「ラストギアス」ネタバレ最新2巻。覚悟の挿入!フェラとクンニでイカせ合うしかないドロドロの三角関係!

ラストギアス2巻
ネタバレ感想

ラストギアスの漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、ネタバレ、感想、あらすじ、エロ画像、結末、無料で読む方法を紹介。

 

幼馴染みの立夏の誕生日に本をプレゼントした草太。

しかしそれは悪魔ゼパルの呪いがかけられた物で、立夏は事あるごとに発情してしまう呪いをかけられてしまった。

彼は大好きな立夏と呪いを分かち合うことにしたが、立夏の親友の雨水真琴もゼパルに誘われてしまうのだった。

 

ラストギアス2巻

いつしかお互いに惹かれ合うようになった草太と立夏。

 

呪いをかけられたことがきっかけで付き合い始めても、立夏が毎朝起こしに来るのは今まで通り。

 

でも、彼の朝勃起を嬉しそうにいじってくるのは発情しているからで、彼も精力満タンな朝に愛撫されたらし返さないわけにはいかなかった。

著者名:高橋脩 引用元:ラストギアス2巻

 

 

一緒に登校するのに、お互い行ってきますのチュー

 

朝からラブラブで彼も立夏と付き合っているのを隠さなくなったが、彼女も彼に素直に甘えるようになった。

 

発情を抑えるには、彼の精液を飲めば数日間は我慢できるらしい

 

だから昼休みの屋上で人目を忍びながら急いでフェラしてごっくんするのも躊躇わず、立夏は次第にテクニックも上達していた。

 

呪いは解かなければならないが立夏に挿入すれば死んでしまうし、二人はお互いにしばらくこのままでいようと考えていた。

 

 

 

6月に入ったところで、彼は立秋先生の補修に引っかからないために図書室で立夏に勉強を教えてもらっていたのだが、やっぱりどちらかの部屋で二人きりでいるのと同じように甘い雰囲気に。

 

手が触れただけで我慢できなくなった二人は、図書室の隅で激しく舌を絡め合っていく

著者名:高橋脩 引用元:ラストギアス2巻

 

 

しかし、油断しすぎて彼は雨水に見られているのに気づくのが遅れてしまった。

 

 

 

翌日、雨水が学校を休んだのを気にしながら家に帰ると、なぜか彼女が訪ねて来ていて母親に上げてもらい、部屋で待ち構えていた。

 

雨水は立夏と同じあの本を持っていた。

 

それを彼に見せるや否やいきなり抱きついて押し倒し、立夏にしたよりも激しくキスして欲しいとおねだりしてきた。

 

あの本屋に行き着いてしまった雨水はゼパルの甘言に惑わされ、立夏の本とそっくりな一冊を譲られていたのだ。

 

そして図書室で彼と立夏のキスを見た後に本を開くと、彼とエッチなことがしたいという欲望が抑えられなくなった。

 

彼も立夏と同じ変化だと分かっても、あの真面目な雨水に揉んでと囁かれたら、形のいい美乳を揉まずにはいられなかった。

著者名:高橋脩 引用元:ラストギアス2巻

 

 

理性を取り戻してもキスで押し切られそうになると、とにかく一度イカせて元に戻そうと考え、押し倒し返して下着の中に手を突っ込み、ぐちゅぐちゅと手マンで責め立てる。

 

敏感になっていた雨水はあっと言う間にビクンと絶頂に達したが、彼は立夏以外の女子の身体を触ったことへの妙な気持ちに襲われた。

著者名:高橋脩 引用元:ラストギアス2巻

 

 

 

正気に戻った雨水は「初めてだったのに」と明かしてそそくさと帰ろうとするので彼は追いかけ、本のことを訊ねた。

 

逆に何を知っているのか訊かれた彼は、自分たちの身に降りかかったことを打ち明けた。

 

雨水は呪いだけじゃなく、彼と立夏が好きで付き合っているのを確かめると、二人の関係を壊すつもりはないし、風紀委員としていやらしいことなんて考えないから大丈夫だと伝えた。

 

 

しかし、彼と別れてすぐ、どうしようもない疼きに襲われて下着を濡らしてしまっていた。

著者名:高橋脩 引用元:ラストギアス2巻

 

DUGA