどうか分からないまま、なかなかいい尻をした院長夫人が空気も読まずに男が土下座している場に顔を突っ込んで来た。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

夫人はポテッとした厚い唇と張り出した胸、ムッチリとした下半身がエロい、夫に比べるとかなり若そうな巻き髪の女性だった。

 

彼はそつなく夫人にも挨拶するが、玉の輿に乗った夫人はマイペースを崩さず、院長は彼の会社の新人後任が立場も弁えずに調子に乗ったのだとバラした。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

それで彼は夫人にも失礼を詫びなければならなくなり、また焦って腰を適度に低くした。

 

だが、夫人が顔を見せてくれたので詫びの品を出すちょうどいいタイミングになり、分かる人には分かるワインを進呈。

 

夫人はパアッと顔を輝かせて喜んでくれ、夫人のご機嫌取りは大成功。

 

妻の笑顔を見た院長も気を良くしたのか、医者の不養生を地で行くようなメタボ腹を恥じる様子もなくワインを眺め、妻の尻に手を伸ばした

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

中指が穴に突っ込まれているかも知れないいやらしい手つきのまま、夫婦は見せ付けるようにキスをし始める

 

それをただ黙って見守るしかない彼は、うまく玉の輿に乗った自分と同年代と思われるヤリ手の夫人を羨ましく思った。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

片や大病院の院長夫人。

片やそこに薬を取り扱ってもらっている製薬会社の一社員。

 

その差に打ちひしがれていると、今度は我がまま放題を謳歌していそうな恋子という娘までやって来た。

 

躾がなっていないのは、彼を善呼ばわりすることからも明らかで、院長は叱りもせず、夫人は適当に軽く叱るだけで、彼が取引先のお嬢様に説教などできるはずもなく、小娘にも下手に出なければならなかった

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

部下の尻拭いに来た彼は恋子ともそれなりに打ち解けていたので、彼女はアイドルグループのライブチケットを親の力を使ってゲットしようと目論む

 

彼は苦笑いしながら了承するしかなく、子供の躾もろくにできない狸親父の余計な一言にも苦笑いを返すしかなかった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+