終末のハーレム修正前51話
ネタバレ感想

終末のハーレム修正前の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

美来とのキスを邪魔したポープにアメリカに行かされそうになるが、麗亜に助けられて脱出に成功した怜人一行。

一方カレンと翔太はクロエに会い、自分たちの思惑を話していた。

どこまで心の中を明かしたのか分からないが、カレンは日本支部の長官のポストを要求したのだった。

 

51話

麗亜の協力で無事危機を脱した怜人一行。

 

そのまま車を奪って乗り込み向かった先は、食料を配ったこともある難民が暮らす地域だった。

 

朝も早い時間、住民がまだ眠りから目覚めていない頃に着き、ある建物の前で車が停まった。

 

 

麗亜に案内されるまま中に入り、薄暗い廊下を進んでいく。

 

そしてドアが開けられた部屋の中にいたのは、火野に狙いをつけられて以来、貞操の危機を感じていたまひるに、仲の良いおばちゃん難民二人と麗亜の性奴隷だった。

 

 

彼が拘束されるとなれば妹のまひるが捕らえられるのも必然。

 

しかし、麗亜のナイスプレーでここまで連れて来られたまひるは兄との再会に満面の笑みを零す。

 

怜人は無事に妹を連れて来てくれた面々に、心からのお礼を伝えたのだった。

 

 

気の良いカチューシャおばさんは麗亜から久しぶりに連絡がきて驚いたのだが、まひるを連れ出すための協力なら、進んで一肌脱ごうというところだった。

 

元々難民と接する機会の多い仕事をしていた麗亜だからこそできる、協力要請だった。

 

 

ただ、UWの職員だからという理由だけで信頼関係が築けるわけもなく、麗亜が難民を気にかけて何かと骨を折った実績があったからできたことだった。

 

麗亜個人が信頼されていると分かった彼はニヤニヤし、照れる彼女を見てもっとニヤニヤした。

 

 

本当にやって来た怜人を見たカチューシャおばさんは本当にまひるの兄だったことが証明されたことに驚き、まひるはだまくらかしていたことを謝罪。

 

しかし、さっぱりした気持ちの良いおばさんは人類の宝の妹になったまひるの立場を理解してくれた。

 

連れ合いを亡くして塞ぎ込んでいた呑んだくれおばさんはさっそく若い男に擦り寄り、女にはないゴツゴツさを堪能し始め、カチューシャと諍い始める。

 

 

醜い争いを始めた初老の女性二人は、どちらの老い先が短いかで声を荒げ、孫でもおかしくない年のまひるに大人のなんたるかを見せつけた。

 

 

女性だけになっても性欲を持て余していない性奴隷は麗亜に今後の予定を訊ね、麗亜は質問に答えるために質問を返し、性奴隷はちゃんと指示に応えたことを報告。

 

そして麗亜のお褒めの言葉をゲットした。

 

 

準備が整ったことを確認した麗亜は声を出して注目を集め、日暮れまで待機することを伝えた。

 

その後の予定が気になった彼の問いにはあえて答えずお楽しみにさせ、休息を取るよう言い渡す。

 

彼は色々と手筈を整えてくれた麗亜に感謝するが、当然、彼女が頑張れる理由は第一に美来の笑顔を守りたいからだった。

 

 

 

その頃体だけ大人になった翔太は、何日かぶりのメイティングに臨もうとしていた。

 

体だけじゃなく、精神的にも皮が剥けていた翔太は景気づけのメイティングだからと、性欲を持て余しているだろうガールズ3人をベッドに招待していた。

 

 

まず心の傷を見せ合った柊が、キャンディを彼に舐めさせる。

 

もちろん無意味に舐めさせたのでなく、一緒にぺろぺろくちゅくちゅ舐めるためだ。

 

舌の上でコロコロ転がしながら舌も絡め合っていると、すぐに我慢できなくなった一条が催促してきた。

 

 

ただここでキャンディキスをするのは彼と一条ではなく、柊と一条だった。

 

3P4Pが当たり前になっていた彼女たちは女の子同士でキスするのも抵抗感なく、盛り上がりのままに唇を重ね、キャンディを受け渡す。

 

露出度はそれなりでも大人っぽいセクシーランジェリーを身につけた一条は、3人分の唾液でコーティングされたキャンディを最初の彼に受け取ってもらおうとする。

 

