もっと喘いで!潜入捜査官はセックスもお仕事です

もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です
ネタバレ感想

モティカのもっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事ですのエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

美人で巨乳で、少し近寄りがたい雰囲気がある雷土は、後輩と夫婦のフリをして麻薬捜査を行っていた。

新婚夫婦に扮してアパートの一室で住み込み捜査を始めて数カ月。

やっと密売組織を根絶やしにできそうなチャンスが訪れたが…

おすすめエロ漫画はこちら

 

もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です

後輩の野間が食料を買い込んでアパートに帰ると、出迎えた雷土はスカートスーツにエプロンという、なんともそそる格好だったが、両手いっぱいに買い込んできたのを見て呆れて溜息を洩らした。

 

ただ、それも昨日雷土が塩と砂糖を間違うという、初歩的なミスをしたおかげ。

 

そうして玄関先でわちゃわちゃしていると、お隣のおっさんが出て来て新婚夫婦の微笑ましい痴話喧嘩をからかった。

もっと喘いで!潜入捜査官はセックスもお仕事です

著者名:モティカ 引用元:もっと喘いで1巻

 

 

だから雷土は咄嗟に野間の腕にしがみつき、彼が代わりに重たい物を買ってきてくれる優しい夫なのだとアピール。

 

野間も野間で雷土を料理が上手な妻だと褒め返し、そそくさと部屋の中に戻った。

 

 

そして雷土は、偽装夫婦をしているのに相変わらず「先輩」と呼んだことを注意した。

 

野間が聞き分けよくしゅんと項垂れるものだから、雷土は思わず優しいフォローを入れたくなるがグッとこらえ、自分が理想とする仕事ができる先輩を演じ切った。

もっと喘いで!潜入捜査官はセックスもお仕事です

著者名:モティカ 引用元:もっと喘いで1巻

 

 

直後、隣の部屋に男が戻った音がイヤホンに届いた。

 

麻薬潜入捜査官の雷土は、隣室で大麻が栽培されていることまで調べ上げ、元締めを捕えるために野間と組んで情報を集めていたのだ。

 

 

野間はこの部屋で偽装夫婦として缶詰になってから3カ月も経つのに、彼氏が許してくれることに驚くと、雷土は照れながら理解ある彼氏だからと答える。

 

しかし、彼氏がいるというのは見栄を張った嘘だった。

 

 

そしてこの日の夜、ついに密売ルートの仲間が隣室を訪れ、取引の詳細を伝える会話をキャッチした

 

 

ただ、元々ボロくて壁も薄いこのアパート。

 

密売人たちは隣に新婚夫婦が住んでいる割には、全くヤっている声も音もしないのはおかしいとゲスな勘繰りをし始め、美人で巨乳で尻もムッチリ安産型でヤリ甲斐たっぷりなのにといやらしい笑い声を漏らす。

 

そして、もしかしてマトリじゃ?と疑いを伸ばした。

 

どうすべきか雷土が考えを巡らせていると、一人焦りを堪え切れなくなった野間は捜査のためだと言って後ろから抱きつき、顔を近づけていく。

 

後輩が覚悟を決めて真っ赤な顔を近づけてくるのに触発された雷土も決意、自分から唇を合わせた

もっと喘いで!潜入捜査官はセックスもお仕事です

著者名:モティカ 引用元:もっと喘いで1巻

 

 

すると野間は単に興奮して舌を挿し込んだ

 

雷土はベロチューの気持ち良さを知ってトロンとし、乳首を抓まれるとビクンと体が跳ねて、普段のクールで厳しい彼女からは想像できない、エロ可愛い喘ぎ声を漏らした。

 

薄い壁を通り抜けて、密売人たちが雷土の喘ぎ声に気づいたのを、二人も盗聴器から聞き取った。

 

 

野間は壁に押し付けて雷土のシャツのボタンを外して暴力的な巨乳をさらけ出させ、スカートを捲り上げて下着の中に手を挿し込み、クチュクチュと指でいじっていく。

もっと喘いで!潜入捜査官はセックスもお仕事です

著者名:モティカ 引用元:もっと喘いで1巻

 

 

密売人たちがしっかり聞き耳を立てているのを確認しながら、野間は敏感なところに指を擦りつけ、首筋から乳首へと舌を這わせる。

 

舐められるとより大きな声が恥ずかしげもなく出てしまう雷土。

 

すると密売人たちも完全にお預けを食らわされ続けた新妻がよがり喘いでいるものだと信じるも、まだ盛り上がりが足りないことにマトリかも知れない疑いを捨てきっていない様子。

 

野間はまずいと思い、より激しく指を動かし、愛液の音をどんどん立たせて手マンしまくった。

もっと喘いで!潜入捜査官はセックスもお仕事です

著者名:モティカ 引用元:もっと喘いで1巻

 

 

雷土はただ手マンされて感じさせられるまま、はしたない喘ぎ声を上げ続けた

 

そして野間が雷土の中からぬるぬるになった指をにゅぽっと抜き、彼女が乱れる息を整え始めたところで、密売人たちはソープにでも行こうと言って、部屋を出て行ったのだった。

 

 

 

野間は雷土の彼氏に悪いと思って謝るが、そんな相手はいない彼女は仕事だからと答えた。

 

すると野間は、全く公私混同しない彼女を更に尊敬したが、雷土は…

もっと喘いで!潜入捜査官はセックスもお仕事です

著者名:モティカ 引用元:もっと喘いで1巻

 

 

 

そして翌朝、隣に住む密売人があけすけに昨夜の声が聞こえてきたことをからかってくるので、二人はラブラブ夫婦を装い、逆にうるさくしたことを謝った。

もっと喘いで!潜入捜査官はセックスもお仕事です。を読むならこちら