「不倫セックスするしかなかったの…」無料エロネタバレ。ゲスな大家に熟れた身体をささげた柔らか巨乳の人妻

不倫セックスするしかなかったの…~ゲスな大家に熟れた身体をささげて
ネタバレ感想

不倫セックスするしかなかったの…~ゲスな大家に熟れた身体をささげてのエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

JKや人妻でその名を広めたbig.g最新作は、熟れ頃人妻の寝取られモノ。

慎ましい暮らしから何とか再起を図ろうとしていた夫婦は、何も知らないまま悪魔の甘言に誘われてしまう…

おすすめエロ漫画はこちら

 

不倫セックスするしかなかったの…ゲスな大家に熟れた身体をささげて

まだ子供がいない一組の夫婦がいた。

 

夫は突然リストラされ、二人とも両親が鬼籍に入っていて頼れる親戚もおらず、再就職が決まらないうちに預金も底をつき、借金だけが増え、絶望感に包まれていった。

 

そんなある時、夫の知り合いでスーパーや不動産など手広く経営している権田という男が手を差し伸べてくれ、妻の知美はスーパーで雇ってくれ、アパートまで格安で住まわせてもらえることになった。

 

 

地獄に仏とはまさにこのこと。

 

知美が少しでも稼いでいる間に夫は就活に励んだが、このご時世、なかなか決まらずに数カ月が経った。

 

そうして生きていくだけで精一杯で家賃を滞納してしまうと、そろそろかと言うばかりに権田が本性を現し始めたのだった。
表紙

 

 

大家で仕事も世話しているという立場を利用し、知美に家賃の代わりに身体を差し出せばこれからの生活も保障すると持ちかけてきたのだった。

 

 

初めから知美狙いだった権田は話を持ちかけるなり壁に押し付け、少し地味でも清潔感あるブラに包まれたやわやわな巨乳を揉みしだき、無理やり唇を奪った。

 

知美は振り払って逃げようとするが、だらしなく中途半端に太った身体に組み伏せられて口を押えられ、誰のおかげで生活できているんだと凄まれ、恐怖に身体が震えた。

 

完全に退路を断たれてしまった知美は夫への罪悪感に苛まれながら、汚らしくも力強い手に生乳を揉みしだかれる。

 

遠慮も気遣いもなく掴まれ、揉まれ、吸われ、下着の中に手が入って膣の中に指がねじ込まれてかき回されていく。
表紙

 

 

権田の発情は止まらず、知美の下着を剥ぎ取って怒張したものをあてがうと、彼女は夫とは比べ物にならない大きさに恐怖と期待を抱いた。

 

そして根元まで一気に突っ込まれ、未経験の大きさと硬さに頭がクラクラした。

 

 

この時のために偽りの優しさで近づいた権田はねっとり腰を打ちつけながらまんぐり返し、パワフルに駅弁体位でも突き上げ、散々弄んだ。

 

最後にたっぷり体中にぶっかけると、一か月分の家賃領収書を事務的に渡し、体液まみれの知美を廊下に放置してさっさとお暇したのだった。
表紙

 

 

滞納している家賃はあと二か月分あった。

 

 

 

何事もなかったようにスーパーで働き続けていた知美はある日、権田に倉庫に呼び出されて行ってみると、気持ち悪い壁ドンで追い込まれ、一か月分を払えと迫られた。

 

もちろん生活費と借金返済でそんな余裕がないのが分かっていて訊いた権田は、身体で譲歩してやると嘯き、自分の店の倉庫で後ろから服を捲り上げて乳房を露わにし、尻に勃起を擦りつけながら揉みしだいていく。

 

忙しそうな店内放送が聞こえる中、知美は一カ月ぶりの強姦で巨根を咥えさせられ、イラマチオで喉奥に射精された。

 

しかし、しっかり挿入じゃないと家賃分にならないというのが権田のルールだった。
表紙

 

 

その時、従業員が商品を取りに入って来た。

 

知美たちはギリギリ奥の方に隠れて見られなかったが、権田は見られるかも知れない状況により興奮したようで、声を潜める知美の下半身を無理やり露わにした。

 

すると知美も愛液を垂らすほど興奮しているのがバレてしまい、お互い下半身だけ脱いだ状態の立ちバックで二回目の家賃徴収本番が始まった。

 

すぐにまた駅弁に変わって、深くまで入ってくるピストンの衝撃で揺れる知美の背中が棚にぶつかると、今度は棚が揺れて従業員が訝しみ始める。

 

隙間風だろうと勝手に納得してくれている同じ室内で、パワフルに突き上げられまくった知美はついに中出しまで勝手にされ、妊娠するかも知れない恐怖まで植え付けられた。
表紙

 

 

 

その後、連絡が来たのはまた一か月後の家賃徴収日だった。

 

相変わらず知美のパートしか収入がなく、従うしかない彼女はホテルの部屋で権田に跨り、グラインドも使った騎乗位で自分から搾り取らされた。

 

 

その日の夜、また仕事が決まらずに帰って来た夫は本当に申し訳なさそうに謝り、全ての自信を喪失しているように見えたが、知美は心の中で夫の借金さえなければと責めつつ、すぐにそんな資格などないと思い直し、夫を励ますこともできなくなっていた。

 

負の連鎖は夫を勃起不全に追い込んで自信喪失を加速させ、知美は欲求不満を募らせた。

 

 

もう権田に三度犯された知美は、消えない嫌悪感の中でこみ上げる快感を認め、気づけば鮮やかに太く育ったきゅうりにムラムラしてしまうほどになっていた。

 

自分を諫めても股間の疼きは消えず、シャワーを浴びながらしたオナニーのおかずは、権田のたくましい巨根を思い出すことだった。
表紙

 

 

頭でどれだけ否定しても、知美は権田を求め始めていた…

 

 

感想

不倫セックスするしかなかったの…~ゲスな大家に熟れた身体をささげてでした。

知美が何歳か分かりませんが、雰囲気は程良く団地妻感があって、相当な巨乳で垂れてそうでいて割と美乳で、でも揉まれるとやわやわに指が沈み込むのが最高です。

不倫セックスするしかなかったのを読むならこちら

DUGA