「なんでもするって言ったよね?」エロネタバレ最新。家庭教師のお礼はカラダでも受け入れちゃう巨乳ちゃん!

なんでもするって言ったよね?家庭教師のお礼はカラダで
1話~7話ネタバレ感想

なんでもするって言ったよね?家庭教師のお礼はカラダでのネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・コムラ。

ひょんなことから親の知り合いの娘さんの家庭教師をすることになった男子大学生。

淡い期待を抱いて行ってみると、めちゃくちゃ可愛い巨乳ちゃんだった…

おすすめエロ漫画はこちら

 

なんでもするって言ったよね?家庭教師のお礼はカラダで

親同士で勝手に決められた家庭教師のバイト

 

大学生の宗方葵は、相手の子が女の子だと聞き、少なからず期待をして母の同級生の家を訪ねた。

 

 

娘の成績が悪すぎて学校から呼び出しを食らうほどなのに、塾には通わせずに自分の身だしなみにはかなり金をかけているっぽい母親は押し付けて出かけてしまう辺り、娘も相当非常識な予想が膨らんでしまう。

 

しかし、ケバい母親とは違い、娘の撫子は長い黒髪を結わえた清楚系でおっとりしたタイプだった。

 

しかもかなり可愛くて巨乳で、ドストライクだった葵はムクムク二人きりのワンチャン妄想を膨らませていく。

表紙

 

 

 

取りあえず作ってきたプリントを渡してやってもらっている間、テーブルに乗るほどの巨乳を見せられると、しゃぶりつきたい欲望を抑えるので精一杯。

 

先生と呼ばれるのにも股間に響いたが、いざ解き終わったプリントの答え合わせを始めると、ちょっと洒落にならないくらいのアホさ加減が判明したのだった。

 

 

いくら可愛くて巨乳でも、撫子をまともな学力にするのは割に合わないと思い、プロの家庭教師に頼んでもらって断ろうとした。

 

しかし撫子は切羽詰まったように親に迷惑かけたくないから、なんでもしますと懇願してきた。

 

 

なんでも」の一言に、葵はエロい方向の見返りしか思い浮かばず、すぐおっ〇い見せて?と頼んだ。

 

勢いで言った葵は瞬時に焦るが、撫子は真っ赤になりながら服を捲り、本当にブラから零れ落ちそうな巨乳を露わにした。

表紙

 

 

バカなだけじゃなく頭まで緩い行動に葵はさせておいて心配になるが、欲望には勝てなかった。

 

 

触っていい?と訊くと「はい」と答えてくれたので、めちゃくちゃ柔らかい乳房を揉みしだくと、もう断らずにブラを捲って乳首を飛び出させると、むしゃぶりついた。

 

 

こうなったらもう止められず、ベッドに押し倒して揉んで吸って柔パイを堪能。

 

撫子も特に抵抗しないで可愛い声を出すものだから、葵はパンツの下も見たいと要求。

 

それも撫子は黙って自分で脱ぎ、言われるまま股も開いてくぱっと広げて見せた

表紙

 

 

初めて生で女の子のマン〇を見た葵は感動し、ぷっくり膨らんだクリをくにくにいじり、するっと指を飲み込みそうな膣の中に突っ込みたくて堪らなくなる。

 

 

しかし、相手の弱みに付け込んでいるゲスさで少し理性を取り戻した。

 

 

それでも、やっぱりヤリたい

 

そのジレンマを解消するため、家庭教師を受ける代わりに恋人になってくれと持ちかけた

 

撫子がそれにもすぐ「はい」と答えるので、嬉しさよりも複雑な気持ちが勝ってしまう。

表紙

 

 

それはそれとして付き合うことになったのだから、もう遠慮なく最後までヤラせてもらおうと思い、恋人らしくキスをせがんだ。

 

 

直後、インターホンが鳴り父親が帰って来てしまうのだった。

 

 

しかし、父親と言っても形だけで年はかなり若い母親の再婚相手で、この時点で父親の本性など知る由もなかった…

なんでもするって言ったよね?を読むならこちら

 

