インフェクション
116話117話ネタバレ感想

インフェクションの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

ながみんが生きられる希望を繋いだ晴輝は水面下で進めていた計画を着々と進行させながら、ハーレムに欠かせないらぎ姉に改めて告白しに行った。

しかし、一度振られたらぎ姉はとてつもなく怒っていた・・・

 

116話

清々しい土下座で復縁を迫った晴輝。

 

今時の男子高校生にあるまじきしつこさは、好きな女の子と全員付き合いたい、嫌われたくない、関係を持ち続けたいというゲスな信念がさせる所業だった。

 

そんな彼を冷たい目線で見下ろすらぎ姉の声音は、いつにも増して低かった。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

その声だけで彼は相当怒っていることを察せられたが、今出来ることはひたすら頭を下げるだけ。

 

 

らぎ姉は一度振ったにも関わらず、交際を申し込んできた神経が理解できなかった。

 

いや、失ってから大切さに気づいたとかならまだしも、ハーレム要員の一人として接触してきたのだから、価値の無い土下座や陳腐な言葉で交渉してくるなど、愚の骨頂と言う他なかった。

 

 

らぎ姉の怒声を聞きながら、彼は蓮華と話したほんの少し前の光景をありありと思い出した。

 

正直に二股を止めて一度振ったらぎ姉にまた交際を申し込みに行くのだと明かし、蓮華にらぎ姉の居場所を訊いた彼。

瞬時に彼の言っていることが理解できなかった蓮華は言葉に詰まるも、らぎ姉が理想的な支配者として覚醒し、パーフェクトなお嬢様になっていることを教えてあげた。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

蓮華としてはこのまま独身を貫きそうならぎ姉のままでいてくれても構わないと思っていた。

明後日の隔離地域脱出作戦にかかる彼女の重要性を思えば、ここで彼にはなんやかんやと心乱すことは避けて欲しかった。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

彼は蓮華の心配に、そう言えば、蓮華は日常においての恋愛を経験しているんだと思い、非日常において目覚めた自分たちの恋愛がどういうものか話した。

 

らぎ姉が彼に想いを打ち明けたのは蓮華が死んだと思われた日であり、つまり自分たちの恋愛は明日死ぬとも知れない身で想いをぶつけ合う、生きる糧にする恋愛なんだと説明した。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

あまりにも動物的で究極の吊り橋効果が作用したような恋愛観に衝撃を受けた蓮華は、風呂場での脅迫写真と引き換えにらぎ姉の居場所を教えてあげることにした。

 

 

 

そんないきさつでらぎ姉に立ち向かった彼だったが、今は畳みに額をこすり付けて怒りを増幅させないようにするのでいっぱいいっぱいだった。

 

ひとまず今日は出直すと答え、それでも、今までずっと甘く接して来てくれたらぎ姉に、これからは対等以上に頼られる存在になる必要があると分かったと見解を示し、常に成長しているアピールをする。

 

ただ、再チャレンジが明日だと答えると、鼻で笑われてしまう

 

なぜなら秋保脱出は明後日であり、明日を選ぶということは脱出できる自信がないと言っているようなものだったからだ。

 

彼が頭を下げたまま否定すると、らぎ姉は顔を上げて帰れと怒鳴りつける。

 

彼は絶対明日落としてやると誓いながら、仕方なく顔を上げて目を開いたのだが、なぜか暗闇に包まれたままだった

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

いや、完全な暗闇ではなく、目が慣れてくると薄っすら周りの様子が分かってきた。

 

彼の顔面はらぎ姉のスカートの中に包まれ、見ていたのは黒タイツに包まれた黒いショーツだった。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

スカートが徐々にずれていくと、しっかりと明かりが差し込んでくる。

 

見上げると、腰に手を当てて仁王立ちしたらぎ姉が一切恥ずかしがらずに冷たい目のまま見下ろしていた。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

ずっと表情を変えないままのらぎ姉はスッとしゃがんで彼に跨り、今にも唇が触れそうな距離まで顔を近づけた

 

眉間に皺を寄せ、謝罪を要求しているようだが、キスをしてきそうな勢いに彼は咄嗟にごめんの一言も出てこない。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット