罪と快

罪と快50話
ネタバレ感想

罪と快のエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

アヤメのSM写真が合成だと分かり、一安心した善だったが、津崎の名前を出した途端、彼女がブチ切れたので困惑が募る。

翌日、嘘で混乱を招いた梨沙に意味深なことを言われた矢先水族館デートでした、足舐め手コキの盗撮動画が一年生の間で拡散されてしまうのだった。

 

50話

足を舐めているのが善なのは、すぐに特定されてどんどん騒ぎが大きくなり始めた。

 

名前も書かれているのだから彼が変態呼ばわりされるのは当然として、今度はモザイクがかかっている女は誰なのかと騒ぎ立てるメッセージが溢れ出した。

罪と快

著者名:染谷ユウ 引用元:ヤングガンガン2019年18号

 

 

興味本位で彼の顔を見に他のクラスの生徒も現れ、いよいよ彼の立場は消えて行こうとしていた。

 

唯一心配してくれるのは美羽だけだが、今の彼は恐怖や混乱や梨沙への怒りでこんがらがっていた。

 

 

すぐに梨沙のところへ物申しに行くが、彼女はバックアップがあるに決まっているだろうと悪びれもせずに言い返し、彼の人生が崩壊していく場面に立ち会えてほくそ笑む。

 

それに、動画流出はまだ脅しの段階でしかなかった。

 

これで彼の人生に大きな汚点がついたのは間違いないが、まだアヤメの顔にはモザイクがかかっている。

 

これ以上言うことを聞かないなら、アヤメのモザイクを外してどこの誰か拡散するぞと、今度ははっきり具体的に脅しをかけた梨沙。

罪と快

著者名:染谷ユウ 引用元:ヤングガンガン2019年18号

 

 

何とも答えられずに梨沙がどこかへ消えた直後、汚らしいワカメヘアーの男子が話しかけてきたかと思うと、彼が動画の峰寺善なのを確認してから、モザイク女子が誰なのか密かに教えて欲しいと持ちかけてきた。

 

その男子は見た目通り、他人の境遇をすぐ羨ましがって甘い蜜を掠め取る方法しか考えない性根の腐ったタイプだった。

罪と快

著者名:染谷ユウ 引用元:ヤングガンガン2019年18号

 

 

下卑た欲望と質問をぶつけられた彼は無視して教室に戻ろうとするが、今度は自分が強いと思い込んでいる中途半端なウェイ系二人組に絡まれ、変態と罵られながら突き飛ばされた。

 

そしてウェイ系は変態菌がついたと騒ぎ、未だ小学生レベルの精神年齢なのを自らさらけ出した。

 

 

 

自分への敵意と扱いの悪さよりも、彼はアヤメに迷惑がかかるかも知れないことを恐れた。

 

自分と同じように変態呼ばわりされ、孤立し、人生に汚点を残すかも知れない。

 

トイレに引きこもって頭を抱えた彼は、どうすれば恩人のアヤメを助けられるのか考え、梨沙をどうにかしようとも思ったが、徒労に終わる可能性を否定できない。

罪と快

著者名:染谷ユウ 引用元:ヤングガンガン2019年18号

 

 

やはり従うしかない。

 

だが、学校を休もうとすれば親が黙っていないだろうし、学校で身を縮こまらせていてもアヤメから近付いてくれば接触を断っていないことになる。

 

 

アヤメを守れる最善の方法を導き出した彼は覚悟を決めた。

 

 

 

放課後。

 

駅にいた彼はスカートが短い手頃なJKを見つけると背後から忍び寄り、ちょっとしたはためきで下着が見えそうなスカートの中に、直に手を突っ込んだ

罪と快

著者名:染谷ユウ 引用元:ヤングガンガン2019年18号

 

 

もちろん、満員電車内でもないのでJKは叫び、振り向き、真後ろにいる彼を痴漢に認定した。

 

昨今流行りの逃走をせずに彼は大人しく駅員に捕まり、交番に引き渡されることになったのだった。

 

 

 

それから一週間が経った。

 

誰も彼もがあの動画拡散で彼が不登校になったと思い込み、笑い話のネタにして他人の不幸で笑える性格なのを共有し合っていた。

 

 

その頃本人は、両親に連れられて校長室に挨拶に行っていた。

 

 

痴漢で現行犯逮捕。

 

過去の盗撮歴も明るみに出た。

 

彼は両親への申し訳なさを感じながら、自主退学という措置を言い渡されたのだった。

 

 

 

一つの家族が大きなダメージを負って学校から消える一部始終を観察し終わった津崎と梨沙は、物陰から峰寺一家を盗み見てほくそ笑んでいた。

 

 

感想

罪と快50話でした。

善は間違いなく罪を犯しましたが、梨沙も他人のプライバシーを盗撮して拡散までして脅迫までしたんですから訴えれば、津崎の教唆に明るみになるんじゃないでしょうかね。

罪と快を読むならこちら