デスラバ3巻
ネタバレ感想

デスラバの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

北風と太陽作戦を乗り切った彼らは、看守たちの目を盗んで一人、また一人とオナニーを成功させて危機を脱していく。

しかし、潔癖症の助川とウブなさわはこの異常な状況を中でお互い惹かれ合い、彼女は彼に手コキして脱童貞から遠ざけたのだった。

 

デスラバ3巻

山本さわの柔らかい右手によって射精に導かれた助川はその夜、彼女のことを考えすぎてなかなか眠れない夜を過ごした。

 

 

 

翌朝、蜜子に代わって彼らに仕掛けてきたのは好戦的な絵里奈だった。

 

朝っぱらから銃を撃ち鳴らして彼らの恐怖心を煽ってくる彼女が用意したものは、お化けならぬお抜け屋敷だった。

 

それぞれ二人組みになり、パンツ一丁でアトラクションスタート。

著者名:智弘カイ 引用元:デスラバ3巻

 

 

 

藤代は助川と組み、薄暗い通路を進んでいって程なくブラブラ揺れる何かに顔が当たったかと思うと、それはまだ温もりを残していた脱ぎたてパンティだった。

 

しかも、何枚あるかも分からない数に囲まれていた。

 

これも興奮させる罠だと分かっていたが、藤代はさやかが脱いだものかも知れないと思うと、妄想と期待が捗った。

著者名:智弘カイ 引用元:デスラバ3巻

 

 

白なのか黒なのか?

どれがさやかの脱ぎたてパンティなのか?

 

オナニー作戦を成功させた後に鋭く睨みつけられたのは忘れ、エロ下着を真っ赤になりながら脱いでいるところも思い浮かべた。

著者名:智弘カイ 引用元:デスラバ3巻

 

 

潔癖症で脱ぎたてパンティには惑わされなかった助川に現実に引き戻され、先に歩を進めていく。

 

すると今度は、二つの真実の口と一つの扉が現れた。

 

扉は二つの口に同時に手を入れなければ開かないと説明文があり、これも罠だと分かりつつも他に選択肢はなかった。

 

 

いざ手を突っ込んだ直後、助川は腕が抜けなくなったと騒ぎ出した。

 

直後、藤代もとてつもない柔らかい感触を感じた。

 

それぞれ、助川は蜜子の爆乳に挟まれて動けず、藤代は愛奈の巨乳を掴まされていたのだ

著者名:智弘カイ 引用元:デスラバ3巻

 

 

シンプルな胸の柔らかさによる、誘惑攻撃。

 

乱暴に振り払えば監視している絵里奈が撃ちにくると脅され、力任せに脱出することができない。

 

特に蜜子の圧倒的乳圧は、それだけで動きを封じるのに十分なパワーがあった。

 

 

愛奈は甘い喘ぎ声で乳首を触らせ勃起させ、興奮させにくるが、藤代がしぶとく耐えていると、今度はわざといやらしい音を立てて指を舐り始めた

著者名:智弘カイ 引用元:デスラバ3巻

 

 

指が股間だったら・・・

 

そう考えるとムクムクと大きくなってしまいそうだったが、藤代は単純に拳を握って指を舐められるのも胸を揉まされるのも回避し、あっさり腕を引き抜いた。

 

 

隣の助川はあえて蜜子にパイズリをして欲しいと頼んでいた。

 

蜜子はこれで完全に落とせると思い、しっかりと挟み込んだまま激しく胸を上下させて天上の快楽を与えていく。

著者名:智弘カイ 引用元:デスラバ3巻

 

 

しかし、それだけ重量のある胸を動かせば汗をかく

 

助川は胸がいい感じに湿った時を見計らって素早く腕を引き抜いたのだった。

 

 

 

無事に真実の口の関門を突破し、扉の先に進むと、数十cm先も見えない暗闇ゾーンが広がっていた。

 

ただ、自分たち以外に誰かがいる気配は十分に伝わってくる。

 

それはさっきと同じ愛奈と蜜子たちだったが、二人は暗視スコープでばっちり見えていて、先端に柔らかい羽をつけた棒を駆使し、暗闇の中から襲い掛かった。

 

標的は、彼らの乳首だった。

著者名:智弘カイ 引用元:デスラバ3巻

 

 

視覚が役に立たず、より敏感になった触覚のせいで乳首へのソフトタッチは電気が走るほどで、そこを防御すれば今度は股間に羽が触れてくる。

 

前を隠せば背中、脇、隙あらば乳首に股間。

 

埒が開かないと思った二人はとにかくダッシュで振り切り暗闇ゾーンを抜けたが、藤代は刺激されまくったせいで勃起してしまっていた

 

 

次は扉が二つ用意されていて、いよいよ二人別れて個人の力で乗り切らなければならないようだった。

 

 

お互い健闘を祈り、藤代は先に進んだ。

 

そこは行き止まりの部屋で、待ち構えていたのはSM女王を気取った絵里奈だった。

著者名:智弘カイ 引用元:デスラバ3巻