ギャグ・コメディ その「おこだわり」俺にもくれよ

その「おこだわり」俺にもくれよ!!1巻のこだわり感想

更新日:

おこだわり」を調査・実践するマンガ

著者の清野とおるが自ら「おこだわり人」と接触し、彼らの未知の世界へ
踏み込んでいく、人の心理を探求するサイコロジカル・アドベンチャー。

共感できそうなものから、こいつアホちゃうかと思うものまで
バラエティに富んだ「おこだわり」はこちら。
一つずつ感想などを添えて。

 

 

[ad#co-1]

 

 

「ツナ缶の男」
ツナ缶は小学校の給食以来食べていないかも知れない。
酒のつまみという発想はなかった。買い物でも視界にさえ入っていなかった。
我が家にツナ缶を食べる文化はなかったのである。

「寝る男」
私も、いつか見つかると信じている。完璧にフィットした枕が・・・

「アイスミルクの男」
私は牛乳というものを憎んでいます。

「ポテトサラダの男」
これまたポテサラをつまみにする発想がなかった。金麦に乾杯。

 

 

 

 

 

 

 

「ベランダの男」
そこらへんの小汚いアパートのべランダで寝るなんて考えられない。
狭苦しいし、室外機の存在が嫌だ。

 

 

 

 

 

 

 

「白湯の男」
じじいか!じじい化。

「帰る男」
分からなくはない。でも疲れてる時にしたくない。
早く帰ってゆっくりしたい。最早不審者。見つけたら通報だ。

「内ポケットの男」
内ポケットに香りを忍ばせる。オシャレ過ぎやろ!

「さく男」
チーズも牛乳同様憎んでいます。

「コンソメパンチの男」
関西だししょうゆもご賞味下さい。

試し読みはこちら

 

[ad#co-1]

 

-ギャグ・コメディ, その「おこだわり」俺にもくれよ
-,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.