秋の鹿は笛に寄る1巻
ネタバレ感想

秋の鹿は笛に寄るの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

奈落の羊のサトウナンキ・きづきあきら最新作。

鹿島たけると春日凪は単なる同僚だったが、凪が突然彼に、セック○してもらえないかな?と持ちかけた瞬間から、ただの同僚ではいられなくなった。

 

 

秋の鹿は笛に寄る1巻

たけるが車に乗って二人で外回りに出た時、彼が同棲している彼女と結婚するつもりだと聞いた凪が急に「セック○してもらえないかな?」と誘ったことから、彼の中で凪の存在が大きくなった。

 

さすがに訳の分からない申し出にたけるは断り、その日の夜は同棲中のまつりへの愛情を確かめるように抱いた。

 

 

しかし、もしかしたら凪が自分に気があるのかもと思うと、何もしてないのに罪悪感が芽生えた。

 

 

なのに、翌日に凪と顔を合わせても、昨夜セック○を誘ったことなどなかったかのように振舞うので、たけるもそれに合わせて今までと変わらず接することにした。

 

しかしまた車で二人きりになると、昨夜と同じように誘ってきた。

 

たけるが結婚する予定だと言っても構わず、そろそろ排卵日だから妊娠するためにセック○して欲しいという。

 

そう、凪は誰とも結婚する気はなく、たけるに恋愛感情を抱いているわけでもなく、妊活として彼の精子を提供して欲しいだけだった。

著者名:きづきあきら 引用元:秋の鹿は笛に寄る1巻

 

 

ただ、たけるを選んだのはしっかり見極めた結果だった。

 

その彼にまた断られた凪は出会い系アプリで適当に相手を探そうとし始める。

 

まだ新社会人の若い彼女がそこまで急いでいる理由は、まだ社内で責任が少ない若いうちに妊娠・出産して早期復帰し、キャリアを気づいてシングルマザーでも十分に育てられる経済力を手に入れたいからだった。

 

理由を聞いてもたけるは妊娠に協力する気はなかったが、出会い系アプリを使うことは止めさせ、返事を保留にした。

 

 

そんな夜に限ってまつりは些細なことで機嫌を悪くして嫌みったらしい態度を取ってくるので、結婚も恋愛も無駄だと言い切る凪の言葉が蘇った。

 

 

凪の結婚に対する価値観で、大学の頃から付き合い続けて自然と結婚するものだと思っていたまつりとの関係に疑問を感じ始めたたけるは、良くも悪くもモヤモヤに頭が包まれていく。

 

そして結論を出し、まつりに残業だと嘘をついて凪と中出しセック○をしたのだった。

著者名:きづきあきら 引用元:秋の鹿は笛に寄る1巻

 

 

 

ただ、さすがに都合よく一夜の排卵日セック○で着床には至らなかった。

 

だから、次の排卵日に誘われた時はもう悩まずに受け入れた。

 

やっぱり凪が自分を好きに違いないと思いたかったたけるは徐々に惹かれ始めるが、彼女は変わらず淡々としたもので、浮気だ認知だ二股だで揉めないよう、契約書まで用意するビジネスライクな妊活を徹底してきた。

 

そこにはどちらかでも恋愛感情を持ったら終了だとも明記されていた。

 

 

契約書にはサインせずに持ち帰った夜、まつりの笑顔を見ているうちに、もう浮気してしまったものの、やっぱりサインはせずに関係を解消しようと思えた。

 

しかし、まつりが友達からの電話で浮気相談をされているうちに激怒し始めると肝が冷えた。

 

そして、たけるは浮気する度胸もないと鼻で笑って話したのが聞こえた瞬間、またモヤモヤとこのまま結婚することに疑問がもたげた。

 

 

浮気された友達にのろけ話をしないようにするまつりの気遣いだとしても、気を許してるから叩ける軽口だとしても、凪に惹かれ始めている今、単純な怒りに変わった。

著者名:きづきあきら 引用元:秋の鹿は笛に寄る1巻

 

 

だから妊活契約書にサインし、凪に提出したのだった。

 

 

その次の排卵日も凪と密かに会い、ラブホテルに行くと、彼女は妊活にいいからとたけるをリラックスさせるために、積極的にフェラで気持ちよくしようとご奉仕する。

 

ネットで調べて初めてフェラしたという凪の健気な苦笑いに心掴まれた彼は、自分も気持ちよくさせてあげたいと思い、契約という名目で愛を込めて腰を振った。

 

 

恋愛感情なんてないと言い聞かせながら何度も中出しした後、恋人のようにご飯でも食べに行こうと誘ったが、凪はやはりビジネスライクに徹しつつ、ただ排卵期間中は毎日でもヤリたいとおねだりしてくるので、彼はまたドキッとさせられる。

 

しかし、ラブホ前で立ち止まっていたせいで、偶然通りかかったまつりと遭遇してしまうのだった。

 

 

しかし凪は半分は口から出任せで仕事の営業中だとスラスラ説明し、あまりに筋が通った内容にまつりはあっさり信用してしまう。

 

 

更にかけるから聞いていたまつりの話もし始め、自分とは真逆の結婚観を褒めそやした。

 

初めて自分の考え方を理解してくれる人に出会えたまつりは涙さえ流し、感動した。

 

 

だから彼は罪悪感に苛まれながら、上機嫌のまつりを抱きまくった

著者名:きづきあきら 引用元:秋の鹿は笛に寄る1巻

 

妄想族