「イジメカエシ。復讐の31」ネタバレ最新1巻。エログロリョナ!枕営業・イジメが横行するアイドル業界の闇

イジメカエシ。復讐の31カランドリエ1巻
ネタバレ感想

イジメカエシ。復讐の31カランドリエの漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、ネタバレ、感想、あらすじ、エログロリョナ画像、結末、無料で読む方法を紹介。

 

地方アイドルが所属事務所のパワハラにより自死に追い込まれたり、メンバー間の嫉妬で危険な男性ファンをけしかけたりと、ネットやSNSが発達することによって闇も暴かれ出したアイドル業界。

今作は、人気アイドルグループの最下位クラスにいる埋もれた一人が、イジメに関与したメンバーに復讐する物語である。

 

 

イジメカエシ。復讐の31カランドリエ1巻

アイドルグループ「カランドリエ」はカレンダーになぞらえて31人で構成される大人気グループ。

 

小さな頃からアイドルに憧れてきたある美少女は31番目として加入できたことで、ついに夢を叶えることができた。

 

 

歌って踊って笑顔を振りまいて、見てくれた人を笑顔にする。

 

そんなアイドル生活を送るはずだったのに、31は同じメンバーの27から蹴るわ殴られるわの手酷いイジメを受けていた。

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。1巻

 

 

27は外国の血が入った整った顔立ちに高慢ちきなプライドを持っているヒステリックツインテで、レッスンと称して31はいびられまくっていた。

 

アイドルの命である顔にハイキックを食らわされ、尻もローを叩き込まれ、ついには不細工だと罵りながら剃刀で目玉を繰り抜こうとしてくるほど。

 

 

最早単なる暴行に、31は恐怖のあまりに失禁してしまう。

そこを27は、顔面で掃除させる暴行で追い込んだ。

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。1巻

 

 

それがとある一日の、レッスンと言う名のイジメだった。

 

 

土砂降りの雨の中、今にも死にそうな顔をしながらずぶ濡れになって帰路を歩いている31は、透けブラしているのも気にせず、27が率いているユニット「ポルムン」がテレビで活躍しているのを観て、悔しさで涙が止められなくなった。

 

プロデューサーもスキャンダルを恐れてイジメが本当でももみ消すと言っている今、それでも怒りを抑え、同じグループに所属しているメンバーからのイジメを止めてもらう方法を考えていた。

 

 

 

そしてカランドリエ31人でのライブが終了した直後の舞台裏で27に、今までのイジメシーンの録画をマスコミにリークすると脅して、イジメを止めてもらおうとした。

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。1巻

 

 

27は意外とあっさりイジメは止めると答えながらさり気なく道具箱を漁り、手にしたハンマーで31の頭をぶん殴った

 

走る衝撃、飛び散る血

 

最早自分が気に入らないもののためなら殺人さえ厭わなくなった27は、以前にも気に入らない奴を自殺に追い込んだことがある生まれながらの畜生で、その事件は業界の隠蔽体質で闇に葬り去られていたのだ。

 

 

いきなりぶん殴られ、蹴り倒され、クソブス呼ばわりされた31は、あまりの理不尽さに生きたいと願う気力が沸々と湧き上がり、気づけばバールを握りしめて反撃を繰り出していた

 

その一振りは見事に27の二の腕の肉を抉り落した

 

 

激痛に絶叫する27を見下ろした31は秘めたるSっ気を開花させ、じっとりと股間を湿らせた

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。1巻

 

 

相手が痛がってひーひー喘いでいる姿がとても滑稽で、楽しくておもしろくて、あれだけ調子こいていた27なんてもう怖くなく、二、三発バールを顔面にぶち込めば、命乞いする無様な姿を晒してくれる。

 

31は美少女を誇りにしていた27の顔が歪んでいくのが楽しくて仕方なく、ほいほい殴って股間も踏んづけてやった。

 

すると27は本気で足に縋り付いて命乞いを始め、本当は31の顔に嫉妬していたからイジメちまったと白状し、土下座で許しを乞うてきた。

 

 

31は思わぬ真相と懺悔に驚くも、その言葉が聞けて良かったと答えた。

 

そして、容赦なく脳天をかち割って脳漿をぶちまけさせ、止めを刺した。

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。1巻

 

 

 

27のグロい姿を見た31は心から笑えてくる自分に気づいた

 

やられたことをやり返すのがこんなに簡単だと分かった31は、残りの29人にも然るべき報いを受けさせることを決意したのだった。

 

 

次の標的は27と同じポルムンに入っていた一人、30だった。

 

30は直接暴行を加えてきた訳ではないが、口から出まかせで周囲を煽る策士で、31が半裸で腹パンを食らわされまくった時も、27の後ろでほくそ笑んでいた小市民で実力もない小判鮫タイプだった。

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。1巻

 

 

31は30を地獄に突き落とすその時のことを考えると、今から顔が火照って仕方なかった。

 

 

27が暴露した通り、27がぶち殺された事実は上層部が隠蔽し、マネージャーやポルムンのメンバーには何者かに暴行されて引退を余儀なくされたとだけ伝えられた。

 

これから成り上がろうと考えていた30は中心メンバー27がいなくなってポルムンの活動も休止だと言われるが、簡単には受け入れられなかった。

 

その直後、とある理由で31が27を暴行した犯人かも知れないと見抜き、お得意の口から出まかせで31をひと気のない廃ビルに誘い込むことに成功した。

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。1巻

 

 

31の自殺を目の当たりにした自分は悲しみに暮れるが、それでもステージでは笑顔を絶やさず志半ばで命を散らした友でありライバルの31の分まで頑張っている。

 

そんな流れでマスコミが騒いでくれることを想定し、ついに自ら手を下して31を突き落として殺害しようと企んだ

 

 

そんな浅はかな考えなんて、当然31は看破していて、背中を押しに来たところをひらりと躱してやった。

 

だが、逆に勢い余って落ちかけた30を助けた。

 

そしてまだ必死にごまかそうとする30に27のグロ画像を見せてあげ、ゲロを誘発させたのだ。

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。1巻

 

 

30は自分がしてきたことを棚上げして人殺しまでやらかしたことを非難しまくるが、自分がイジメに加担していた動画を見せられると、アイドル人生が終わるかもしれないことにぐうの音も出なくなった。

 

 

腹パン、首絞め。

 

31はその恨みを晴らすべく、無抵抗になった30の制服を捲り、渾身の一撃をみぞおちに叩き込んだ。

 

女子の一発と侮るなかれ、30はとてつもない衝撃に失禁しながらまたゲロをリバースしてしまった。

 

31が容赦なく今まで殴られた分と蹴りもプラスしてボコボコにすると、30は恍惚の表情にも見えるアヘ状態で気を失った。

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。1巻

 

 

しかしまだ31の復讐は終わっていなかった。

イジメカエシを読むならこちら