人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ
ネタバレ感想

人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダのエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

出張が多い夫の貴志は家を開けがちで、寂しさを感じていた妻の沙耶華。

また出張に出かけた夫を見送り、家に一人で寂しさを募らせながら、それでもラブラブメールでも送ろうと思った直後、悪夢が始まった…

おすすめエロ漫画はこちら

 

人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ

また家で一人きりになったある日、宅配便が届いたので普通に玄関を開けて受け取ろうとした。

 

しかしそれは業者を装っただけの男で、受け取ろうとした沙耶華を押し倒して服を捲って張りのいい巨乳をさらけ出させ、逃げようとする彼女のスカートも捲り、お尻側から手を突っ込んで激しい手マンをし始めた。人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ~

 

 

大きくぷるんとした張りのあるスベスベのお尻

 

強姦魔の手マンでもすぐに感じてしまった沙耶華の中から愛液が分泌し、男は早々にバックで突き入れ、弾けるような尻に打ち付けていく。

そして素早くピストンし、生中出しして逃げて行ったのだった。

 

 

沙耶華は恐怖と絶望に泣き暮れ、貴志に助けを求めようとしたがレイプされたなどと打ち明けることができないでいるうち、ベランダ方向から撮られたさっきの強姦写真が送られてきたのだった。人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ~

 

 

そして翌日、手紙と挿入しやすいように穴が開いたエロ下着がポストに入っていた

 

 

夫にバラされたくなければ指示に従えと書いてある手紙に抗えなかった沙耶華はエロ下着をつけ、手紙の指示通りにスーパーでバレバレの万引きをし、事務所に連れて行かれた。

 

そこでスカートをたくし上げてエロ下着で丸見えのあそこをさらけ出し、店長を誘惑して許してもらおうとした。

そして指示通り、店長に犯されたのだった。人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ~

 

 

 

ほんの数日で二人の他人に犯された沙耶華は、夫への電話でも元気でいることを繕い、思い出しては泣き腫らした後、今度はスーパーの事務所内で店長とヤっている写真が送られてきた。

 

それは、場所やアングルを考えたら明らかに監視カメラの映像だった。

 

 

翌日、玄関のドアノブにかけられていた袋の中に入っていたのは指示が書かれた手紙と胸が零れ落ちそうでパンツも見えそうな露出たっぷりの服だった。

 

沙耶華は指示通りに、痴漢が多いので有名な路線の通勤ラッシュに乗り込むしかなかった。

そして願いも空しく、早々に後ろから股間をまさぐられていやらしく手マンされ始めた
人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ~

 

 

すると今度は別の手が胸を揉んでくる

 

手マンしてくる手が下着をずらして膣の中に突っ込んでくると、また別の男が回りを取り囲み、見られないよう連携プレーを開始。

 

最早何人痴漢がいるのか分からなくなった頃、生乳を放り出されて揉みしだかれ、カーブで車体が揺れたのに合わせて生挿入されてしまうのだった。

 

しかし一発では終わらず、入れ替わり立ち替わりで痴漢集団に中出しされまくった
人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ~

 

 

やがて駅に着き、フラフラとホームに出た直後、出張に行っているはずの夫らしき後ろ姿を目撃したのだった。

 

 

 

結局夫らしい人影を見失った翌朝、ポストには痴漢たちに弄ばれた盗撮写真が入っていた。

 

 

電車の中にいたはずの犯人の目的は何なのか?

夫の貴志が犯人なのか?

 

 

精神的にどんどん追い詰められていったその時、チャイムが鳴った。

 

だが誰もおらず、またドアノブに袋がかけられていて、次の衣装と指示の手紙が入っていた。

 

 

翌日、沙耶華は高校の頃に水泳部の部活仲間と通っていたスイミングスクールに赴き、泳げないフリをして男性トレーナーにしがみついて胸や股間を押し付け、自分の身体も触らせて誘惑していく。

 

競泳水着がはち切れそうな巨乳に触れたトレーナーが水中勃起しているのに気づいた沙耶華は、自ら更衣室に誘った。

 

そして水着を着たまま興奮したトレーナーに好きなように身体をいじられ、しゃぶらされ、バックで荒々しく突っ込まれた。
人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ~

 

 

その時沙耶華は、初エッチもこの更衣室だったことを思い出した。

 

直後、泳げない「フリ」をしろと指示してきたならば、犯人は自分が問題なく泳げるのを知っているんだと気づいた。

 

つまり、高校で水泳部に入っていたことを知っている人物に限られる

 

 

もしかして当時の彼氏かもと思って今どうしているか共通の友達に訊いてみたが、彼は仕事で海外にいるらしいと分かった。

 

 

対象が絞られても当時の彼氏以外の見当がつかないまま、今度は呼び出された場所でホームレスの二人組に犯された

 

その次は、子供の頃からお使いに行っている八百屋の店主を誘惑させられ、今はもうお爺ちゃん世代の店主に犯された

しかも本来店が開いている時間にシャッターを閉めただけの売り場で犯されたせいで、常連客が揺れるシャッターや変な声が聞こえるのを不審に思い、シャッターを開けてしまったのだ。

 

それで沙耶華は、挿入された格好のあられもない姿を顔見知りの人たちに見られてしまった
人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ~

 

 

 

変態人妻という噂を流された沙耶華はついに、性欲で生きているチンピラたちのまさにヤリ部屋に拉致までされることに。

 

そこでドロドロぐちょぐちょになるまで輪姦されまくる沙耶華。

何かしらの権力を持っているヤリマンビッチ女

そして、繰り返される拉致
人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ~

 

 

果たして、沙耶華を追い詰めていく犯人の正体は…

 

 

感想

人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダでした。

人妻、凌辱、レイプ、痴漢、水着にエロ下着に青姦に顔見知りに目撃される辱めと、ハードな要素が多くて好きな人は好きなプレイ盛りだくさんの中、サスペンスミステリー要素が結構良かったです。

この流れなら夫が犯人で、実は過去に何かしらの恨みを沙耶華に持っていた、とかが定番でしょうが、実際は誰で目的は何なのか…

人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダを読むならこちら