夫のちんぽが入らない
7話8話9話ネタバレ感想

夫のちんぽが入らないの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

入らないまま季節は過ぎていたが、それでも二人の愛は積み重なり深く高くなっていた。

彼は希望していた教職に就き、アパートを出て物理的な距離ができてしまったが、彼はきっぱりとプロポーズをし、彼女も受け入れ、初任給で指輪まで買ってもらい、人生で最高の幸せな気分に浸っていた。

 

7話

さち子はがなり立てるように鳴くオウムを持て余していた。

 

言うことなど聞いてくれないが「しーっ!」と黙るように必死に言い聞かせていた。

著者名:ゴトウユキコ 引用元:ヤングマガジン2018年31号

 

 

構わずオウムが鳴き続け、間に合わずに携帯に電話がかかってきた

 

彼女は電話に飛びついてすぐに出たが、まだオウムは後ろで鳴き喚いている。

 

当然、その大きな声は電話の向こうの彼にも聴こえ、彼女が一体どこにいるんだと不思議に思ってそう訊ね、彼女は苦笑いながらだと答えた。

著者名:ゴトウユキコ 引用元:ヤングマガジン2018年31号

 

 

大学の構内に張り紙されていた依頼を見つけた彼女は喜んで引き受けたのだが、インコだと書いていたそれを実際に見てみると、どう見てもインコではなかったのだ。

 

 

いや、インコには違いなかった。

 

ただ、コンゴウインコという、一般的にオウムと思われているカラフルなでかい鳥だった。

 

オウム並みのインコの大きな鳴き声が夜なら尚更近所迷惑というのもあったが、時刻は現在22:00時。

 

その時間は、いつも彼が電話をかけてくる時間だったから、鳴き声に邪魔されたくなかった。

著者名:ゴトウユキコ 引用元:ヤングマガジン2018年31号

 

 

 

彼が卒業し、大学でも一人で過ごすことが多くなっていたが、彼と一緒にいることで少しは豪快さが身についていた

 

 

お昼ごはんのパンを入れた袋を片手に壁を乗り越え、斜面の木陰でパンを齧る。

 

大学に入るまでの一人でいた頃に戻っただけにも思えたが、数年前のことが数字以上に遠く感じた

著者名:ゴトウユキコ 引用元:ヤングマガジン2018年31号

 

 

 

彼に倣って希望の職に就くため、あくびをしながら参考書を広げてノートを黒く埋めていく。

 

疲れてきたら効率を上げるために小休止。

 

テレビをつけ、飲み物を飲みながら何気なく観ていると、主婦の生活の知恵みたいなものをやっていた。

 

よくある、キツくなった指輪を外す方法

 

それは、誰しも最初に思い浮かぶようなぬるぬるしたオイルや洗剤を塗って外すという方法だったが、彼女は灯台下暗しのように、その方法にハッとした。

著者名:ゴトウユキコ 引用元:ヤングマガジン2018年31号

 

 

 

そしてすぐにドラッグストアで、効果が高そうなものを吟味して購入したのだった。

 

 

一般消費者は、香りやCMで選んで買うのかも知れない。

そこには、緊迫した理由などない。

 

しかしさち子は、如何にどれだけぬるぬるするか、滑りがよくなるかが重要だった

著者名:ゴトウユキコ 引用元:ヤングマガジン2018年31号

 

 

大きくなり過ぎる彼のちんぽに塗りたくり、結婚前に挿入を成功させるつもりだった

 

 

 

いつもの駅で待ち合わせして、一ヶ月ぶりに会った。

 

彼の部屋に行き、最近アパートの管理人が若い夫婦に変わって、オウムの鳴き声にクレームを入れられたことを話す。

ただ、そのオウムも今は飼い主の元に帰っていた。

 

さち子は彼にずっと敬語を使い続けていたが、オウムの鳴き声を本気で真似して聞かせてふざけられるほど、彼にだけ見せる素を見せていた。

著者名:ゴトウユキコ 引用元:ヤングマガジン2018年31号

 

 

彼が笑ってくれるので何度も大きな鳴き声を真似するものだから、ついに隣の住人が怒って壁を叩き、それを合図に寝ることにした

著者名:ゴトウユキコ 引用元:ヤングマガジン2018年31号

 

 

 

初夜からだったか、心臓が飛び出そうな甘いムードにならずとも裸で布団に潜り込み、どちらからともなくキスをして舌を絡め合う

 

そうして彼女の身体の柔らかさを感じるだけで彼は興奮し、最後はフェラで抜いてもらうのがいつもの流れで、今夜もお願いしたが、彼女はそうせず布団から出た。

著者名:ゴトウユキコ 引用元:ヤングマガジン2018年31号

 

 

持ってきた鞄の中を漁り、戸惑う彼の前に一つのボトルを差し出した。

 

 

まだ新品で一滴も減っていないその中身はベビーオイル

 

それを彼のちんぽに塗り自分の入り口に塗り、繋がろうと考えた。

著者名:ゴトウユキコ 引用元:ヤングマガジン2018年31号

 

夫のちんぽが入らないを読むならこちら