インゴシマ4巻
ネタバレ感想

インゴシマの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エログロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

市原を支配した気になった甲斐谷のゲス行為。

お眼鏡に適わなかった双子の田村妹と船員の惨たらしい処刑。

それを目撃した啓太は葵を助けるために動き出し、道中で金髪女性のアキラに助けられ、お互いの目的のためにシマビトの砦に乗り込んだのだが・・・

 

24話~31話

洞窟で啓太の帰りを待っていた一行のうち、ゲスな本性を表した甲斐谷は一人で洞窟を抜け出し、自分だけが生き残れるんだと思い込みながらひた走っていた。

 

 

啓太はトランシーバーで甲斐谷がおかしくなったと聞いてから、何かヤバいモノを見たらしい高崎から、この洞窟から出るつもりだと教えられた。

 

 

市原が甲斐谷に酷いことをされたのを知っているのは高崎だけで、詳しく何をされたのかこっそり訊くが、睨み付けられるだけだった。

 

怒りに満ちていたが、市原はトラウマになるほど恐怖も感じていた。

 

 

甲斐谷は市原を犯しこそしなかったが、馬乗りになってぶっかけるつもりで激しくオナニーしたのだった。

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

だがギリギリぶっかけられる前に高崎が間に合い、助けてもらえていた。

 

 

甲斐谷は逃げ出し、高崎は暗い洞窟の中であっさり見失ってしまった。

 

そして、何かに躓いたと思ったらそれは人の足で、辺りをランプで照らしてみると、その一画には白骨や解体された人体などが大量にあった。

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

今にも吐きそうになる悪臭。

血と脂に塗れた地獄絵図。

シマビトがキャンプした跡。

 

甲斐谷もこれを見つけたから、一目散に逃げ出したと思われた。

 

 

高崎は啓太に伝えた後、橘たちにもすぐ荷物をまとめさせて洞窟から出た。

 

この後は啓太の指示通り、海岸沿いに真っ直ぐ進み、合流する予定だった

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

 

高崎からの連絡でやはり葵への心配が募った啓太は立ち止まり、今すぐ助けに行くとまた言い出した。

 

呆れたアキラは溜息を吐き、容易く身動きを封じて自分一人にも敵わない非力さを思い知らせた。

 

それでも啓太がまだ喚くので、戦闘力どころか地の利も情報も作戦もない無謀さを、怒声を放って指摘した。

 

今回は侵入者捜索に紛れて運良く入れただけで、本来はシマビトの中枢に侵入するのは至難の業。

 

そこに葵がいたとなると、島の王族の嫁として選別された可能性が高いという。

 

この島には支配階級とそれらの血族がいるが、常軌を逸したシマビトたちはかつての漂着者だった。

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

アキラが調べた限りではインゴには何人かの嫁がいて、血を絶やさぬようにしているのだという。

 

だからそれに選ばれた葵の安全は、ある意味保障されている状況だった。

 

 

 

ガモウの嫁に選ばれた葵は他の嫁と引き会わされた。

 

彼女らは皆若く、美しく、ちゃんと正気を保っていたが、ガモウの嫁としての立場をすっかり受け入れていて、一際着飾った一人が葵を寝所に招いた。

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

さすがに女子高生ではなく大人の女性で、高校生の葵を不憫そうな目で見ながら修学旅行の途中だろうと見抜いた。

 

葵はやっとまともに話せる人間が現れてくれたことに安心し、みんなを助けて欲しいと縋りついた。

 

しかし、それは嫁にされた彼女には無理な話だった。

 

大矢野桐花と名乗った彼女も、ただの漂着者だったのだから。

 

 

桐花の友達も捕まえられたりなんだりで散り散りになり、今は生死も分からないという。

 

ただ、こうして無事に健康に生き永らえている桐花は、郷に入れば郷に従えで、この人を人とも思わない独裁の島生活を、それなりに満喫しているようだった。

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

 

葵と桐花の他に嫁は数人いるようだった。

 

この部屋が何か分からず戸惑う葵に、桐花はここはあの王であるガモウを寝室で自分たちは妻であり、今夜は選ばれたばかりの葵の初夜を見守るために自分たちはいるのだと言った。

 

その直後、笛の音と共にガモウが入ってきた。

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

ガモウが入ってくると桐花も話すのをやめて静かに座り、他の嫁たちも夫に恭しく頭を下げた。

 

 

ガモウは涙目の葵をいやらしい笑みを湛えながら見下ろし、乱暴に腰を下ろした。

 

何かの液体が入ったグラスを手に持ちながら一言発しただけで、他の嫁たちは照れたり、物欲しそうに、また怯えた表情で夫を見つめた

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

堂々としていた桐花が新しい嫁の支度が整っていることを伝えると、ガモウは液体を一息に飲み干して布を外して下半身を見せつけながら立ち上がり、桐花に来いと求めた

 

桐花はゆっくり羽織りを脱ぎながら、新妻との初夜を促すが、乱暴に引き寄せられて腰を打ち付けられると、すぐにメスの顔になった。

 

ガモウはまず、他の嫁が犯されるところを見せることで、嫁としての振る舞いを葵に分からせるつもりだった

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

太い指が入ってくると、桐花は淫らによがり始める。

 

愛液のいやらしい音が響きだすと、他の嫁も自分の指でいじって慰め始める。

 

そして立ちバックで突っ込まれた桐花は、全員に見られているのも関係なく大きな声を出して快楽に身を委ねた

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

ツンと勃起した乳首と大きな巨乳が上下に揺れる

 

葵はエッチな気分になりながらも怖くて顔を背けるが、王の嫁にそれは許されなかった。

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス