2.5次元の誘惑セミカラー

2.5次元の誘惑セミカラー3巻
ネタバレ感想

2.5次元の誘惑セミカラーの無修正エロ画像、ネタバレ最新話、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

リリサへの対抗心で美花莉が積極的にコスプレする中、いよいよ初イベントに参戦した奥村たち。

しかし、午前中のデートっぽい雰囲気にかまけて、ROMを売る戦略はさっぱり。

それでも、リリサのリリエルの魅力は謎めいた部分もあって大好評だった…

 

2.5次元の誘惑セミカラー3巻

秋に控える文化祭。

 

リリサは早くも胸躍らせ、バンドやカフェやとアニメみたいな青春を夢想し出すと、奥村もメイド属性が好きだというので、さっそくリリエルとミリエラのメイドバージョンで彼をお出迎え。

2.5次元の誘惑セミカラー

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー3巻

 

 

さすがに文化祭本番ではできない際どい格好を今だけ楽しみ、美花莉もノリノリでアッシュフォードにご奉仕している体で萌え萌えキュン。

 

リリサは相変わらずの大胆さで下着のこだわりまで披露してくれるので、彼は理性を保つのを飛び越えてお約束の鼻血を噴き出す始末。

2.5次元の誘惑セミカラー

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー3巻

 

 

もちろん、美花莉もいきなりスカートを捲られて本物の下着を彼に見せることになった。

 

なんだかいい雰囲気の後、リリサの生乳ダイブ顔面パイズリでメイドお披露目会は締められた。

 

 

 

後日、彼は次のイベントに向けて少しでも役立つため、カメラの腕を上げようと思って、先日出会った隣のブースのカメコおっさんオギノと、レイヤーのマギノコンビに協力を要請し、スタジオ撮影にお邪魔することになった。

 

オギノは優しいけど相変わらずウザさが凄く、マギノもトレンドを押さえた最新のエッチいコスプレに挑戦。

2.5次元の誘惑セミカラー

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー3巻

 

 

ウザったいがオギノのアドバイスでメキメキ腕を上げた奥村。

 

被写体と呼吸を合わすこと、パートナーなら喧嘩してでも思っていることを伝え合う大切さを教えてもらった。

 

そして、オギノが勝手に位置付けているコスプレ四天王なる存在まで教えてもらった。

2.5次元の誘惑セミカラー

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー3巻

 

 

事実上の引退状態であるまゆらの位置に、果たして誰が食い込むのか。

 

実績とポテンシャルを兼ね備えているマギノか、それとも彗星の如く現れた圧倒的美少女リリエルか…というのがオギノの意見だった。

 

 

 

こうしてカメラの練習がてら、ついでに同人誌も大量にゲットした彼は週明け、戦利品のリリエル18禁作品をリリサにも見せてあげた。

 

作品の内容からSなのか、Mなのかという話になった流れで、他意なくリリサが言った言葉で妄想が捗ってしまう奥村。

2.5次元の誘惑セミカラー

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー3巻

 

 

SかMかも興味深いが、リリサは大量のコレクション本の置き場所に困っているのだが、彼が部室の本棚を自分の部屋のように使っていると知り、置き場所問題が一瞬で解決。

 

リリサの気持ちが軽くなったところで、コレクションに加えた内容に合わせて痛めつけられたリリエルを演じたリリサに合わせ、彼もアングルを工夫したり一瞬の表情の変化をうまく切り取ることに成功した。

2.5次元の誘惑セミカラー

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー3巻

 

 

彼が秘密特訓して腕をあげたと知ったリリサは嬉しくなり、まゆら様の後継者候補うんぬんは置いといて、二人の絆はまた深まった。

 

 

しかし、生徒会の介入が二人の関係を引き裂きかねない事態を持ち出して来た。

 

実は3年前から部の要件を満たしていなかった漫研はこの度、部室の空きがなくなるので研究会降格、及び部室の明渡しを言い渡されてしまうのだった。

2.5次元の誘惑セミカラー

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー3巻

 

無修正セミカラーを読むならこちら