「ギリギリすぎる着エロ撮影会」無料エロネタバレ。これ入っちゃってますよね?水着モデルのはずだったのに…

ギリギリすぎる着エロ撮影会これ、入っちゃってますよね?
ネタバレ感想

ギリギリすぎる着エロ撮影会これ、入っちゃってますよね?のネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・桐生真澄。

水着モデル撮影だと思って行ってみたら、あれよあれよという間に陰部まで写って触られちゃっているパターンのアレ…

おすすめエロ漫画はこちら

 

ギリギリすぎる着エロ撮影会

親に借金してでも夏休みに彼氏と旅行に行くのを楽しみにしている千春だったが、彼氏のお兄さんの淳に水着モデルのバイトを頼まれ、ギャラの良さに飛びついた。

 

 

 

映像制作サークルらしく、特に気にせず当日部室を訪ねてみると、用意されていた水着はマイクロビキニもあったりして際どいモノが混ざっている中、比較的まともな布面積の一着を選んで、いざ撮影へ。

 

 

男だらけの中に水着で出て行く恥ずかしさや見られる戸惑いがあるものの、撮られていくうちに少しずつ楽しくなっていった。

 

バランスボールに乗って開脚ダブルピース、続けてバックショット、足を抱えて股間を接写、オナニーしているかのように手を添えて…

表紙

 

 

顔を赤らめながら千春も乗ってきたタイミングで、今度はブーメランパンツ一枚の男との絡み撮影に突入。

 

よくあるカップル想定のショットだと言われるが、男が後ろから抱きしめてくるとお尻に硬いモノがツンツンと当たってきた。

 

それでも金欠でバイトに来た立場の千春は撮影中断させるようなことはできず、前から後ろからグリグリ押し付けられるままに身を委ね、スジに沿ってくる硬さに鼓動が速くなってしまう。

 

そのまま体勢はどんどん過激になり、まんぐり返し、側位、寝バックの擬似挿入でグリグリ先っぽを押し付けられた千春は、もうじんわり濡れちゃうほど感じてしまっていた。

表紙

 

 

なのに今度はねっとりローションをかけられ、完全に乳首が透けてしまう

 

さすがにこれは物申そうとするが、変わらず真面目な雰囲気で撮り続ける淳が後ろの男が隠すから大丈夫だと言うので、それ以上何も言えなくなる。

 

もちろん男はヌルヌルでうまく隠せないと言いつつ、乳首を擦って千春の反応を楽しんだ

 

 

ヌルヌルとぷっくり勃起した乳首が擦れる気持ち良さにトロンとしてきた千春は、騎乗位で抱きしめ合う体位に乳首を隠れて助かったと思うが、今度はマン〇をしれっといじくられるだけだった。

表紙

 

 

それとなく手マンされ、水着もぐいっと食い込まされてビクビク震えるほど感じさせられた矢先、バナナを舐めるシーンを撮りたいとお願いされた。

 

千春はもう羞恥の限界だったが、あくまでイメージビデオならいいかと思い承諾してしまうのだった。

 

 

確かにバナナには違いないが、たっぷりヨーグルトをかけられた状態で位置は男優が股間で支えていた。

 

しかも目隠しされ、ヨーグルトを舐め取る感じのいやらしい舐め方だったり、根元までぐっぽり深くだったり、どう見てもフェラのそれを指示されていく。

 

そして思わずバナナを折ってしまうと、次に用意されたのは男優の生勃起チン〇

 

本物だと気づかずに二本目を舐め始めた千春は、誰かの足にマン筋を擦られても夢中で頬張り続け…

表紙

 

 

2話

まだ本物のチン〇とは確信が持てない千春だったが、苦いモノが口の中にぶちまけられた瞬間、さすがに精液かも知れないと思わずにはいられなうなった。

 

しかし淳は淡々と撮影を進め、千春の困惑を無視して布越しに性器同士を擦り合わせ、ついにローターまで持ち出して敏感なところを責め始める。

 

執拗に乳首とクリを振動させられた千春は潮噴き
表紙

 

 

その勢いのまま、背面座位でガチ挿入され、淳のチン〇も口の中に突っ込まれ…

 

 

 

感想

ギリギリすぎる着エロ撮影会これ、入っちゃってますよね?でした。

まさにイキ過ぎた着エロシリーズでした。

着エロ好きはもちろん、騙されてその先に進んじゃう系が好きなら間違いなく実用性十分でしょう。

ギリギリすぎる着エロ撮影会を読むならこちら

DUGA