ASKアスク

ASKアスク2巻
ネタバレ感想

漫画ASKアスクのエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

飛ぶ鳥を落とす勢いで売れっ子になっていた堀口優奈。

しかし、生来の傲慢な性格のせいで所属事務所社長と敵対し、やがて3億円という借金を抱えてデリヘルにまで堕ちてしまう。

そこに至るまでの経緯で、優奈は社長の新庄に嵌められ、枕営業を断った結果、レイプされる役をしなければならなくなった。

 

ASKアスク2巻

ゲス監督橋爪への枕営業を断ったことにより、レイプされる役に落とされた優奈はまず、単なる端役なのに全員の前で挨拶させられる辱めを受けた。

 

芝居でも何かと難癖をつけられてOKをもらえず、カメラが入らないドライとは言え、レイプシーンを橋爪自らレイプ犯役で手本を見せると言い出された。

 

 

こんな端役でヌードを世に出すか、芸能界から消えるか。

 

はっきり意思が定まらないままドライが始まると、橋爪は台本を無視して好き放題優奈を嬲り始め、スタッフも生唾を飲み込んで彼女の本気で抵抗する様を見つめた。

ASKアスク

著者名:東西 引用元:ASK2巻

 

 

何度も頬を打たれ、ショーツの中にまで手を入れられた優奈がキレかけたその時、颯爽と助けに現れたのがスポンサーや権力の関係で橋爪も強くは言えない芸能プロ「ブルーダイヤ」の栗山だった。

 

結果的に、栗山は橋爪が枕営業でヒロインとレイプされる役を入れ替えたのを元通りにさせ、優奈を屈辱から救い出した。

ASKアスク

著者名:東西 引用元:ASK2巻

 

 

もちろん栗山が優奈を助けたのは正義感などではなく、利用価値を見出したからだった。

 

 

ブルーダイヤの社長の海藤は新庄を今のうちに潰そうと躍起になっており、優奈の憎しみと芸能人としての価値を利用して共同戦線を張ろうと考えていた。

 

芸能界にとって新庄は暗黙のルールなど意に介さない異端であり、イキ過ぎた脅しや圧力は目に余るものがあるらしい。

 

新庄のバックにデカい暴力団がついていようとも、ブルーダイヤには血筋の関係で国家がついていた。

 

 

目下、優奈が指示されたのはオファーされる予定のCMを強引にでも受けろというものだった。

 

強い後ろ盾ができた優奈は今まで通りに新庄への態度を不遜なものに戻し、引き受ける仕事も自分で決めると強気に出るが、今すぐに違約金の3千万を払えと言われることは想定していなかった。

 

しかし、ここでも栗山が現れ、海藤の友人の優奈の尻拭いという建前で気前よく3千万を代わりに支払った

ASKアスク

著者名:東西 引用元:ASK2巻

 

 

ヤクザ紛いの新庄の凄みにも顔色一つ変えない栗山は優男風な分、得体の知れなさは気味が悪かった。

 

 

 

ゆらぎが事務所の看板タレントに推されようとしているのにも逆にヤル気が出た優奈は、気分良く彼氏の亮とも仲直りでき、店員に見られそうなギリギリの仲直り立ちバックエッチに感じまくった。

ASKアスク

著者名:東西 引用元:ASK2巻

 

 

 

後日、栗山に教えられた通りに契約金5千万で大手会社のシャンプーCMのオファーが舞い込んだ。

 

もちろんこれは、新庄を追い込むための仕掛けだった。

 

一度は事務所としてオファーを受けさせ、当日になって撮影を優奈がドタキャンして降板する。

 

そして、債券を買ったブルーダイヤが3倍の1億5千万の違約金を請求するという流れになっていた。

 

 

ただ、契約の話をまとめる会食の席での新庄は、相手方にも喧嘩を売るように優奈と言い争い、オファー自体が流れてしまいかねないほど空気を悪くしたのだった。

ASKアスク

著者名:東西 引用元:ASK2巻

 

 

結果的に優奈へのオファーは締結したが、あまりの強気な新庄の態度に、優奈はいざとなったら新庄がヤクザの力を使って違約金など支払わないかもと心配になった。

 

その心配はしていなかった海藤たちは、新庄がバックにつけている広域暴力団の会長の隠し子が栗山なのだと暴露したのだった。

 

 

確実に勝てると確信した優奈は、地上波でどんどん露出しているゆらぎへの憎しみを募らせ、映画撮影クランクアップの打ち上げで橋爪の枕営業によるキャスティング変更の経緯を全てぶちまけ、恨みを晴らした。

 

 

 

その頃ゆらぎは、新MCに抜擢された番組の録画を流されながら新庄に抱かれていた

ASKアスク

著者名:東西 引用元:ASK2巻