最新おすすめコミック
「ヒットマン」ネタバレ最新6巻特装版おまけエロ漫画付。野外でズコバコと薄々ゴムで沖縄初体験!

ヒットマン6巻
ネタバレ感想

ヒットマン特装版のネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

ネット民の悪意を目の当たりにした島風は筆を折ろうとしたが、剣崎の機転で本当の熱いファンと接することができ、精神的に強くなった。

そして父親と確執のある小鳥遊のピンチに駆けつけ、持ち前のペンの速さで助けてあげたのだった。

5巻特装版には、全裸修正版とお馴染みエロ漫画が収録。

 

ヒットマン特装版6巻

週刊連載二本の話が舞い込んだ小鳥遊は、食い気味で承諾し、Blue wellsをモデルに描けることを喜んだ。

 

 

マロ編集長も相手方の希望と小鳥遊本人が大丈夫と言っているならとゴーサインを出してくれると、剣崎はさっそく連載4本受け持ちの捌き方を、夏目に相談してみた。

 

しかし夏目は、小鳥遊が別作品の週刊連載を二つすることに難色を示した。

 

それは、漫画家がどれだけ心身をすり減らす過酷な仕事なのかを理解しているからだった。

 

もちろんそれを本人に伝えても、頑として譲らない。

ヒットマン

著者名:瀬尾公治 引用元:ヒットマン特装版6巻

 

 

だから剣崎はショート連載を一時休載にして、代わりに新連載でそれをカバーするほどヒットさせると編集長に啖呵を切り、果たせなかったら小鳥遊の担当を浅間に譲ると宣言したのだった。

 

 

 

Blue wellsを描くに当たって、秋月風夏の死をどうするか?

ヒットマン

著者名:瀬尾公治 引用元:ヒットマン特装版6巻

 

 

メンバー側の意向な一切ノータッチでお願いしますとなり、小鳥遊も漫画で死を描くことに抵抗があったのでホッとした。

 

しかし剣崎は、秋月風夏の死をスルーしてはこの漫画の面白さが発揮し切れない、Blue wellsを描き切れないと感じ、小鳥遊の辛い過去も無視してプロ意識を押し付けてしまった

 

小鳥遊はその無神経な発言が父親と重なり、手を上げ嫌悪感を露わにし返したのだった。

ヒットマン

著者名:瀬尾公治 引用元:ヒットマン特装版6巻

 

 

 

剣崎は先輩たちからも無神経な考えを咎められるが、そもそも桂木マサトが自分の妻の死を面白さのためだけにネタにしたのかに疑問を抱いた。

 

だから剣崎は桂木を訪ね、当時、どういう思いで妻が死んだタイミングで漫画の中に死を取り入れたのかを訊ねた。

ヒットマン

著者名:瀬尾公治 引用元:ヒットマン特装版6巻

 

 

桂木は多くの漫画で数多描かれているものと同じく、面白くなると思ったから描いたと言い切った。

 

 

見かねたアシたちが剣崎を連れ出し、小鳥遊も呼び出すと、桂木と初代チーフ担当だった翼の母親との馴れ初めを暴露した。

 

そして、本心は分からないが夫婦がどんな愛情で結ばれていたのか聞かされ、小鳥遊翼は父親に対する印象が少し変わるのを自覚したのだった。

 

 

この話を聞いた後、改めて考え、やはり秋月風夏の死は面白くするために欠かせないと思えた。

ヒットマン

著者名:瀬尾公治 引用元:ヒットマン特装版6巻

 

 

 

二人はメンバーに、特に優の向けて秋月風夏の死を描く許可が欲しいと訴えたが、当然彼の意思は変わらなかった。

 

きっぱり断られても剣崎は全くめげず、人の心を揺さぶれる面白さを追求するため、秋月風夏の両親と会い、外堀から埋めていこうと考えた。

 

大和と涼風のアスリート夫妻は娘が漫画に描かれること自体は嬉しいらしいが、やはりBlue wellsの歴史の中に起こった悲しい出来事として、描かないで欲しいという。

 

なぜなら、風夏が亡くなった交通事故の相手は、現メンバーの父親だからだった。

 

 

この事実を世間に明るみに出せば、とんでもない悪意に晒される人間が増えるのは必至。

 

事故には一切関係ない、現メンバーを思いやる秋月夫妻の気持ちを知った剣崎たちは、まさかの事実にさすがにこれは描けないと思い直したが、加害者の娘で現メンバーである碧井が現れ、父の許諾は得ているから気にしないで描いていいと言った。

ヒットマン

著者名:瀬尾公治 引用元:ヒットマン特装版6巻

 

 

漫画家として煽られた小鳥遊は、この漫画で不幸な人を生まないと約束し、榛名優と納得させる覚悟を決めた。

 

 

そして次は、ネームを見せられて小鳥遊の覚悟を知ってから説得された優は、自分だけとの思い出もちゃんと描くことで許可を出したのだった。

 

 

 

原稿が順調に進み、優も満足いく内容になって剣崎は安心していたが、島崎に言わせれば小鳥遊の描くスピードは普通で、睡眠時間を削っているだけだろうと指摘され、不安が募る。

 

その直後、小鳥遊が本当に体調不良でふらつくのを見てしまい、思わず抱きしめた

 

人の死を描くかどうかで奮闘した矢先の、過酷な漫画家の体調不良に直面。

 

剣崎は適当に誤魔化そうとしたが、小鳥遊はそれじゃ逃がさず目を瞑ってキスをねだった

ヒットマン

著者名:瀬尾公治 引用元:ヒットマン特装版6巻

 

 

そしてご法度だと分かりながら、剣崎はそれに応えてしまうのだった。

 

 

お互い素直に気持ちを伝えられないまま、剣崎はグラビア撮影の現場で幼馴染みでモデルの七尾友果子と再会した。

 

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を増している七尾は相変わらず外面がいいだけで、剣崎には遠慮なく愚痴をぶちまけ、利用し、要領よく立ち回るところは一切変わっていなかった。

 

そしてスキャンダル御法度なのに軽く脅して剣崎を食事に付き合わせ、バーにも雪崩れ込み、成長した身体で誘惑

ヒットマン

著者名:瀬尾公治 引用元:ヒットマン特装版6巻

 

 

更にふざけてキスをされた剣崎は、その場面を小鳥遊に目撃されてしまう。

 

 

嫉妬、怒り、すれ違い、七尾が関わる修羅場はまだまだ続きそうだった…

ヒットマン無修正特装版はこちら