レトルトパウチ6巻
ネタバレ感想

レトルトパウチの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

処女喰いを公言する転校生の存在が、処女たちを動揺させ始める。

天我は初ナイトプールとふみかと一緒に行き、着せすしてホテルで彼女がイクお手伝いをしてしまう。

なんだかんだ仲良しの天我、幸流、ふみかは処女講習で学校に泊まることになり、幸流はまたしても転校生、真秀に捕まってしまった。

 

38話

低温ローソクを胸の谷間に落とされても、幸流が心配しているのは本物の幽霊が出やしないかということ。

 

全くその気になってくれないことに真秀はイラつき、ローソクの中に仕込んでいたバイブを幸流のパンツの中に突っ込んだ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ6巻

 

 

入り口に当たっているだけで、幸流はもうイカされそうになっていく。

 

 

その時、寸止めポリスを名乗る彩葉が乱入。

 

幸流を助けると共に、いつからか本物の幽霊が出現していることを教えてくれた。

 

 

その幽霊こそ、長年片思いしていた相手とできないまま事故で死んだ、童貞幽霊だった。

 

 

幽霊の片思いの相手は幸流と似た感じらしく、想い人とヤレずに処女のまま死ねるか?という問いに、幸流は一切躊躇せず「死ねる」と答えた。

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ6巻

 

 

しかし、幽霊が一番共感していた相手は、処女喰いを公言する真秀だった。

 

 

 

実は幽霊の想い人は真秀の姉で、姉は若くして病気でこの世を去っていた。

 

姉は一度も経験せずに処女のまま死ぬのが嫌で、常に一番近くにいた弟の真秀に頼んで半ば強引に処女を奪ってもらったのだった

 

そして真秀は、姉を女性として好きだった

 

しかし、想い人とヤレても相手は死にゆく姉で、喜びも何もなかった。

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ6巻

 

 

 

色々暴かれた真秀が幽霊を強制成仏させた直後、天我たちも踏み込んできた。

 

その時にはもう、彩葉は姿を消していた。

 

 

39話

超絶ビッチのめばえは刺激を求め、スマホで動画モードのカメラをセッティングし、ピストンマシーン前に座る。

 

実況しながら腰を下ろして穴の中にバイブ部分を挿入すると、スイッチオン。

 

ガシュガシュ動き出したそれが思いのほか気持ちよく、いい感じに喘いでいく。

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ6巻

 

 

そしてイキそうなところで終わっている動画をリカは見せられた。

 

 

ネットにあげようとしているのは取り合えず止めたが、男をひっかけて4Pするのにマンネリを感じているのはリカも同じだった。

 

 

だから今回は新たに女性を一人募集し、やって来たのがサクラという女性だった。

 

そのサクラ、めばえを超える底なしの性欲の持ち主だった。

 

男たちが果てるとめばえを標的にし、覆い被さってクチュクチユとキスで攻めながら貝合わせ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ6巻

 

 

だが、シャワーから戻ったリカに最後までは阻止されてしまうのだった。

 

 

サクラとはその一度きりだったが、リカは結局嫉妬したことは明かさず、不意打ちのキスでサクラがした分を取り返した。

 

それからはいつもの4Pに戻ったが、カメラで撮るようにしておくと、見られている気分になって少しマンネリから解放されたのだった。

 

 

40話

鶯谷を本拠地にするトップアイドルグループの更にトップ、九条凪は実は衿糸学園の生徒で、芸能活動の合間を見てついに登校してきた。

 

 

1年の彼女が最初にした挨拶は「あんまり話しかけないで下さい」という、テレビで観るのとは違うとんでもない塩対応だった。

 

 

 

屋上に集まった処女&童貞。

 

ふみかはすぐに感じ悪いだのヤリマンだの凪の文句を垂れまくり、先に給水タンク辺りに一人でいた凪に全て聞かれ、彼氏なんていたことのない真のプロだと言い返された。

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ6巻

 

 

つまり、凪はこの学園において劣等生の処女だった。

 

 

人目を忍んでカラオケに移動し、衿糸学園の校風を知らないらしい凪に説明してあげると、当然ショックを受けるが、心底アイドルでいたいしアイドルに誇りを持っている凪は、恋愛は禁忌だと譲らない。

 

しかし、仲間認定した天我が嬉しくて手を握ると、凪は真っ赤になって泣きそうになり、倒れてしまった。

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ6巻

 

 

プレイベート時は男性恐怖症の症状を抑えられなくなるようで、天我とは一定の距離を取らなければならならず、話しかけないでと言った意味が理解できた。

 

 

それでも空気を読まない天我が鶯谷69の曲を入れると、凪は嫌がりもせず歌い始めてくれた。

 

青春をかけてアイドルをしている処女四天王最後の一人の歌声に、幸流は涙するのだった。

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ6巻