洒落にならないエロい話/オナ禁30日目に出会った女幽霊
ネタバレ感想

洒落にならないエロい話/オナ禁30日目に出会った女幽霊の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

この世ならざるものを見たことがあるだろうか?

信じていてもそうでなくても、それらが恐ろしいに違いないと思っていないだろうか?

もし自分の前に現れた幽霊があまりに色っぽく、子供を欲しがったらあなたはどうする?

 

 

洒落にならないエロい話/オナ禁30日目に出会った女幽霊

梅雨と夏の境目の頃、彼は大好きなアイドルがAV堕ちするという情報を手に入れ、悲しさを乗り越えて作品発売の30日前からオナニーを禁止し、その日に備えた。

 

 

いざ当日の深夜0時、再生しようとしたその時、文字化けしたメッセージがスマホの画面を埋め尽くし始めた。

 

しかしもう股間は準備万端、嫌な感じがするもののテレビ画面に集中していると、ひたひたと何かの気配が近づいてきて、ベランダのガラス窓に手形がついた直後、しっかりくびれていて胸と下半身だけ豊満な女幽霊が現れた。

 

 

彼は股間をバキバキに勃起させたまま、女幽霊と見詰め合った。

そして気づけば、彼は女幽霊にイマラチオさせていた

 

童貞の彼は、どうせなら腹上死してやると開き直り、平均よりかなり大きいだろうあそこを遠慮なく喉の奥に突っ込んだ。

 

程よい温かさとぬめりとした感触に包まれ、彼はすぐに初口内射精で30日ぶりに気持ち良くなった。

 

 

なぜかお互い、少し離れてベッドに腰を下ろした。

 

彼は呪い殺されるか取り憑かれるのか、とにかく死を覚悟したが、女幽霊はただ座っているだけ。

 

結局彼の方からにじり寄り、爆乳に自ら挟んで最高のパイズリを初体験した。

 

相当でかいはずのフル勃起がほぼ全部埋まるほどの大きさは死ねる気持ちよさで、彼はすぐに女幽霊のお腹にぶっかけてしまった。

 

 

出してすぐにお掃除フェラしてもらうと、なぜか女幽霊はスーッと消えていった。

 

 

数日後の同じくらいの深夜、またベランダから現れた女幽霊は、心なしか少し色づいた生気が感じられて色っぽく見えた。

 

やはり長い黒髪のせいで顔ははっきり見えなかったが、ボディラインがくっきり出ていたワンピースを脱がしてもされるがままで、彼は力を入れるだけ沈んでいく、しっとりと濡れた胸の柔らかさを堪能した。

 

 

上部にだけふんわり茂っているまん毛も、生のマン○からも生きている人のようでも臭いはせず、だが愛液は病み付きになる美味しさだった。

 

後ろ向きになると、お尻もぷりっとしていて言う事なしだった。

 

今挿入したら一瞬でイってしまう気がした彼は、棒状のライトを突っ込みぐちゅぐちゅかき回すと、女幽霊は動きに合わせてついによがり始めた

 

 

彼は我慢汁がぽたぽたと垂れるものを、バックのまま慎重に挿し入れた。

 

女幽霊で童貞を卒業した彼は、自分のあそこが膣肉を掻き分けていく感触が分かると同時に、ワンピストンでもすればそれで射精してしまうと直感した。

 

 

挿入したまま女幽霊がくるりと回って対面座位になり、舌を絡め合う濃厚なキスをしながら、彼女の腰が絶妙にくねくねと動いていく

 

 

当然耐えられるわけもなかった彼は、そのまま中出ししてしまった。

 

 

幽霊が妊娠するわけないと思いながらも急いで抜こうとするが、女幽霊は大しゅきホールドで彼の腰を絡め取ってきた。

 

女幽霊は言葉さえ発さなかったが、中出しした後にギュッと抱きしめられると、彼は可愛いと思わずにはいられなかった。

 

 

それからも女幽霊は三日に一度のペースで現れ、彼は髪型を変えさせてみたりスク水を着せたりして、恋人のように愛を囁きながら何度も中出しした

 

 

 

やがて女幽霊は妊娠した

 

生きた女性を愛するのと変わらず、女幽霊に愛情を感じていた彼は、大きなお腹をした女幽霊も今まで通り愛し、母乳の味も吸い出して味わった。

 

そして・・・

 

 

感想

洒落にならないエロい話/オナ禁30日目に出会った女幽霊でした。

一風変わった描き方で、前半はモノクロでホラーな雰囲気が強いんですが、後半はカラーになり、女幽霊の肉感的で扇情的な体つきの色っぽさが増しています。

初めて胸を触った時に指が沈む感じや、もう生まれそうなほど大きなお腹で現れた時のマタニティスタイルがかなりそそりました。

洒落にならないエロい話/オナ禁30日目に出会った女幽霊を読むならこちら
洒落にならないエロい話/オナ禁30日目に出会った女幽霊