オタくんとギャル子ちゃん
ネタバレ感想

オタくんとギャル子ちゃんのエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

ヤリ男に誘われて、渋々参加した合コンだったけど、やっぱり根暗には馴染めなくて居心地最悪。

それでも、清楚で可愛い子が来てくれたので、眼福眼福。

ただもう一人が、一番苦手なギャルという人種だった…

おすすめエロ漫画はこちら

 

前編

非リアでオタクでパッとしない僕。

 

清楚なユル子さんは可愛くてそこはかとなくエロくて最高だけど、もう一人が下ネタ全開で服装も露出しまくりでおしとやかさの欠片もないギャル子なもんで、居心地は最悪だった。
オタくんとギャル子ちゃん 前編

 

 

しかも、ヤリ男はユル子と抜け出して、今頃パンパンヤっている頃。

 

当然、苦手なギャル子と置いてかれて楽しいはずがない。

 

そう思ったけど…

前編を読むならこちら

 

中編

何だかよく分からないうちに、ギャル子とラブホにインしていた。

 

酔っぱらってテンションアゲアゲのギャル子は先にシャワーを浴びに行き、まさにヤル気満々な雰囲気。
オタくんとギャル子ちゃん 中編

 

 

だと思ったら、彼が浴びて出ると、布団を被ってスヤスヤ寝ちゃっていた。

だから彼は、流れで童貞を奪われずに済んで助かったと思ったけど…

中編を読むならこちら

 

後編

眠っていたフリで、彼が野獣みたく求めてくるのを期待していたギャル子。

 

覚悟を決めて、大胆な騎乗位で彼の童貞を飲み込もうとするギャル子だったが、実はビッチに見えて純情な処女乙女だった彼女。
オタくんとギャル子ちゃん 後編

 

 

どうして、今日出会ったばかりの彼に処女を捧げようとしたのか語り出すギャル子の話に、彼はあるボランティア活動をした時の記憶を思い出した…

 

 

感想

オタくんとギャル子ちゃんでした。

基本的にユル子パートの方が激しいエロシーン多めで3P4Pもありですが、ギャル子の不器用なアプローチからのロストバージンまでの流れは良いものでした。

ビッチ風純情ギャルなら、重めの愛もそこまで重く感じなさそうです。

後編を読むならこちら