ガイシューイッショク18話
ネタバレ感想

ガイシューイッショクの漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、ネタバレ、感想、あらすじ、エロ画像、結末、無料で読む方法を紹介。

 

ミチルの態度は相変わらず酷いまま、同居している部屋に漫画編集者の石井がやって来て、妙な生活をしていることがバレる。

その出会いで嫉妬が芽生えた小森は自分のことをどう思っているかミチルに訊くが、向こうの中では勃起し易い人程度の認識。

週一の勝負を彼女から挑んでくるならば、ただ気持ち良くなりたいだけに違いないと思った小森は、石井と打ち合わせの電話をし始めた彼女に、そっと忍び寄った…

 

18話

ミチルが電話している相手は担当の石井。

 

いきなり後ろに立たれたミチルが驚いて振り返ると、真剣な顔つきの小森が当たり前のように胸に触ろうとしてくるので、彼女は咄嗟に肘でガードして、一先ず通話を消音に切り替えた。

 

 

勝負をすると言っても、今は仕事の打ち合わせ中。

 

そんな時にも構わず触ろうとしてきたある意味常識のなさを、ミチルは怒りを込めて罵った。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2019年5号

 

 

しかしもう止まれなくなっていた彼は、自分との勝負の方が先だったなどと子供みたいな屁理屈をこねくり回し返す。

 

全く筋が通っていないめちゃくちゃな話だが、彼はミチルの負けず嫌いなプライドを刺激することで、通話しながらのペッティングを実行しようとゴリ押す。

 

触られると感じてしまうなんて認めるわけにはいかなかったミチルは訳の分からない理屈でも受け入れてしまい、通話をスピーカーに変えた。

 

しかし、必ず勝利する気合を込める意味でも、彼を軽く脅しつけた。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2019年5号

 

 

 

急に繋がらなくなったことを石井は心配するが、ミチルは特に何もないときっぱり。

 

まるで路傍の石扱いされた彼のプライドはまた傷つき、本当に何事もなかったように打ち合わせを再開するミチルの背中を睨みつけた。

 

 

何ページ目の何コマ目がうんたらかんたら。

 

無視を決め込むミチルの背後ににじり寄り、既に半勃起程度に膨らんでいる股間が当たらないよう、手を伸ばした。

 

ミチルはおっぱいを揉むシーンについて石井と話し合っている。

 

大きさの強調、輪郭の分かりやすさ。

ミチルがメモを取りながら話を進めている後ろで、彼は胸を好き放題揉み、下半身にもいやらしく手を伸ばしていく。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2019年5号

 

 

Tシャツの中の水着。

水着を脱がせた布越しの乳首。

布越しの乳首はあえて描かず、イク寸前に露出させて盛り上がりを強くする。

 

そういう狙いの方がいいと思うと石井が編集者らしく的確にアドバイスしているその時、一番敏感なところに触れられたミチルはメモを取るのも難しくなり、ついに怒りを声に出した。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2019年5号

 

 

自分がクソ呼ばわりされたと勘違いした石井が作家相手の手前、穏やかに笑って譲歩する姿勢を見せるので、ミチルは慌てて鬱陶しい虫がいるのだとごまかした。

 

しかし、明らかに声が途切れ途切れでおかしく、声音もを帯びているのは隠し切れない。

 

下着越しの手マンでもう愛液が滲み出していたミチルの陰部からはいやらしい音を発し、ついに粘ついた分泌液が彼と指の間に糸を引いた

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2019年5号

 

 

ぴちゅぴちゅという音が止まなくなり、共に興奮が加速していく二人。

 

彼は嗜虐心も込みあげ、いやらしい音が石井さんにも聞こえるぞ~と耳元で囁いた。

 

直後、ミチルは「あっ」と小さく喘いだ。

 

するとすぐさま大きい声を出して石井との打ち合わせを気合で再開し、喘いだのをなかったようにした。

 

当然、ミチルの声が急に大きくなったことを石井は訝しむが、彼女は普通の声量だと言い返して的確なごまかし方をする余裕もない。

 

彼も彼でミチルの喘ぎ声を確信できてはいなかったが、クリ責めを継続しながら服の中に片手を侵入させ、ブラの中に指を差し込んで生乳を揉み始めた。

著者名:色白好 引用元:ビッグコミックスペリオール2019年5号

 

ライブチャット