終末のハーレム無修正6巻
ネタバレ感想

セミカラー終末のハーレム無修正版の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

翔太の学校生活はハーレム一直線で、黒ギャルとヤッたり、保健室で乱交したりと爛れた青春を取り戻していた。

一方怜人は、誰が信じられるのか判断しかねる状況に陥っていた。

そして、火野が素直にハーレム生活を楽しんでいく過程も描かれた第5巻だった。

 

35話 謎の施設

善は急げと怪し過ぎる慶門市の病院を再度調査しに行った怜人一行。

 

 

圧倒的な戦闘力を誇るがオカルトには滅法弱い翠が朱音にいじられたおかげで壁を粉砕。

 

できた穴を見てみると、人が通れるようにできた通気孔が張り巡らされていた。

 

 

さっそくマリアを先頭に進み、怜人はパンツ丸出しの四つん這いマリアにドキドキ。

 

 

そして、明らかに何らかの研究設備がある区画に辿り着き、技術長官を発見した直後に自分たちも通気孔から落ちて発見されてしまう。

 

本性を現した長官と数名の研究者たちは怜人たちを亡き者にしようとするが、ギリギリのところで助けてくれたのがアメリカ軍を率いてきた、ムッチリ爆乳金髪のクロエだった。

 

 

36話 陰謀

クロエはUW本部のお偉いさんだった。

 

温泉でのドキドキ我慢対決を思い出した怜人はそれでまたドキドキする。

 

クロエは怪しさ満点だったUW日本支部の幹部に目を付けていて、この施設を突き止められたというわけだ。

 

 

悲しいかな、技術長官の口から真相が語られることなくお亡くなりになってしまい、施設に仕掛けられた爆弾も作動して緊急避難を余儀なくされた。

 

 

 

一方日本支部の方にもガサ入れの手が入っていた。

 

クロエを補佐するポープが堂々と乗り込めたのは、実は日本幹部の中に内通者がいたからだった。

 

元より、世界を混沌に陥れた疑いのある日本支部の幹部逮捕に協力したのだから、内通者と言うには適切ではないかも知れなかった。

 

 

 

そしてヘリで脱出した怜人は、クロエから色々衝撃的な話を聞いていた。

 

その中でも、絵理沙がUWに反旗を翻しているテロ組織のメンバーだと聞かされ、度肝を抜かれていた。

 

 

さらに、ナンバーズと呼ばれるMKウイルス蔓延化の世界で生きられ、人類の希望となり得る男性の一人がテロリストによって拉致されたと報告が入ったのだった。

 

 

37話 柳律香

再び翔太サイドへ。

 

 

彼は更衣室でクラスメイトたちに囲まれ、強制的に乱交パーティーに参加させられそうになっていたが、イニシアチブが取れない状況なので逃げ出した。

 

だが逃げ込んだ先の図書室で、スクール水着に着替えてからサボっている新体操部の小雪と口が悪くて眼鏡っ子の葉句露と遭遇。

 

そこでまず、小雪の体の柔らかさを見て生唾を飲み込んだ。

 

 

何事もなかったように、いつもの主要メイティングメンバー+ちふゆ+カレンでランチタイム。

 

そして、彼の意思とは関係なく出るらしいと噂の雑木林で肝試しをすることになり、彼のペアもセッティング済みだった。

 

 

カレンの思惑は、彼が苦手な黒ギャルと吊橋効果でいい雰囲気にさせ、流れで青姦というもの。

 

計画通り、意外と可愛いところもある黒ギャル律香のエロさに彼は抗えず、野外プレイを楽しむことにした。

 

 

グレーのホットパンツは既に食い込んで筋が浮き出ている。

 

いざ胸を見られて舐め始められると、また意外にも恥ずかしがり、実はヤリマンビッチじゃなくて、純情可憐な彼女は無理して彼を誘惑していたのだと白状する。

 

 

彼はギャルにも色んなタイプがいるんだなと感慨に耽りつつ、エリカたちが青姦していたのと同じ場所で、律香をバックでガン突きしまくった。

 

カレンの思惑に乗るでもなく乗せられるでもなく、シンプルにヤリまくりの日々の流れに身を任せ始めた彼は、ついに自分の前に連れて来るようカレンにある人物を指名したのだった。

 

 

38話 復讐

わざわざ彼がメジャーを使って手作業で計る、女の子たちの身体測定の時間。

 

東堂のダイナマイトボディの誘惑も何とか乗り越え、順調に消化していたのだが、ここにきて、保健室の先生がベッドを整えてくれている大人の色気漂うバックショットの破壊力に、股間が疼いた。

 

 

その頃カレンは、彼に頼まれたある人物を見つけ出し、年甲斐もなく高校の制服を着させて絶対服従を言いつけていた。

 

 

そして、男子トイレ掃除を命じ、そこで彼と再会させたのだった。

 

その相手とは、彼とお互い憎しみ合ういじめっ子のエリカだった。

 

 

しかし、今や立場は大逆転。

 

人類にとって一番貴重な存在になった彼は、彼女たちに付けられた根性焼きの痕を舐めさせ、復讐の一歩を果たしたのだった。

 

 

更にカレンは、最近彼へのアピールが足りない女子たちに発破をかけ、ハーレム学園を毎日どこかしらから精液や愛液の臭いが漂ってくるように仕向けていた。

 

 

39話 2045年の金瓶梅

翌日の翔太当番になった小雪は、さっそく朝の挨拶のキスを前戯レベルで熱く激しく求めにいった。

 

