To LOVEる ダークネスネタバレ番外編
The changing heart~素直な感情~

ナナが改まった様子で、リトに話があると言ってきた。柔らかそうで揉み応えのある女の子ばかりのToLOVEるの中でも、ちっぱいランク上位のナナの話とは一体何なのか?

 

 

小さいおっぱいにも需要があるのです

真剣な様子で話があると言ってきたナナ。一体何だろうと思うと、ちっちゃいおっぱいは嫌いか?とド直球な質問をしてきた。

 

やっぱりティアーユ先生のような爆乳が好きなのかと質問を重ね、リトの頭の中は白くとろみがある液体がかかっている先生の姿が浮かんでいた。

 

すぐさまエロい妄想をするリトは、みるみる頬が火照っていき、それを見たナナは更に自信を無くしてしまう。ちっぱい少女は繊細なのだ。

 

[ad#co-2]

 

リトは優しく慰める。するとナナは思い切って服を脱ぎ出し、コンプレックスの可愛いおっぱいをさらけ出した。

 

出来ない谷間を作ろうとして、無理くり寄せようとする。

 

モモよりはもちろん小さく、美柑よりも小さいかも知れないお子様おっぱいを目の前に差し出され、凝視するリト。

 

だが、ナナの表情はまさにメスのそれだった。

 

欲情していくリトは、ナナを遠ざけようと手を伸ばしたふりをして、ちっぱいに触れる。

 

その手を取って、違う人物のような怪しい雰囲気を醸し出すナナ。

 

その時、クローゼットからモモが飛び出してきた。羽交い絞めにされ、あたしの胸を触りやがってとナナのような言葉遣いで捲くし立てる。

 

実は二人の心を入れ替えて、リトがちっぱい趣味があるか、確かめようとしていたのだ。

リトは迫られて満更でもない様子だったのをからかうモモ。あたしは、あんなヤツに興味はないといいつつも、しっかり心がグラグラ揺れているナナだった。

 

 

感想

ToLOVEるダークネス番外編でした。

この姉妹は正反対な性格で、見てて楽しいです。モモの程よく柔らかそうなおっぱいに反して、申し訳程度に膨らんでいるだけのナナ。もう、どっちでもいいでしょう。