ガイシューイッショク2巻
16話17話ネタバレ感想

ガイシューイッショクの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

エロ漫画家・境みちるの怒りを買った小森は彼女と同居生活を始めることになったのだが、家事を全くしない性格に難ありの態度を改善させるべく、喘ぐか勃起するかの勝負を仕掛けるようになる。

目下連敗中だったが、ローターを使った際に盛り上がってキスをし、そのまま一線を越えようとした。

しかし、男の勃起を見て様子がおかしくなったみちるは豹変し、力任せの足コキで射精させてしまい、ぶっかけられるのだった。

 

16話

勢いに任せて一線を越えようとした小森があえなく足コキで射精させられ、それをみちるが顔面含めてぶっかけられた一夜から後日。

 

 

彼は仕事に出かける前に、みちるの部屋の戸に明らかに蹴って開けたような穴があるのを見つけ、当然イラだった。

 

しかしみちるは、指摘されてもふてぶてしくだんまりを決め込んでいた。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年21号

 

 

ついに物を破壊するところまで暴挙に及んだみちる。

 

彼は言いたいことは口に出して言えと諭すが、みちるは口を歪めてお前は関係ないと言い返す。

 

本当かどうか判然としないが、ぶっかけられた腹いせではないという。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年21号

 

 

だとしたら、彼としては他に賃貸物件を蹴破られる理由に心当たりなんかない。

 

だから、分かっているのかいないのか、賃貸物件は借りている人間の所有物になるのではないと改めて教えてみた。

 

それでもみちるはまるで反省せず、逆切れし、彼をミイデラゴミムシ扱いして話し合いを放棄したのだった。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年21号

 

 

 

彼は全く訳が分からないまま出勤せねばならず、電車の中でさっそくゴミムシについて調べてみた。

 

すると、それは尻穴から高温のガスを噴出するとんでもなくもどこか滑稽な虫だった。

 

こんな屁コキムシ扱いされて普通は怒るところだが、彼は自然と笑みが零れた

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年21号

 

 

なぜなら、勝負の流れからの勢いとは言え、もう少しで挿入できるところまでいったことが、みちるを攻略しかけている自信に繋がっていたからだ。

 

 

もしあのまま挿入し、男女の関係になっていたら…

 

そうなったら恋人同士という付き合いが始まって、必然的に今の生活が同棲という雰囲気に変わっていくかも知れない。

しかしそれなら、家事の分担や好意を抱いているのかをはっきりさせねばならないと考えた。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年21号

 

 

人をゴミムシ呼ばわりするみちるの口から「好き」なんて発せられるのは想像できないが、彼の恋愛観では気持ちを言葉にすることがとても重要だった。

 

 

そんなことを考えながら一日の仕事を終えて帰宅すると、部屋の前に花束を持った見知らぬ男がおり、なぜか小森の名前を知っているようだ。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年21号

 

 

眼鏡のシュッとしたその男は、サカミチルイ先生の担当編集の石井だと名乗った。

 

どうやら、みちるのペンネームでこの部屋の住所はみちるが小森方として勝手に使っていたらしい。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年21号

 

 

その担当編集がなぜ花束を持って訪ねてきたかというと、作品の打ち合わせで言い争い、石井が折れて謝罪に来たようだ。

 

小森は戸が蹴破られた理由を察し、石井の苦労にも共感した。

 

 

不審人物ではないと分かったので彼は石井を部屋に上げ、みちるは朝からご機嫌斜めなので部屋から出て来ないだろうと教えてあげた。

 

すると、話し声を聞いたみちるは変わらず機嫌が悪そうだったが顔を出しつつ、石井にも喧嘩腰で話しかけた。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年21号

 

 

石井はあくまで冷静に全ボツはやり過ぎたことを謝りつつ、みちるが社会人としていただけないスネ方をしたのも注意した。

 

そして花束を渡されたみちるはしおらしく受け取り、ちょろく頬を染めた

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年21号

 

 

ツンデレ100%を発揮するように、みちるは既に直したネームを見せる。

 

このまま打ち合わせする流れになると、彼はあまりに自分と争った後との態度の違いに理不尽さを感じ、モヤモヤしているうちに花束も押し付けられ、二人が部屋にしけこむのを黙って見送るしかなかった

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2018年21号