サタノファニ
68話69話70話ネタバレ感想

サタノファニの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

カレンが裏切り者と思われたが、真相はメデューサについて知らない刑務官の丸太がカレン以外の情報を漏らしただけだった。

洋子は幹部の谷に求婚され、刑務所からも出してやると言われて心が揺れ動いたが、助けに来たカレンとカチュアの加勢を受け、谷に牙を剥いたのだった。

 

68話

ヤクザの幹部一人と殺人鬼を宿したメデューサ3人が対峙した。

 

 

アルバート・フィッシュを宿したカレン。

アンドレイ・チカチーロを宿したカチュア。

そして黒木洋子の3人VS中国拳法の使い手、谷祐二。

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2018年45号

 

 

殺人鬼3人を相手にしても全く怯まない谷は、元々一人で組長のボディガードをこなすほど、相当な実力の持ち主だった。

 

 

カチュアはカラクリの分からない強さを秘めている谷に用心し、服の下からナイフを取り出す。

 

死に損ないの組員がイキってくるのですぐに止めを刺したが、確かに不意打ちをものともしなかった谷の強さは、真っ向勝負に自信のないカチュアには分が悪いと見るしかない。

 

カレンを見てみると、余裕の笑みを浮かべている。

 

カレンは笑みを浮かべたまま、傍のテーブルの淵を掴んだ。

 

一流アスリートのように意図的に火事場の馬鹿力を解放できるカレンは体格からは考えられない怪力でテーブルを掴み上げた。

 

稀代のマゾであるアルバート・フィッシュを宿したカレンは、筋繊維がちぎれる痛みを快感に変え、まるでフリスビーを投げるようにテーブルを投げ飛ばした。

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2018年45号

 

 

谷はあえてテーブルを迎え撃ち、気合を入れて叩き落とした。

 

そしてカレンはテーブルに気を取られた一瞬の隙に距離を詰め、手首を掴んだ。

 

カレンが乱交しながらヤクザ共をあっさり殺せたのは、単純な怪力でくびり殺しただけだった。

 

だから今回も谷の腕を握り潰そうとした。

だが谷は腕を完全に掴まれる前に強引に引き抜き、肩から袖を引きちぎって回避し、カレンが驚いているうちに肘打ちを鳩尾に叩き込んだ。

 

 

怪力でドMでも打たれ強いわけではないカレンは一瞬呼吸が止まり、あっさり膝をつかされてしまう。

 

近接戦闘において、谷の方が一枚も二枚も上手のようだった。

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2018年45号

 

 

 

カレンが一撃で倒されたのを見たカチュアは、殺す必要のない谷を相手にしないで逃げようと言うが、洋子は静かに殺意を漲らせていた。

 

刑務所から出してやると言ってくれた谷の優しさは本物だろうが、だからこそ洋子は殺さなければならないと思った。

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2018年45号

 

 

谷は3人の殺人鬼の中で、洋子だけ異質だと見抜いていた。

 

怪力に任せて単純に攻撃してくるカレン。

不意打ちを得意としているだけで戦闘力は高くないカチュア。

 

二人に比べて、洋子の身のこなしは明らかに訓練された者のそれで、組員を身軽な動きで仕留めたことや、銃を瞬時に解体したことからも明らかだった。

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2018年45号

 

 

 

モニターしていた女医の部下も、谷の圧倒的強さを見て心配になっていた。

 

洋子の戦闘シーンを見たのは千歌と男の囚人の二回だが、二回とも圧倒されていたはず。

 

とても谷に勝てるほど強いとは思えなかった。

 

 

すると女医は、洋子は元々職業として殺し屋をやっており、日本ではないとある国で見つけた人材だと明かした。

 

 

当時の女医は羽黒刑務所でメデューサの研究を続けていたが、実際にメデューサ症候群の囚人がいるわけでもなく研究が行き詰っていたので、殺人鬼に近い人材でより良い成果を出そうと考え、五菱に人殺しを厭わない人間を集めてもらった。

 

その中にいたのが、識別するために「」と呼ばれていた名も無き頃の洋子だった。

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2018年45号

 

 

まるで映画のような話だが、その組織は買い集めた子供たちに人殺しの訓練を施していった。

 

そんな子供たちを使って女医は例のシステムを使って殺人鬼モデルを宿そうとしたが、殺人で精神が壊れていた子供たちとうまく融合することはなく、失敗に終わるかと思われた。

 

 

その中でたった一人成功したのが、黒だった。

 

殺人マシーンの一人だった黒としか呼ばれていない年端も行かない少女だけが、適正を示したのだ

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2018年45号

 

 

そこで女医は黒を買い取って黒木洋子と名付け、薬を投与しながら日本の高校に通わせ始めた。

 

やがてメデューサとして覚醒した洋子は、友人だけ殺して宿された殺人鬼の本領を発揮した。

 

ただし死体処理を完璧に遂行した洋子の犯罪は明るみにならず、行方不明として殺された人間は処理されている。

 

だから女医は書類上無期懲役として羽黒に収監し、経過を観察し続けていたのだ。

 

 

友人だけ殺すようになった洋子が宿した殺人鬼モデルは、ジェネシー川の殺人鬼、アーサー・ショウクロスだった。

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2018年45号

 

 

アーサーはベトナム戦争に従軍した際、二人のベトナム人少女を捕らえて拘束し、一人の首を切り落として内臓を食う様子をもう一人に見せつけ、怖がる様子を楽しんだという。

 

帰国後にも殺人を犯し、服役して出所後にまた殺人を犯して死姦するなど、おぞましい変態性を発揮していった。

 

 

そんな殺人鬼を宿した洋子は割った酒瓶を使い、谷を仕留めようとした。

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2018年45号