私の100日を2500万で買ってください
ネタバレ感想

私の100日を2500万で買ってくださいの漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、ネタバレ、感想、あらすじ、エロ画像、結末、無料で読む方法を紹介。

 

水瀬夏希、〇高1年。

身長は160㎝足らずで46㎏でも、バストは90の爆乳スタイル。

幼馴染みの彼氏と3年前に初体験をした彼女はアピールビデオで、自分の100日を2500万で買って欲しいと言った。

おすすめエロ動画一覧はこちら

 

私の100日を2500万で買ってください

自分の100日を2500万で売るビデオを撮った後日、夏希は自分から誘って彼氏の聡太とラブラブエッチをしていた。

 

自分の部屋でたっぷり愛し合ってまったりしていると、夏希のスマホに電話がかかってきて表情を曇らせた。

 

 

その日の夜、電話の相手に呼び出された夏希は買い手になってくれた中年親父の金多に引き会わされた。

 

さっそくホテルに連れこまれ、年齢にそぐわない巨乳をペロンと出されながら激しく唇を貪られる。

 

 

キスを拒否してもパンツの中に手を入れられ、あっという間にぐちょぐちょに濡れていく。

 

数えきれないくらいJKを抱いてきた金多でも、夏希くらい濡れやすいのは相当珍しかった

 

 

手マンだけで3回イカされた夏希は、聡太のよりかなり大きいおじさんチン〇に驚き、彼氏より先に初生挿入を奪われてしまうのだった。

 

 

ストロークがゆっくりのピストンでかき混ぜられる感覚が堪らなく感じ、勝手にキュンキュン締め付けてしまう夏希は、金多の一日目を十分に満足させることになった。

 

 

 

しかし、ホテルを出たところを待ち構えていた聡太に見つけられてしまった。

 

仕方なく、失踪した父親の借金で苦しむ母を助けるため、金融屋の提案で自分の100日を2500万で売ったことを打ち明けた。

 

夏希は泣きながら謝り、ただの学生でしかない聡太も助けになることができず、抱きしめて慰めるしかできなかった。

 

 

 

2週間も経てば夏希はキスの気持ちよさに目覚めて積極的にするようになっていた。

 

 

オナニーしながらの根元まで咥え込むフェラも当たり前のようにやり、ザーメンはごっくん。

 

69でお互いに刺激しあった後、聡太にはないテクニックで手マンされ、おしっこと愛液を一緒くたに噴き出した。

 

ボルチオ開発が始まって1週間、夏希はクリよりGスポより感じるようにされ、バイブで解されてからガンガンのピストンでベッドをびしょびしょに。

 

 

バイブマシーンに拘束されて何時間も放置され、床に染み込むほど愛液を垂れ流したこともあった。

 

 

一カ月が経った頃、聡太と会う約束も忘れてホテルで金多に抱かれてずっと喘がされていた。

 

40日目、夏希は久しぶりに聡太とヤル時間ができて積極的に奉仕していたが、これからという時に誰かが訪ねてきたので彼を待たせて玄関に向かった。

 

聡太はいい加減勃起が萎えるくらい時間が経ったので様子を見に行くと、夏希はリビングで金多に駅弁ファックされてよがっている真っ最中だった。

 

 

聡太は聞いたこともないいやらしい言葉にアヘっている表情、びちょびちょに分泌させている愛液、最後に中出しされたところを見て、悔しさがこみ上げた。

 

何も見なかったことにして部屋に戻り、汗だくの夏希が適当な言い訳で戻ってくるのを受け入れ、金多の臭いが混じった彼女を乱暴に抱いた。

 

 

50日が過ぎると夏希はアナルを開発され、ビーズで穴を解されてからバイブを突っ込まれると、おしっこを漏らすほどの気持ちよさに目覚めさせられた。

 

合間を縫って聡太は夏希とヤっていたが、日に日にテクニックが凄くなっていくのが気持ちよくても、おっさんに教え込まれたのかと思うと切なかった。

 

しかも、生の許可をもらったのに入れた瞬間に出してしまい、情けなさしか感じられなかった。

 

 

 

そして、ついに100日目になった。

 

 

穴開きエロ下着で腰を打ち付け合い、アナルとマン〇のバイブ同時責め

 

それで3回イっても続いてお決まりの駅弁でパワフルに突き上げられ、思いっきり中出し。

 

 

これで2500万を手に入れさよならのはずだったが、夏希は金多と離れることに寂しさを感じ・・・

 

 

感想

私の100日を2500万で買ってくださいでした。

月約800万で最高クラスのJKを好き放題できる、シンプルに経済力がものをいう金持ちの遊びですね。

初っ端のビデオを撮っているところがもう結構エロいんですが、私のおすすめ好きなシーンはオナニーしながらのフェラで股をはしたなく広げているのと、リビングで駅弁されている時に夕陽が射して、どこかいい話っぽく感じたのが良かったですね。

後、エロ下着はいつでもどれでも最高です。

私の100日を2500万で買ってくださいを読むならこちら