「なんでここに先生が」ネタバレ最新4巻特装版。我が身で女体陰部の仕組みを教えてくれるクールな保健の先生!

なんでここに先生が特装版4巻
ネタバレ感想

なんでここに先生が袋とじカラー原稿あり特装版の漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、ネタバレ、感想、あらすじ、エロ画像、結末、無料で読む方法を紹介。

 

3巻の葉桜先生は、日焼けした肌と大らかでがさつな性格が魅力の、スポーティな先生だった。

葉桜先生が見事幼馴染みのショタ系男子と結ばれた次は、卒業を控えた元生徒会長の田中と無表情な保健室の立花先生との乳繰り合いが始まる…

 

31話 無氷情

体育で足を痛めた田中が仕方なく保健室に行ったとき、クールな表情で仕事を放棄したのが、絶対零度と呼ばれている立花先生だった。

 

同じ中学出身の佐藤や鈴木、後輩の高橋がちゃっかり先生と付き合い出して浮かれているのを見せつけられた田中は、卒業までに彼女を作ると決意したのはいいが…

著者名:蘇募ロウ 引用元:なんでここに先生が4巻特装版

 

 

32話 恥色欲

2学期終了でクリスマス間近。

なのに寝不足倒れた田中は終業式にも出れず、保健室で寝てキャッキャウフフの女子たちとの戯れを逃して凹んでいたが、当然そこには保健室の主、立花先生が。

 

そしてクリスマスにしたいことリストを見られて恥ずかしさに襲われる田中だったが、また先生の陥没乳首を見て勃起が止められなくなり…

著者名:蘇募ロウ 引用元:なんでここに先生が4巻特装版

 

 

33話 シャンパンツ

クリスマスを一人寂しく過ごすと思っていた田中だったが、突然サンタのコスプレをした先生が訪問。

 

そしてなぜか子供の頃からのホームビデオを見せられることになったが、今夜の先生はなんだか一味違って妙に可愛い。

 

それでも田中は先生相手に恋なんかしたらだめだと言い聞かせようとしたが、ハプニングの連続でびしょ濡れスケスケの先生の大事なところを目の当たりにしてしまい…

著者名:蘇募ロウ 引用元:なんでここに先生が4巻特装版

 

 

34話 艶結び

クリスマスが終われば時が過ぎ新年スタート。

 

田中は少し遠出して縁結びのご利益あらたかな神社に初詣でに訪れ、和装の先生と遭遇。

 

おみくじの恋愛運はかなりいい感じのことを書いてあるが、思い当たるのは傍にいる先生のこと。

 

そんなこんなで、先生とくんずほぐれつ絡み合って陥没乳首を口に含むことになり…

著者名:蘇募ロウ 引用元:なんでここに先生が4巻特装版

 

 

35話 海水欲

新年早々大ラッキーで石垣島ペア旅行券を福引きでゲットした先生。

 

その場に一緒にいた田中と行くのは必然だが、教師と生徒という立場もあり、彼はビクビク。

逆に先生は彼にいい思い出を作ってもらうために色々下調べをしていた。

 

だから大胆に水着にもなれたが、南国の悪戯なヤドカリに陥没乳首を狙われ…

著者名:蘇募ロウ 引用元:なんでここに先生が4巻特装版

 

 

36話 射ワー

ペア旅行券だから部屋も一つでダブルベッド。

 

ドキドキで眠れなかった田中は間違えて精力剤まで飲んでしまい、股間が過去最高に勃起してしまう。

 

先生が寝入っている隙に一発抜くしかないと思ってバスルームでしごき始めた直後、先生がトイレをしに来てしまい…

著者名:蘇募ロウ 引用元:なんでここに先生が4巻特装版

 

 

37話 挿入洞

今回の旅の一番の楽しみは、満点の星空を見ること。

 

他の観光も十分にしてお土産も手に入れた先生は、より良く見える山の上の方へと彼を案内していくが、ハプニングは避けられず、鍾乳洞に迷い込んでしまって…

著者名:蘇募ロウ 引用元:なんでここに先生が4巻特装版

 

 

38話 淫たびゅう

旅行から帰るなりデリカシーのない葉桜にからかわれながらも、卒業を控えた生徒の一人として、先生たちのメッセージ動画を集める役目を引き受けた田中。

 

ただ、自然な笑顔がどうしても出せない立花先生は葉桜のような笑顔で撮って欲しくなり、強制的なくすぐりを田中に頼んでしまい、ついに初体験を…

著者名:蘇募ロウ 引用元:なんでここに先生が4巻特装版

 

 

39話 美ター&吸ィート

今日はバレンタイン。

 

特にあてもなかったが、きっと誰かからもらえると期待して暗くなるまで教室に残っていた田中は、結局悲しい思いをするだけになり、しかも豪雪で徒歩帰宅を余儀なくされる。

 

だが、同じく帰りそびれていた先生を見つけ、保健室のストーブで一緒に温まっていくことになったのだが…

著者名:蘇募ロウ 引用元:なんでここに先生が4巻特装版

 

 

40話 おめでた

卒業生代表として挨拶し、無事に巣立った田中だったがしかし、悲しみよりも先生に振られたショックで涙が止められなかった。

 

それでも同学年の佐藤や、後輩の高橋、鈴木や、彼らの彼女の先生たちと一緒にささやかなお祝いの場を設けた。

 

しかし、なぜかそこに立花先生もいて…

著者名:蘇募ロウ 引用元:なんでここに先生が4巻特装版