ダーリンインザフランキス
32話33話ネタバレ感想

ダーリンインザフランキスの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

束の間の休息の間に、心境の変化があったコドモたち。

ココロがオトナたちの教えに疑問を抱き始めていた頃、グランクレバスに侵攻することが決まり、ナインズが戦線で暴れていた。

そして、都市の移動を阻むように新たな叫竜が現れたのだった。

 

32話

激しい雷雨が降っていた。

 

叫竜の存在を確認したハチはコドモたちに出撃命令を下し、その旨をAPE本部に報告していた。

 

 

ゼロツーに用意された新しいスーツは今までの赤色ではなく、13部隊に正式に入ったのを証明するようなで、ヒロがすぐさま指摘した。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

でもゼロツーは、血のような赤い方が好きだったと言い放つ。

 

ヒロはびっくりしながらも、白も似合っているしイチゴたちとお揃いで仲間になった感じがしていいと褒めた。

 

するとゼロツーは苦笑いしながら、弱いイチゴたちと仲間になんてされたくないと吐き捨てた

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

それが本気なのか照れ隠しなのか。

 

既に着替え終わっていたイチゴにも聞かれていたが、本人は大して怒らずに、13部隊になった以上、リーダーである自分の指示に従ってもらうと突きつけた。

 

それでもゼロツーは、右から左な感じで受け流す。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

ヒロに想いを伝えたイチゴは彼だけの心配をし、さっさとフランクスに乗り込んで行く。

 

パートナーのゴローも苦笑いでヒロに目配せするが、彼は嫉妬に苦しみ始めているゴローの方が心配だった。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

そして13部隊は、午前11時前に出撃した。

 

 

進路を塞いでいたのは葡萄のような形をしたデータにない叫竜だった。

 

イチゴはリーダーとして先頭を走り、仲間たちに指示を出した。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

しかし、ゼロツーは完全に指示を無視してストレリチアを単身で突っ込ませていく。

 

ヒロがコントロールをもっと委ねるように言っても聞かず、考えるより先に動いて先手必勝で倒せばいいのだと言い返した。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

そのまま突っ込み、得体の知れない叫竜をランスで突き刺しまくる。

 

しかし核は破壊できず、ダメージを受けた叫竜は上部の口を開いて叫びながらドロリとした粘液を吐き散らした。

 

アルジェンティアとクロロフィッツの2機も粘液を食らってしまったが、何か直接的なダメージがあるわけではなさそうで、とにかく気持ち悪いだけのようだった。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+

 

 

ストレリチアも同じで今のところ異常はなく、ゼロツーも特に気にしなかった。

 

粘液の特性も、叫竜が反撃もしてこず突っ立っているだけなのも考えず、ストレリチアは中心を貫いて核を突き刺し破壊した。

著者名:矢吹健太朗 引用元:少年ジャンプ+