 

どうぞと言いながら物欲しそうに頬を染める一条に彼の興奮度も上がり、ピンと立つ乳首同士と舌がくっつくのを感じながらキャンディの甘さをまた味わい、生温かくザラッとしたベロチューを貪る。

 

 

思いのほか長くて濃厚なキスの順番を待ち焦がれる東堂。

自分より長いことに黙っていられなくなった柊。

淫乱お嬢様はまた蟲惑的に微笑む。

 

 

待ち切れなくなった東堂はついに自分からおねだりに行った。

 

東堂にはどこかS心が刺激される彼はいやらしくニヤつき、キャンディを乗っけた舌を差し出して待ちの体勢を取った。

 

見ているだけで乳首が硬くなっていた東堂は透け透けのネグリジェを突き上げながら、彼の舌を食べる勢いで咥え込んだ

 

 

一番待たされた東堂の激しさは勢いを増し、いやらしい音を立てまくってむしゃぶりつきまくる。

 

体つき以外は大人しい東堂の激しさを目の当たりにした一条は肉食系な一面に驚くが、キャンディの舐め合いにまどろっこしくなった彼がついに東堂を押し倒した。

 

 

見た目も雰囲気も大人っぽくなっていた彼は、それに見合った余裕も手に入れていた。

 

本来の彼の年齢の見た目にそぐう振る舞いにまた新しい魅力を感じた3人は、言葉だけで濡れた

 

 

 

3人がぐったりするほどハッスルした時間を過ごしてもまだ余裕を残していた彼は一人ベッドから離れ、また余裕たっぷりの一言をかけてからシャツを羽織り退室。

 

 

部屋の外でカレンが待機しているのも想定済みで、もう恥ずかしがることもなくめちゃくちゃ気持ちいいメイティングだったと感想を報告した。

 

カレンはからかい甲斐のない反応にすぐ言葉が出てこなかったが、彼が立派なヤリチンになったのは喜ばしい成長だと思えた。

 

 

ただ、相変わらずクロエからの返事は保留状態。

 

それはそれとして、怜人の脱走はもう多くの者が知る事実になっていた。

 

 

翔太は怜人の行動の真意を測りかねるが、UWにとっての緊急事態がどれだけ自分に影響を及ぼすのか気になるところ。

 

とにかく今は、ガールズの身も心も支配しておく必要があった。

 

 

 

まひると合流して逃亡の手筈を整えている場所に移動していた怜人一行。

 

そこは人気のない埠頭で、なかなかに大きな船がスタンバイしていた。

 

 

ただ、脱走に尽力してくれた麗亜と美来がついて行けるのはここまでだった。

 

後は協力者にバトンタッチし、国外まで波に揺られて脱出する手筈になっていた。

 

怜人は改めてお礼を伝え、完全に信用できると分かった麗亜に長兄のことも頼んだ。

 

 

そして気を利かせた朱音と翠が先に船に乗り込み、美来との別れを演出。

 

 

美来を我が物にしたいと考えている麗亜はここだけは譲らず横のポジションから動かなかったが、彼はどもりながらも麗亜と同じように平凡なお礼の言葉でお別れにしようとした。

 

しかし、今にも泣き出しそうな美来の伏せた目を見てしまった彼は、ここが勇気を出す時だと思った。

 

 

いきなり抱きしめると、美来は驚き小さな悲鳴を上げる。

 

手を腰に回し返しはしなかったが、彼がしてくれた約束を希望に変えて強く生きていけそうだった。

 

 

 

彼も船に乗り込むと、テレビと観たのと同じ格好をした怪しげな人物と朱音たちが話し込んでいた。

 

予想通り、その人物はイザナミの人間だった。

 

 

これから向かうのは台湾

 

彼らを案内してくれるのは、スパイ活動中に翔太のメイティングを何とか拒否して乗り切ったショートカット美少女だった。

 

 

感想

終末のハーレム修正前51話でした。

トントン拍子に脱走が成功しましたが、向かうのは日本海側のどこかじゃないんですね。

もしかしたら、フェイクの情報なのかも。

翔太も何発か抜いてスッキリしてから、何か事を起こそうとしてるみたいですね。

終末のハーレムを読むならこちら