インフェクション
108話109話ネタバレ感想

インフェクションの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

三股問題に翻弄されかけた晴輝だったが、無事に自己中心的な本音を包み隠さないことに決めて、紗月にキスをぶちかまして自分の女の一人として囲った。

一方、蛍の計画は自爆テロにより衆議院議員、総理、議員会館と次々に爆破され、打つ手を葬られていた。

 

108話

テレビ中継は前代未聞の国家に向けたテロを映していた。

 

衆議院が白煙を上げながら崩壊した直後、その後ろで議員会館が砂の城のようにあっけなく崩れていった。

 

リポーターはそれをしっかりと視聴者に伝える役目も忘れ、一人の国民として茫然自失していた。

 

思い出したように言葉を紡ぎ始めるが冷静さを取り戻しきれず、たどたどしい実況がその光景で受けたショックのほどを物語る。

 

まだ生存者がいないと分かったわけではないが、あんな巨大な建物の崩壊に巻き込まれたのなら、総理や議員なんて肩書きはなんの意味もなく、生存は絶望的だと伝えるしかなかった。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

当然、国会中継は世界が注目していた。

 

 

 

目の前で議員会館を爆破された蛍は、改めて自分の考えていた策と、今の状況を整理した。

 

 

保菌者騒動を解決するために、自衛隊の武力行使は必須だったが自爆テロで総理まで消えたとなれば、命令を下す人間がいなくなってその道は閉ざされた。

 

その場合に頼れる参議院議員も全滅。

 

 

蛍はそこまで整理し、次の行動に移ろうとしたその時、ジョガーを装った協力者から暗号化された情報を聞かされ、攻撃されたのが国会のみなのを知った。

 

それは、大した慰めにはならなかった。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

戦後の憲法ではこのような緊急事態に対応できる条項がなく、軍を持たない日本が色々な段階を踏んでやっと保菌者騒動に自衛隊を介入させられるかも知れないところまで持ち込められたのを皮肉る自爆テロ。

 

 

全ては立法を経て対処される。

 

それがなくなった今、国連に指揮を任せて建て直しを図られることになれば、もはや日本は日本と言えなくなる

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

自衛隊も指揮権を奪われ、隔離地域は仙台どころではなくなり、日本国民全体の自由が奪われていく。

 

しかし、日本が傀儡国家となれば市民の叫びなど届くはずがない。

 

つまり、平和と謳われた日本も内乱にまみれた暗黒時代に突入するのは必至。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

 

どうしていいのか、どうなっていくのか分からない国民は、チャンネルを変えて何か有益な情報を伝えている番組がないか探した。

 

しかし、どの局も混乱を来たし、アナウンサーは無言を貫くか、意味のない言葉で濁すか、若い女性アナウンサーが泣きじゃくって無闇に責められているだけ

 

絶望するアナウンサーが無責任に零した言葉は、そのまま国民の気持ちに伝播していった。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

 

蛍はまだそこまで悲観していなかった。

 

折りたたみ櫛を取り出し、乱れた前髪を後ろに撫で付けて綺麗なオールバックに戻す余裕を取り戻せていた。

 

ここまで整理した状況は、まだ想定済みだった。

 

日本が弱点を突かれたこうした事態になっても立ち上がれるよう、あの東北を襲った未曾有の大災害の頃から、しっかり準備してきていた。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット