愛妻、同意の上、寝取られ
ネタバレ感想

愛妻、同意の上、寝取られの漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、ネタバレ、感想、あらすじ、エロ画像、結末、無料で読む方法を紹介。

 

愛妻、同意の上、寝取られシリーズは夫婦を変えて現3作品。

それぞれに理由やシチュエーションも変えているが、妻が快楽にハマっていく、夫は罪悪感や妻を奪われるかも知れない不安に苛まれていく…

 

 

愛妻、同意の上、寝取られ

子供にも恵まれて家庭内は幸せに包まれていたが、やがて経営していた会社が傾き始め、銀行からの融資も受けられずに進退窮まっていた一人の男がいた。

 

仕方なく、羽振りの良い友人に借金を申し込むと快諾してくれたのだが、条件が一つだけあった。

 

それは、妻のカオリを一晩だけ抱かせて欲しいというものだった。
愛妻、同意の上、寝取られ

 

 

一目見た時からカオリに惚れていたらしい原田タケオの交換条件に夫は躊躇したが、家や子供のためだからと、カオリ自身から受け入れた。

 

 

そして原田の部屋に連れて行かれたカオリはさっそく、下着姿になってベッドに座る。

 

緊張でおかしくなりそうなカオリに原田は友人の妻なんて関係なく愛を告白し、タケオと呼んで欲しいと頼んだ。

 

カオリも熱い彼の思いにほだされ、タケオさんと呼んだ直後、唇を奪われた。

 

そして薄暗くなった寝室で、夫より大きく形も違う男根を目の前にし、より一層鼓動を速くしながらゆっくり根元まで咥え込んだ。
愛妻、同意の上、寝取られ

 

 

原田はカオリが一往復もしないまま、絶頂に達して口の中に射精したのだった。

 

だが、自分の精液とカオリの唾液まみれになった男根はまだ十分に勃起状態のままだった。

 

 

原田は軽くカオリに手マンしてほぐし、自慢の巨根を突き入れた。

 

カオリはみっちり膣内を満たしてくる大きさに何も考えられなくなり、原田の腰の動きに合わせて淫らに喘ぎ始める。

 

そしてまた絶頂感に襲われた原田は、さすがに中出しはせずにお腹にぶっかけた。

 

 

 

帰ってきたカオリは何も話さず、また家族だけの穏やかな日常が戻ってきた。

 

しかししばらくすると、今度は原田の方からまた同じ条件で金を貸してもいいと申し出て来た

 

確かにそこそこの金を一回借りただけで事業が簡単に建て直せれば苦労はなかったが、一番大切なのはカオリ自身の意思だった。

 

そしてカオリは夫がいいなら、という理由でまた原田に抱かれることを受け入れた。

 

 

原田がその場で始めようとするので夫は情けなさを感じながら、一人で寝室に閉じこもった。

 

そして程なく、寝室前の廊下で二人がヤっているいやらしい声と音が聞こえ始めた
愛妻、同意の上、寝取られ

 

 

夫は訊ねられるまま中出しの許可を出すしかなく、妻がメスに堕ちてゆく喘ぎ声、原田が寝取りを成功させて煽ってくる声におかしくなりそうになるのを朝まで堪え続けた。

 

しかし、悪夢は始まったばかりだった…

 

愛妻、同意の上、寝取られを読むならこちら 愛妻、同意の上、寝取られ

 

原田家の場合

結婚7年目の夫婦がいた。

 

夜の営みの回数もどんどん減っていたある時、夫は妻の遥に寝取られ願望があることを打ち明けてから、妻を他の男に抱かせるようになっていた
愛妻、同意の上、寝取られ 2 ~原田家の場合~

 

 

遥も最初の方こそ嫌がっていたが、次第に楽しみにしているように見えた。

 

そして今回は、夫は1週間ホテル住まいをし、息子は近場の祖父母に預け、妻と男数人を家で過ごさせて自由にやってもらう完全放置の寝取られだった

 

家には各所にカメラを設置し、夫は1週間後にそれを鑑賞しながら情けなさと興奮を感じながら射精するつもりだった。
愛妻、同意の上、寝取られ 2 ~原田家の場合~

 

 

夫が家を出て程なく、ネットで募集した男4人がぞろぞろと訪ねてくる様子を、夫は塀の陰からそっと観察していた。

 

彼らを応対に出てきた遥の表情は、初デートの時に見せた期待と不安に満ちている表情と一緒だった。
愛妻、同意の上、寝取られ 2 ~原田家の場合~

 

 

 

寝室に通された彼らはシャワーも浴びずにどんどん服を脱いでいき、まだ緊張で強張っている遥に若々しくたくましい男根を見せつけていく。

 

人妻になっても周囲の男から性的な目で見られるのが当たり前な遥は、ノーブラニットもデニムもするする脱がされ、彼らにまだまだ張りのある巨乳を披露した。

 

口で両手で彼らの脈打つ男根に奉仕すると、特に乗り気な金髪顎鬚の男が旧姓を訊き、自分たちといる間は俺たちの遥だと言いながらいの一番にバックで突き入れた
愛妻、同意の上、寝取られ 2 ~原田家の場合~

 

 

男たちに囲まれ、バックでパンパン突かれ始めた遥は徐々に色っぽい喘ぎ声を漏らし始めるが、口はすぐに一本の肉棒で塞がれてしまう。

 

その時、祖父母の家に預けたはずの一人息子が変な母親の声を聞きつけて寝室のドアを開け、知らない大人の男と裸でくっついているのを目撃した

 

しかし遥は肉棒で口を塞がれ、騎乗位とバックで二穴も塞がれていたので、何も言い訳することができない。
愛妻、同意の上、寝取られ 2 ~原田家の場合~

 

 

余っている一人が息子をさりげなく部屋の中に通し、間近で母親が犯されている様子をじっくり観察させ始めた

 

遥はすぐに息子がいるのも忘れて快楽に身を任せ、だらしなさすぎるアヘ顔を晒して男たちの精液を口で膣でアナルで受け止めた。

 

息子はまだセッ〇スなんて知らないはずの年齢だったが、母親のいやらしい姿は理解して、本能的に勃起していた
愛妻、同意の上、寝取られ 2 ~原田家の場合~

 

 

そして飲尿プレイをさせられた後でようやく我に返った遥は、まだ幼い息子にとんでもない姿を見せてしまったことを理解した。

 

 

 

その頃ホテルの部屋にいた夫は、学生時代に出会った遥を好きになり、卒業間際に告白して付き合うようになり、それから二人で色々なところに行った思い出を振り返っていた。

 

 

 

それから遥は廊下で、リビングで、息子の部屋で何度も何発もぶち込まれ、ぶっかけられ、肉欲だけの日々を過ごした。

 

6日目、常に発情状態になった遥をもっと喜ばせるため、男たちは玄関ドアを開け放って外から丸見え状態で廊下に連れ出した

 

 

そして約束の1週間が経ち、夫は家に帰って明らかについさっきまでヤっていた様子の妻に出迎えられた。

しかし、ここからが予定にない寝取られプレイの本番だった…

 

原田家の場合を読むならこちら 愛妻、同意の上、寝取られ 2 ~原田家の場合~

 

小川家の場合

夫は寝取られの性癖を我慢し切れず、妻のふみ子に頼み倒して、知り合いや取引先の男と何とか寝てもらい、それを見て興奮して楽しんでいた。

 

しかし、仕方ないとは言え、一人の若い男と親密になり始めた
愛妻、同意の上、寝取られ 3 ~小川家の場合~

 

 

可愛い盛りの息子がスマホを見せてとねだっても、不倫相手とのやり取りを見せている画面を見せられるわけがなかった。

 

ふみ子はまだ気づいていなかったが、夫は妻と不倫相手がどんなやり取りをしているのか知っていた
愛妻、同意の上、寝取られ 3 ~小川家の場合~

 

 

なぜなら、不倫相手と繋がっている夫は、相手にやり取りのスクショを送ってもらっていたからだ。

 

 

ふみ子が友人とディナーだと言っていそいそと出かけるのも、これから若い男とヤリにいくのだと見抜いていたので、バレていないと思ってしれっとしている妻を見送りながら、股間はバキバキに勃起していた。
愛妻、同意の上、寝取られ 3 ~小川家の場合~

 

 

ただ、嫌な予感がしないわけではなかった。

 

思わず呼び止め、愛してると声をかけた。

ふみ子は大して驚かずに、笑顔で私も愛してると答えてくれた。

 

両親の愛の告白にはしゃぐ息子にも軽口を叩き、ふみ子は出かけて行った。
愛妻、同意の上、寝取られ 3 ~小川家の場合~

 

 

そして寝室に一人でいた夫は、ホテルに行っているならもうヤルことはヤッたはずの時間が過ぎて、不倫相手から何が送られてくるのかドキドキしながら待っていた。

 

ちょうどいいタイミングで送られてきた写真は、ふみ子が愛おしそうにフェラしているハメ撮り写真だった。
愛妻、同意の上、寝取られ 3 ~小川家の場合~

 

 

しかも、それ一枚だけではなかった。

 

もう一枚は猫耳と尻尾をつけて股を開きオナニーを見せつけている、ノリにノッた開放感たっぷりの一枚だった。

 

夫は不倫相手への憎しみと嘘を吐く妻への怒りを感じはするが、興奮を抑えられずにオナニーを我慢できなかった
愛妻、同意の上、寝取られ 3 ~小川家の場合~

 

 

このオナニーの後、一体どんなプレイをしたのか、させられたのか?

 

早く続きを欲していた夫のスマホに届いたのは動画だった。

 

固定アングルで激しく犯されている妻を観ながら、夫はドピュッと射精した

 

 

 

そして数時間で帰ると言っていたふみ子は結局、朝帰りした。

 

ふみ子は軽く謝るだけで男と会っていたことは話さず、真っ先にシャワーを浴びに行ってしまう。

 

その直後、夫のスマホに送られてきたメッセージは、ふみ子の膣にはまだ精液入りコンドームが入れっぱなしという内容だった。

 

まだ夫にバレていないと思っているふみ子はコンドームを取り出しながら若い男の指示に愚痴るも、もう次に何をされるのか考えて乳首が疼いていた。

 

 

やがて夫はふみ子が珍しくオシャレして出かけた日に尾行し、もう若い男に身体だけハマっているわけではないことを理解した。

 

堂々とした露出プレイ。

路上セッ〇ス。

犬のように従順に命令を聞いて足を開くふみ子。

 

そして重大な決断を迫られた夫は性癖に勝てず、ふみ子は愛し合うセッ〇スで快楽を貪るだけのメスの顔を晒すのだった…
愛妻、同意の上、寝取られ 3 ~小川家の場合~

 

 

感想

愛妻、同意の上、寝取られシリーズでした。

全部独立した話なので、どれから読んでも楽しめます。

1作目だけCG仕様で、他2作は完全コミックでボリュームも内容もアップしています。

本来の寝取られ感なら泣く泣く妻を抱かせる1話目が一番強いと思いますが、ゾクッとくる読み応えがあるのは2作目でした。

3作目は妻のキャラが可愛いところがいいですね。

小川家の場合を読むならこちら 愛妻、同意の上、寝取られ 3 ~小川家の場合~

妄想族