DUGA

ドメスティックな彼女
227話228話229話ネタバレ感想

ドメスティックな彼女のエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

合コンで出会った海咲に部屋に居つかれた夏生は、彼女が薬をやっているのを知って止めさせようと動き出した矢先、元締め半グレグループに拉致されてしまう。

しかし、元ヤクザのマスターの助けもあり、半グレは壊滅。

海咲は人生を再スタートするべく、ついに警察に足を向けたのだった。

 

227話

夏生に別れを告げ、アメリカに戻ったルイ。

 

今日はダニエラと一緒にジムのプールで一泳ぎしていたが、一足先に上がり、シャワーで塩素臭いプールの水を洗い流していく。

 

運動後のシャワーですっきりできるはずなのに表情は物憂げで、ダニエラの覗きを怒る勢いもなかった。

著者名:流石景 引用元:少年マガジン2019年20号

 

 

リフレッシュできたと答える声も元気がないので、ダニエラは好き同士なのに別れる意味が分からないと、友の恋の決断に不満気。

 

ただルイはそれでも、別れなければもっと苦しみ続けると思っての決断だった。

著者名:流石景 引用元:少年マガジン2019年20号

 

 

 

ジムから出てこれから買い物でも行こうと話したその時、タイミングよくアメリカに来ているアルから連絡が届いた

 

スカイプで話したあの金髪ガイだと聞いたダニエラはテンションが上がり、うちに呼べばいいと言い出した。

 

 

喜んでお誘いに乗ったアルは、ルイを見るなりいきなりハグ。

 

夏生に悪いと思いながらもまだワンチャン狙っているアルはもじもじするが、ルームメイトと暮らしているからか、ルイにそのつもりは全くなかった。

 

 

アルは英会話教室の短期留学プランの引率で来ているらしく、今は自由時間。

 

ルイとダニエラに挟まれて楽しもうと思っていたその時、新たな訪問者が。

 

それはルイへの好意を素直に出せない梶田で、野菜を買い込み過ぎたからおすそ分けという理由を作ってやって来た。

 

そしてアルを見るなり「そいつ」呼ばわりして誰だと質問。

一瞬で敵対視したアルは勝手に彼氏代行と名乗って牽制。

梶田も一番近くで働いている同僚だと名乗って牽制。

会って1分も経たないうちに、ルイを巡ってバチバチ火花を散らし始めた。

著者名:流石景 引用元:少年マガジン2019年20号

 

 

これからランチをするならと梶田が率先してキッチンに向かうと、料理もろくにできないアルが対抗して手伝いを申し出るが、ルイとの連携に嫉妬を丸出したり、お約束で指を切ったりと役に立たず。

 

それでも出来上がったルイの料理を真っ先にかっこんで褒めまくってアピールするが、そうとは知らずに梶田の料理も褒めて一瞬ストップ。

 

その後に無理やり貶すという、小学生みたいなしょーもない意地を張る。

 

そして日本でルイに手料理を作ってもらった話を持ち出して優位に立とうとすると、梶田は日本にいる頃より腕をあげたルイの賄いをしょっちゅう食っていると言い返し、また火花を散らし合う。

著者名:流石景 引用元:少年マガジン2019年20号

 

 

ただ梶田の好意に気づいてないニブチンのルイは、張り合う理由なんてないでしょと自覚のない棘を刺す。

 

そこで梶田が落ち込むとアルがすかさず追い打ちをかけ、ダニエラが的確な一言で争いを締めた。

 

 

 

お腹いっぱいになったところで外まで見送りに来てくれたルイにアルは、夏生が羨ましいがあの梶田が近くにいると思うと不安でしょうがないだろうなと、男目線の感想を伝えた。

 

そこでルイはもう黙っていられず、別れたことを白状したのだった。

著者名:流石景 引用元:少年マガジン2019年20号

 

 

嫌いになったわけではないが、苦しみたくないから別れたと話すルイの言葉を、梶田は階段の上で盗み聞いていた。

ドメスティックな彼女を読むならこちら

DUGA