最新おすすめコミック
「終末のハーレムファンタジア」17話ネタバレ最新話修正前18話。雪原の死闘!孕まされ待ちのあの子は今…

終末のハーレムファンタジア
17話ネタバレ感想

終末のハーレムファンタジアのエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

フェンリルの群れから助けてもらったアルクとウェンヌだったが、その名を轟かす魔法剣士、ゴーチェ騎士団長のキャシア・ウェスキーに捕らえられてしまう。

男だけを殺す瘴気により、女だけの国になったゴーチェ。

黒竜の加護で生きていられるアルクが牢屋に捕らえられている間に、雪原の魔人の異名を持つサスカッチにより、キャシア騎士団は全滅させられそうになっていた。

 

17話

ターニャに牢から出してもらえたアルクとウェンヌは案内もしてもらい、雪原をひた走っていた。

 

白い息を吐きながら、周囲にも注意を払って慌てず迅速に足を動かし続ける。

 

しばらく走ってぱあっと開けた場所に出ると、ターニャが指さす方角に集落が見えた。

 

アルクはウェンヌにターニャと共に集落に向かい、馬を見つけてナーガラに戻る準備をしておけと指示し、ターニャには魔獣の居場所を訊ねた。

終末のハーレムファンタジア

著者名:SAVAN 引用元:少年ジャンプ+

 

 

つまり、アルクは捕らえられたとはいえ、フェンリルから助けてくれたキャシアたちに助太刀するつもりだった。

 

ウェンヌは止めるが、アルクの考えは変わらず、死亡フラグを立ててターニャが教えてくれた方角に再び走り出した。

 

 

しばらく行くと、武器や兵士が倒れているのがチラホラ見えてきた。

 

ちゃっかり剣を拾ったアルクはそして、巨大な魔獣と膝をついているキャシアを発見。

終末のハーレムファンタジア

著者名:SAVAN 引用元:少年ジャンプ+

 

 

見ただけで、実力差が如何ともし難いほど開いているのが分かった。

 

それでもキャシアは立ち上がり、猿と罵りながら勇敢に斬りかかった。

 

捨て身の一撃でもサスカッチは手一つで握って受け止め、肉弾戦でも格の違いを見せつける。

 

更にキャシアの豪奢な剣は糸も容易く握り潰されてしまった。

終末のハーレムファンタジア

著者名:SAVAN 引用元:少年ジャンプ+

 

 

飴細工のように折った剣を握って粉砕し、これ見よがしに見せつけるサスカッチ。

 

ほぼ根本から折られたキャシアに成す術無し。

 

サスカッチはキャシアの頑張りは認めるが、敵を倒すことに全力を注がなかった魔力の使い方がなってないと指摘した。

 

何も言い返せないキャシアが、逃げるか何か起死回生の策を見つけるかでジリジリしたその時、スッと背後から忍び寄ったアルクがサスカッチの背中に剣を突き刺した

終末のハーレムファンタジア

著者名:SAVAN 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

油断しまくりの背中を狙ったナイスな一撃だったが、サスカッチに効いている様子は全くなかった。

 

それにアルクも気づいた直後、顔を掴まれて雪玉のようにぶん投げられ、助けるはずのキャシアにクッションになってもらった。

終末のハーレムファンタジア

著者名:SAVAN 引用元:少年ジャンプ+

 

 

いきなり人間の男に奇襲を食らわされたサスカッチは、雄と雌がいるなら、せっかくだから番いで仲良くあの世に送ってやろうと気を遣うことに決めた。

 

 

地面を殴りつけ、そこから魔力を注ぎ込んで二人を氷の壁で覆っていく。

 

まるでかまくらのようなものであっという間に閉じ込められてしまったアルクとキャシア。

 

逃げようとして剣を突き立てても、頑強な氷はびくともしない。

終末のハーレムファンタジア

著者名:SAVAN 引用元:少年ジャンプ+

 

 

アルクも取りあえず内壁を触ってみるが、触った箇所から氷が迫ってくるだけだった。

終末のハーレムファンタジア無修正版はこちら