サタノファニ77話78話
ネタバレ感想

サタノファニの漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、ネタバレ、感想、あらすじ、エロ画像、結末、無料で読む方法を紹介。

 

組長の息子、仁奈の協力を得て小夜子奪還を成功させた千歌。

しかし、精神的に疲弊していた小夜子は緊張の緩みと共に愛する千歌を求め、逃走中にも関わらず二人は愛し合い始める。

しかし、戦いたくて仕方ない神崎に見つかり、否応なく戦闘が始まろうとしていた。

 

77話

二人を発見した神崎はアドレナリンを分泌させ、乳首もガチガチに勃起させてサイズの合っていないタンクトップを突き上げながら、渾身の一撃を振り下ろした

 

床に大穴が開くほどの一撃を千歌はひらりと躱して身軽さを披露するが、パワーの差は歴然としていた。

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2019年6号

 

 

神崎はシートをいとも容易く破壊するほどの威力で消火斧を振り回しまくり、千歌を追い詰めようとする。

 

千歌も直撃は食らわずにひらりひらりと躱し続けるが、明らかに押されている状況を覆せそうにない。

 

 

千歌は神崎のありえないほどのパワーに毒を吐き出す。

 

小夜子もパワー差はもちろん、体格差にプラスして斧とナイフのリーチの不利を心配して声をかける。

 

しかし千歌は、ナイフ一本と言われて不敵に微笑んだ。

 

ナイフ一本ではなく、袖にスリーブガンを隠し持っていた千歌はそれを取り出し、小夜子の心配を嬉しそうに否定しながら全弾神崎に撃った。

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2019年6号

 

 

小気味いい発砲音がボート内に響き渡った後、千歌は殺人鬼の表情になり、一度返り討ちにあった対策としてこれくらいは準備していると答えた。

 

小夜子も思わぬ攻撃に笑みが零れ、神崎を仕留めたのか訊ねた。

 

だが、二人の笑みはすぐに消え、代わりに神崎が楽しそうな笑い声を漏らし始めていた

 

 

斧を盾にして仁王立ちしていた神崎。

 

腕、腹部に数発の弾がめり込んでいたが、致命傷になる頭と胸を貫く正中線をしっかりガードしていたおかげで、逆に笑えるほど楽しんでいた

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2019年6号

 

 

まともな人間なら、急所に当たっていないからといってとてつもない激痛に違いなく、耐えられるものではないはずだった。

 

 

千歌が気味悪ささえ感じていると、神崎はレスラーだと答えながら、自ら傷口に指を突っ込んで弾を取り出そうとする

 

だが、さすがに痛みは普通に感じているらしく、脂汗を浮かせて呼吸を乱している。

 

 

千歌はすぐに次の手を考え、小夜子に耳打ちした。

 

神崎が弾を出した頃に千歌は全て伝え終え、もう全弾打ち尽くした今、これしか手段がないと言って無理やり従わせた。

 

飛び道具無しで、ナイフVS斧。

 

勝てる保証がないのなら、せめて小夜子は逃げろと促した。

 

小夜子はこれ以上縋り付こうとせず、言葉を飲んで外に走った。

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2019年6号

 

 

ただ神崎は後を追うことなく、もう戦えない奴に興味はないと吐き捨てた。