 

2話

葵が帰った後、新しいお父さんと一緒にお風呂に入り、体中をいじられ、バックで突っ込まれてかき回された撫子。

 

今となってはもう、新しいお父さんは遊び歩いている妻よりエロ過ぎる娘と過ごす時間の方が長かった。

表紙

 

 

 

そんな関係など知らぬまま後日、撫子をデートに誘った葵は、黒タイツの制服姿にゾクゾクじ、カッコつけてクレーンゲームで人形を取ってあげ、彼氏らしく振舞おうと頑張り始める。

 

そしてゲリラ豪雨に見舞われたのをいいことに、ホテルに誘おうとして…

 

 

3話

自分からラブホに誘っておいて、いざ部屋に入ったら怖気づいてキョドって声も裏返ってしまう葵。

 

撫子が色々と経験済みなんて露知らず、先にシャワーを浴びさせてもらったり、先に寝ちゃった撫子の濡れたままの服をパンツまで脱がしてまた慌てたり。

 

結局リードされっ放しのままで情けなく思いながら、緊張で勃起できないのをフェラで硬くしてもらってから、初めてを経験したのだった。

表紙

 

 

ずっと勉強一筋で友達もいない葵は、すっかり撫子を大好きになったが彼女は…

 

 

4話

血の繋がった父親にはしこたま暴力を振るわれて重傷を負わされ、母は見てみぬふりで助けてくれず、再婚してからもほぼネグレクト。

 

再婚相手の新しいお父さんは、出張に出る忙しい早朝でも、撫子をクンニでイカせてから家を出るド変態

 

葵との関係はと言えば、一カ月経ってそれなりに距離も縮まっていたが基本は家庭教師と生徒の色が強いが、ヤルことはしっかりヤっていた。

表紙

 

 

そして、葵の幼馴染みが家庭教師の件を聞きつけ、悪そうな笑みを…

 

 

5話

両親が1週間も不在なので、撫子は今日から葵の家に泊まる予定だったが、昨夜ヤリ過ぎて目を覚ました時にはもう昼過ぎで、先んじて彼がお泊りすることに。

 

しかも起きると隣に裸の撫子がいるので起きて秒でムラムラし、朝一で激しくヤってしまうのだった。

 

 

家では息子のお泊りにキラキラ目を輝かせている明るい葵ママと、一つ年上の幼馴染みのばらが待ち受けていた。

 

葵に気があるのかないのか分からないのばらは、友達ゼロの人生だった撫子と一緒にお風呂に入って適当に言い包め、ピンク乳首巨乳に狙いを定めた…

表紙

 

 

6話

のばらは高身長・美形・バスケ部キャプテンというスペックの高さで女子からもモテモテで、かつて葵の想い人も惚れさせて目の前で唇を奪ったこともある、ある意味悪い女だった。

そして今もまた、一緒にお湯に浸かりながら撫子を手マンして寝取ろうとするが、深く考えさせているうちにのぼせさせてしまう。

そのせいか、葵への気持ちが昂った撫子は、葵ママたちが一つ屋根の下にいるのも構わず挿入をおねだりして、最高に気持ち良くしてもらうが…

表紙

 

7話

母に隠れて男女の関係になっている撫子は言われるまま一緒に帰り、自分がこの義父に男として惹かれて頼っているのか分からなくなるが、あの一言で股を開くしかなくなる。

 

クリの周りばかり舐め回す焦らしに耐えきれず、反り返るチン〇の一突きで愛液が溢れ出す。
表紙

 

 

そして着たままできるエロ下着で再開したその時…

 

 

感想

なんでもするって言ったよね?家庭教師のお礼はカラダででした。

母親の再婚相手に肉便器にされていて、母も味方ではないパターンですかね。

撫子の反応、エロ可愛さ、抜けている天然な雰囲気など、まずイチャイチャしたいタイプです。

なんでもするって言ったよね?を読むならこちら