左門くんはサモナー ギャグ・コメディ

「左門くんはサモナー」ネタバレ7巻51話感想。てっしーのキス顔いただきました!!!!!!

更新日:

左門くんはサモナー51話ネタバレ感想

先週のバトル展開の余韻を全く引きずらず、今回は完全なラブコメ回をお送りいたします。

恋愛暴力モンスターヤーさんの活躍を、程々にご期待下さい。

 

 

結局武力要員・・・

あだ名が淫魔の人と、適度に交流を続けていたてっしー。今日は仕事のヘルプではなく、プライベートのヘルプを頼まれた。カス虫にもヘルプを頼むが一蹴される。自分が腐った鮭だから仲間を作りたいのかも知れない。

 

溜息ついてどないしよと思っていると、背後に恋愛モンスターがいた。

 

血湧き肉踊る

 

 

[ad#co-1]

 

 

もちろん相手は悪魔連中だった。Pは一旦お休みのようだ。

 

幸か不幸かお互い見知っているので、軽く挨拶を交わす程度に止めるが、引きニートのキャパシティは既に崩壊していた。

 

バイトは思う。ニートの気持ちは分かると。自分も人間界に転生したこの天使に惹かれているのだから。しかし、悪魔と人間という立場の違いを考えて、自重してしまうのが長所であり歯痒いところでもあった。いや、ただ守りたいんだ。この笑顔を。

 

そんな思いも、上司にはバレバレだ。ニートに気を使ったりせずに、ガンガン行こうぜに作戦を変更させられそうになり、戦略展開がピンク色に染まっていく。

 

キス顔いただきました。ネビキ!

 

今日はカスフルの二人がいないので、平和な時間を過ごせると思ったら大間違いだった。彼らのことを考えると、たちどころに現れるのだ。

 

全ての男性に疎まれているインフルババア。やっぱり見た目より中身を重視しなくちゃね

 

カス虫が来て空気が桃色片思いから泥色きな臭いに一変。アガっちはネビを応援しようと、部下の真面目さ誠実さをてっしーに聞かせるが、そこを逆手に取るカス虫。

 

ついでにてっしーのウィークポイントを抉る

 

淫魔の人が空気を変えようと、王様ゲームを推奨。反撃はこっからやでと、ネビは上司の能力でイカサマをして、空気になりかけていた暴力モンスターの力を借りることに成功する。

 

たった一回きりの王様ゲームが滞りなく終了して、なんか懐かしいフィーリングカップルがドンドンパフパフと始まっていく。見事カップル成立なら熱いキスが待っている。

 

この機を逃せるはずのないオス3匹。

 

ニートは喜びのあまりむせび泣いていた。おめでたい脳内環境で羨ましい。

 

しかし、てっしーが誰を選ぶかは未知数だ。ニートかも知れないし、ネビの可能性もある。
はい、横からのキス顔いただきました!

 

だがデジタルウイルスババアが、男達の希望を打ち砕いた。カス虫が誰を選ぶのか気になるところだったが、一番はヤーさんの好みが気になる。

 

うやむやのまま終わってしまって残念なネビ。そこにてっしーが、私はネビを選んでましたよと躊躇いなく告白する。だってネビは無害そうだから

 

女子高生に欲情した自分を恥じる悪魔。大人の夜はこれからだ。

 

 

感想

左門くんはサモナー51話でした。

緊張感のあるラブコメ回でしたね。ヤーさんの出番が相変わらず少ないのは残念ですが、てっしーのキス顔を拝めたので、もう言うことはありません。

 

[ad#co-1]

 

-左門くんはサモナー, ギャグ・コメディ
-, ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.