ゆらぎ荘の幽奈さん117話
ネタバレ感想

カラー版ゆらぎ荘の幽奈さんの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

コガラシとの一夏の思い出を妄想した千紗希。

おかげで無人島二人きり生活に突入し、そのままアダムとイブになる未来を選ぼうとしたが・・・

 

117話

雲雀は悲鳴をあげた

 

白い肌に黄色の水着を纏った眩しい姿の雲雀は自分の体を眺め回し、どうも水着がキツくなっているのに驚いていた。

 

まさか胸のボリュームアップかと思ったがそうではなく、ならば体全体の肉付きがよくなった可能性しかない。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年31号

 

 

そう思って体重計に乗ってみると、案の定その通りだった。

 

 

このタイミングはまずかった。

 

なぜならつい先日、千紗希の無人島イチャラブ生活に触発された住人が皆で海に行こうと騒ぎ出し、あれよあれよという間に全員が参加できる来週の日取りで決定してしまったのだ。

 

 

ただでさえ、胸のサイズではライバルたちに後塵を拝しているというのに、引き締まったスレンダーボディがだらしないたぷたぷボディになれば女としての勝ち目もなくなるし、恋の争奪戦に遅れを取るのは必至。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年31号

 

 

となれば、急いでダイエットするしかなかった。

 

 

 

いろいろ雑誌等で情報を集めてみたが、手当たり次第に試すのもそれはそれで長期的な目で見ると効率がいいようには思えない。

 

だから経験者の実体験を訊こうと思い、千紗希にTEL。

 

女子力モンスターの千紗希はあっけらかんと、常日頃から節制していると事も無げに答えた。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年31号

 

 

カロリー計算、日課のジョギング、夜食禁止

 

どれもこれも数日で結果が出そうになく、女子力の高さは今回役に立ちそうになかった。

 

 

続いて、年がら年中好きに飲んで食べても美ボディを維持していて、夏になればマイクロビキニ姿の痴女スタイルになる呑子にアドバイスを求めに行った。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年31号

 

 

その呑子が酒呑童子の末裔なのは今更だが、その受け継いだ血のおかげで酒や食べ物を霊力に変えることができる特異体質の持ち主で、だから暴飲暴食するほど強くなれるし太りもしないのだった。

 

 

体質だから、アドバイスにもなりゃしない。

 

爆乳のくせに他はほっそりしていて、美人で、好きな酒をたらふく飲んで、仲居にもお世話されて、売れっ子漫画家で稼ぎまくって彼にアシスタントをしてもらって・・・

 

雲雀の中に憎しみが湧き上がった瞬間だった。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年31号

 

 

 

旅行まで残り1週間。

 

もう間食を抜きにするしかないかと項垂れたその時、巨乳の一人の幽奈がその間食のカキ氷を皆に振舞おうとしているところに遭遇してしまう。

 

氷だからといって油断できず、調べてみるとなかなかの高カロリーらしく、泣く泣く諦めるしかなくてむせび泣いた。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年31号

 

 

そこに、同じ任務をこなして仕事後のファミレスでも一緒に過ごしている狭霧がやって来た。

 

ほぼ同じ食生活と運動量の狭霧なら悩みを共有できるだろうと思って繊細な体重問題を訊いてみると、狭霧も気にしているという。

 

ただ悲しいかな、これも体質的な問題で狭霧は胸に栄養がいっているらしく、雲雀は地道にダイエットに励む決意をせざるを得なくなった。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年31号