「無邪気の楽園」ネタバレ57話。オカルトの楽園は9巻収録。無料漫画絵付き

無邪気の楽園ネタバレ感想57話

小学生の時に、一度はやってみるランキング第1位のこっくりさん。どこ調べかは分からないが、無邪気な女子たちもその例に漏れず、何やら恋愛方面の質問を重ねていくと・・・

 

 

オカルトの楽園

パックリさんという名のこっくりさんをやろうと集まった女子4人。リオは人数合わせでしかなく、バカにしつつ付き合いの良さを発揮する。

珍妙な召喚呪文を唱えるても、すぐには出てこない。今度は声に出してバカにするリオだが、直後にすっとコインが動いた。マジかよとはしゃぎ出す女子たち。鈴音はドヤ顔で独自の理論を披露していく。

 

テンションが上がったエロ小説愛好家のミチコが、自身の未来を占ってもらう。エロ小説を好むのは男性との関係を日々夢想しているからだ。7年後に彼氏が出来ると言う無難な答えに、喜びも残念がりもしないリアクションを取る。

 

お次は鈴音だ。既に結婚相手と出会っていますか?と乙女チックな質問をするも、コインはピクリとも動かない。これはノーではないかとざわざわし始めた時、見えない力がイエスにコインを動かした。

 

[ad#co-2]

 

次なるはサヨだ。将来、省太との赤ちゃんを身篭りますかと直球の質問をする。聞き捨てならない鈴音は、力づくでノーに動かすが、それをイエスに押し戻そうとするサヨ。醜く可愛い争いに呆れ返るリオ。

 

次はリオだよ、さあどうぞと促されるが、恋なんて興味ないわと一般的な女子小学生らしく拒否するが、そんなことはサヨが許さない。ならば、リオを好きな男子はいますか?と勝手に質問すると、予想外にもイエスにコインが動く。意外な結果に思わず喜びが急浮上するリオ。
続けて鈴音がその男子の名を訊こうとするものだから、リオはびっくりして手を離してしまった。

 

途中で手を離す行為はパックリさんではタブーだった。どうせ迷信だろうと強がっていても、体はガクブル震えていた。ミチコが祟りを受けた人の話をするが、どこにでもありそうな不摂生な女の話に過ぎなかった。

 

やべーやべーと騒ぎ出す女子小学生たち。こうなったらパックリさんに直接解決策を訊くしかないと思い至り、再び指をコインの上に乗せていく。すると「5ぬけ」の文字を指し示した。多分、衣服を5枚脱げだろうと解釈し、命からがら未発達な体をさらけ出していく。

 

だがしかし、リオは4枚しか服を着ていなかった。これまたやべーやべーと焦る無邪気女子。

 

一枚ないけどどうしましょ?と訊くと、コインは「いぬ」と指し示した。これは犬真似をしろに違いないと結論が出る。あまりの屈辱に拒否するリオだが、なら私がやる私がやるとダチョウ倶楽部の流れになりかけ、皆に迷惑はかけられないとリオは覚悟を決めた。ミチコと鈴音が犬セットを用意してくれ、それを身に付けるリオ。いざ、新たなる世界へ。

 

机に上がり、まさに犬の真似をした瞬間、不意に教室の扉が開く。そこにいたのは省太だった。人生一番の屈辱を同級生男子に目撃されたリオ。彼女が新しい趣味に走らないことだけを切に祈る。

 

 

感想

無邪気の楽園57話でした。

ミチコのたゆまない成長にただただ感服してしまいます。鈴音とサヨの無邪気な争いも微笑ましく見させていただきました。ありがとうございます。

 

 

[ad#co-3]