クラスメイトからの視線も気にせず、彼の膝に乗ってそのままメイティングを始めんばかりの勢いでぶちかまし、先陣を切った。

 

 

次は約束通りに部活を見に来てくれた彼のため、レオタード姿で股を広げまくり、きっちり彼を刺激してアピール。

 

締めに可愛さ満点の笑顔で止めを刺し、確実に彼の心に入り込んだ。

 

 

ただ、横でバレーの部活をしていた東堂に軽く邪魔をされる。

 

 

そんな邪魔にはめげず、その日の夜に彼を女子寮に誘い込み、葉句露との相部屋にご招待。

 

口の中で氷を転がすホットでクールなキスを仕掛ける。

 

 

ここまで来たら葉句露とも同じキスをして、一気に3Pへ。

 

 

最初は葉句露だった。

 

シンプルに正常位で挿入すると、いつもの口の悪さが引っ込むが、彼女らしい彼の呼び方は貫き、親友にも見せたことのない顔でいやらしく喘ぐ。

 

 

彼が突っ込んでいる後ろに回った小雪は、彼の尻穴をペロペロ舐めてお手伝い。

 

尻穴を舐められた刺激でビクついた彼は、そのまま葉句露の中に注ぎこんだ。

 

すると小雪は葉句露の横に仰向けに寝て、新体操部らしく片足をグッとあげて股関をおっぴろげた。

 

そして彼は、入れやすくしてくれた小雪にも突っ込んだのだ。

 

 

密かに窓の外から覗き見ていた一条グループは、彼の一番を奪い返すべく、今までにない大胆なシチュエーションで彼を最高に興奮させる作戦を企画するのだった。

 

 

40話 プール遊び

UW日本支部が謎の使者が来るので慌しくなっている頃、プールの授業に参加していた彼はクラスメイトのスク水姿を視姦していた。

 

その時、ここで小雪たちに遅れまいと計画を企てた一条が彼に近づき、水着の伸縮性を見せる体で何度も揉まれ舐められた乳首を見せつけ、興奮させた。

 

 

一条が虎視眈々と計画を進めているなど気づかず、律香や小雪が彼の当番をかけてタイムアタックで争っていた。

 

 

皆がレースに釘付けになっている隙を狙い、一条は彼の水着を切り裂いて強奪。

 

フルチンにして辱めたタイミングで東堂も加わり、変態露出を皆に見られるか東堂とピッタリ密着するか選べと迫る。

 

 

彼は、東堂のムチムチ柔肌を感じる選択肢を選ぶしかなかった。

 

 

授業の終わるタイミングは水中に潜ってバレるのを回避。

 

皆がいなくなったところで浮上し、一条の胸を揉んでおしおきしてから、水中で浮力を得た東堂の尻を掴んで持ち上げ、夢の駅弁ファックで突き上げた。

 

 

だが、当然一条はまだおしおきされ足りていなかった。

 

尻を突き出してスパンキングをねだり、パシッと一発叩かれて喘ぐ。

 

そして、伸縮性の高い水着を横にずらし、後ろから突っ込んでもらった。

 

 

その夜、好奇心で噂の雑木林を散歩していた葉句露は尿意が我慢できなり、野ションを初体験していた。

 

 

41話 意趣返し

彼は同級生だけでは飽き足らず、オヤツ感覚で下級生を見繕うため廊下を闊歩していた。

 

そして目がパッチリしたロリ風ツインテ美少女の杉山兎水を選択。

 

なかなかお目が高いチョイスだった。

 

 

夜になって彼の部屋を訪ねてきた兎水の服装も可愛らしいワンピースで、緊張しているところも可愛らしい。

 

一方、鎖に繋がれて人権を奪われてもいじめを全く反省も後悔もしていないエリカは怒鳴り、彼も怒鳴り返して兎水を怯えさせた。

 

 

そんなことには構わず、彼はエリカに見せつけながらベッドに押し倒してワンピースの下をまさぐっていく。

 

初めての兎水はちょっと乳首を舐められただけで、もうパンツをしっとり濡らしていた。

 

脱がされるのを恥ずかしがると、あえて穿いたまま手を突っ込まれて手マンされる。

 

 

可愛らしい兎水は感じ方もまだそこまではっちゃけられず、乱れ切らないところがまた可愛い。

 

彼はわざとエリカの方に股を広げて見せ、兎水を恥ずかしがらせながら指でかき回し、彼女に忘れられない初めてを体験させた。

 

 

 

二人仲良く一つのベッドで寝ていた深夜、エリカが禁断症状で苦しみ出した。

 

彼はその苦しみさえ利用して口移しで薬を与えて屈辱を与え、ノーブラとパンツ一枚で過ごさせるほど憎んでいる相手の唾液を吸いまくり、なんだかんだ女として扱って楽しんだ。

 

 

翌朝、その日の自分当番を確かめるなり、挨拶とほぼ同時に激しいキスで相手の唇を貪った。

 

しかし、今夜の誘いを断られるという初めての経験をさせられるのだった。

 

 

感想

終末のハーレム6巻でした。
面白度☆7 調子乗り度☆8

翔太の調子乗り度がどんどん上がって何とも言えませんが、彼の活躍が終末のエロ度を支えているのでこれからも頑張って壊れていって欲しいと思います。

結局彼は拉致られませんが、代わりのナンバー4サイドが始まるので、どんなメイティングをしてくれるのか楽しみに待ちたいと思います。