インフェクション
112話113話ネタバレ感想

インフェクションの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

晴輝が提案した秋保脱出は、あながち無謀な作戦ではなくなってきた。

犯人側の攻撃を受けたと思われ今、ネットも電話も使えなくなり、行方不明者まで発生。

パトロールしていた彼らは新たな保菌者と対峙するのだった。

 

112話

境界線の調査役に抜擢された山田は、車で進めるところまで進んでいる中、無線がどこまで届くのかもチェックしていた。

 

温泉街の範囲程度しか電波が届かないことが分かり、やはり晴輝の提案通りに秋保を脱出するのが賢明に思われた。

 

アーチェリー選手の自分が偶然帰省していたときに保菌者騒動に巻き込まれ、家族を失い代わりに老人たちを助けることになった皮肉な運命を自虐的に振り返りながら、自衛隊に見つからないギリギリのところで車を降りた。

 

しかも自分をおじさん呼ばわりしてくる、つい先日までビッチキャラを作っていた癖の強い女子大生二人とチームを組まされ、相変わらずのノリに軽くストレスを感じていた。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

イケメンや年下男子がいたからこそキャパを超えたキャラ作りをしていたとあっけらかんと話す二人だったが、任務はしっかりと理解しているようだった。

 

 

歴女の明石が秋保に残る古道が通行可能かどうか確かめ、土木女の関と山田で自衛隊を偵察し、必要な工作をするというものだ。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

概ねそれで合っているが、晴輝がわざわざ明言しなかった暗黙でやる必要がある行動が他にもあった。

 

 

この先監視カメラの監視地帯に入り、更に先に検問が設置されている。

 

山の中にある警備装置は古道で回避可能なはずで、検問を越えた先に設置されている地雷原や重火器地帯も、晴輝の予想では自衛隊突入用に今は通れるようになっているはずだった。

 

そこで明石には、少し危険な役割を担ってもらうことになり、銃を構える検問の前に姿を晒さなければならなくなった

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

 

予想だにしていなかった役割を与えられ、恐怖のままに泣き始める明石。

 

監視隊員は止まるよう警告し、外にも出られず、警告を無視すれば最悪射殺すると宣言する。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

しかし明石は足を止めるわけにはいかず、泣いていた。

 

 

おそらく、いきなり身体に当ててくることはないだろうと山田は言ったが、あくまでそれは希望的観測に過ぎない

 

明石はとにかく隊員の良心にかけて足を止めず、だが怖いのは変わらず泣きじゃくっていた

 

その間に、山田は回りこんで自衛隊キャンプの様子を覗き見た。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

その直後、銃声が山間に響き渡った

 

 

銃弾は明石の目の前を通り過ぎ、地面に落ちた。

 

自分がすべき役割をこなした明石は一目散に逃げ出した。

 

 

最悪、殺されるか大怪我をしかねなかった囮までさせたのには、相応の理由があった。

 

避難民1万人を安全確実に逃がすには、ここの自衛隊の様子を把握しておく必要があったからだ。

 

なぜなら、自衛隊を全員殺すつもりだったからだ。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット