インフェクション
110話111話ネタバレ感想

インフェクションの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

蛍を手玉に取るように、国会議事堂と議員会館が爆破され、国会議員たちの生存が絶望的になった。

残されたのは、野心がない金平のみ。

しかし蛍はそんな金平の奥底に沈む真意を掬い上げ、総理大臣足る気概を持たせたのだった。

 

110話

金平のスピーチは良い方向に影響を与えたようだった。

 

最初彼がカメラの前に出て来た時は相変わらず人望のない議員でしかなかったが、熱を持った言葉の数々でデモの人々も励ましの言葉をかけた。

 

ニュースキャスターはあくまで彼の行動を客観的に見て、意見を言うが、個人的にも支持したいとのコメントで締めた。

 

 

 

箍が外れてチャラ男になった晴輝は、日本が追い詰められているとも知らずに紗月を抱きしめ続けていた。

 

その時、電話がかかってきたので身体を離し、紗月は出たほうがいいと促すが、彼はまるでキュンとしないクサイ台詞を恥ずかしげもなく放った。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

そうこうしているうち、着信は切れてしまった。

 

しかしそれは相手が切ったからではなく、急に圏外になったからだった。

 

 

 

紗月はややこしくならないようにと思って彼の部屋のシャワーを貸して欲しいと頼み、当然彼は誘っているのだと思って快諾した。

 

ホテルに帰る道すがらも紗月にそのつもりなのを確かめようとするが、今のクズチャラ男の彼に貞操を捧げるつもりのなかった彼女は完全否定する。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

惚れた腫れたの告白までした男の部屋に行くのだから、それは通じないと笑顔を振りまく彼。

 

しかし紗月は、きららに余計なことを思われたくないだけだと何度も説明。

 

クズもクズで、女の子大好きエッチ大好きを隠さなくなった彼は、じゃあ胸のサイズを確認させてもらうと言い出し、いい加減紗月はキレた。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

クズになったことを心底楽しんでいるように見える彼。

 

香里の名前を出されても陽気さを保ち、何が何でも紗月をその気にさせようとただ幸せにしたいだけなのだとひまわりのような笑顔を見せてくる。

 

それにはなんだかんだ言いながら、紗月は心が揺れた

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

それでもなびくことはしなかったが、彼はまだグッとくるだろう台詞を考えていた。

 

それはこのやり取りが、まだ紗月の父が生きていた頃の強気な彼女としているようだと伝え、本当に幸せだった頃を思い出させようとした。

 

紗月はそれもポーカーフェイスで受け流し、キスもしてあげないし、元のまともな人間に戻らないと好きになることはないと言い返した。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

紗月はバスルームに入り、そして彼はテレビをつけてニュース速報を観た。

 

 

 

紗月は強気に言い返し続けていたが、急に彼が三股上等のチャラ男になったことや、勢いでキスまでしてしまったことに混乱していた。

 

 

三股なんて絶対あり得ないとは思えていた。

 

妹扱いしていたくせに、いきなり女扱いしてきたのも納得できなかった。

 

しかし、あのいやらしい目線にはゾクゾクしていた

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

自分の中に目覚める抱かれたいという気持ちは否定できないが、抱かれるのは以前の彼に戻してからだと気合を入れ直す。

 

エロい目で見られるのはそれはそれで恋愛対象になったのだからOKで、後はクズチャラ男を治せば万事解決。

 

また自己暗示をかけて臨戦態勢を取り戻した。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

その直後、彼に呼ばれてドアを叩かれ変な声が出た。

 

緊急事態だと理解した彼は消防服を着込み、これから会議に向かうところだった。

 

紗月には風呂から上がり次第さっさと部屋に帰るよう言い置いてから、チャラ男モードでなく怖いほど真剣な顔つきで口説きの一言をかけ、蓮華と共に慌ただしく出て行った。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット