ゆらぎ荘の幽奈さんカラー
134話135話ネタバレ感想

ゆらぎ荘の幽奈さんカラーの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

新しい任務を与えられた狭霧の様子がおかしくなっていった矢先、祭りの夜に妖怪との戦いに苦戦を強いられてしまった彼女だが、コガラシの助太刀で確実に高めつつある実力を発揮して撃破。

その時現れたのが、狭霧が任務で結婚することになった宵ノ坂家の若い男だった。

 

134話

宵ノ坂家の次男は酌人登場。

 

狭霧の婚約者の酌人はさっそく未来の妻の肩を抱こうとしてチクリとやられつつ、何も聞かされていなかったコガラシたちは驚きを隠せない。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年49号

 

 

どう考えても政略結婚で、狭霧もそれを認めたが、酌人だけは否定した。

 

白叡戦の事後資料に目を通しているうちに狭霧を見かけて一目惚れしたから、酌人の中でだけ恋愛結婚になっていたのだ。

 

そうしてあっけらかんと好意を伝えられても狭霧は動揺もせず、あくまで忍の里のためだと言って強がるばかり。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年49号

 

 

だから恋する雲雀は、そんな任務に従うことはないと諭すが、酌人が割って入って強引に狭霧をデートに連れ出してしまうのだった。

 

 

 

車の中で二人きりになると、酌人は改めて本気の一目惚れだと念を押し、プライド高そうな真面目っ娘が特にタイプなのだとペラペラ喋り出した。

 

狭霧もちょっとは態度を軟化させるべきかと思ったが、すぐに酌人が歪な性癖を女に押し付けようとする変態タイプだと嫌でも分かってしまって引いた。

 

恥ずかしげもなく嬉々として調教趣味なのを明かし始める酌人。

 

プライドが高そうな女の鼻を何度も折り、それでも立ち上がってくるところに快感を感じる酌人は、白叡戦での狭霧にその素養があるのを見抜き、なおかつ美人でスタイル抜群なのも最高だと抜かし、引かれているのが分かっているのかいないのか、とにかく自分を語りまくった。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年49号

 

 

そして夕食後に狭霧を送り届けつつ、強引に勝手にお泊りを決めた。

 

 

狭霧は身の危険を感じるもまず風呂に行き、おそらく雲雀しか入らない夜も遅い時間に誰か入っているので雲雀だろうと思い、懐かしい思い出に耽りながらいそいそと服を脱いで風呂場へイン。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年49号

 

 

しかして入浴していたのはなぜかコガラシだった。

 

寸の間彼だと理解できなかった狭霧は固まり、十分に裸体を見られてしまった

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年49号

 

 

そしていつものように怒鳴りつけてここにいる理由を問い質し、彼は普通に泊まらせてもらっただけだと弁明。

 

しかし大声を出したせいで酌人に気づかれ、婚約者を心配する優しさを垣間見せて脱衣場に入られた。

 

 

狭霧は咄嗟に友達と電話していただけだとごまかした。

 

酌人は今時の女子高生だなと思って納得し、まさか他の男に胸に全裸で乗っかっているなど思いも寄らなかった。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年49号

 

 

水中の彼に霊子通信で、人影はばっちり見えるタイプの曇りガラスだから、しばしの忍耐を頼んだが、酌人はまた空気も読まずに腰を落ち着けて自分語りを始め出す

 

急に結婚することになって自分も戸惑っているのだと言い出す辺り、本性を知らない彼にはいい人そうに思えたが、また調教することを思って悦に入り始めたので、異常さが十分に伝わった。

 

 

それはそれとして、狭霧は彼の胸に全裸で乗っかっているこのエロ過ぎる状況からくるドキドキで、恋を認めようとしかけた。

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年49号