左門くんはサモナー ギャグ・コメディ

「左門くんはサモナー」ネタバレ感想7巻54話。胸熱の王道バトル展開キターー!!!!!!

更新日:

左門くんはサモナー54話ネタバレ感想

街の人からは生気がなくなり、クズは試食コーナーのお誘いをも断る腑抜けっぷり。

それは全てマステマの仕業だった。

サルは返り討ちに遭い、てっしーは攫われ、激オコなカス虫とネビキだ。

 

 

左門くんのオラつきは他人頼み

サルは生きていた!人死にならぬ悪魔死には、この漫画には似合わないから良かった。

 

だが良くない情報も手に入れた。強力な奴らがマステマに手を貸しているのだ。その一人目は、世間一般の知名度も高いであろう「メデューサ

 

聞いたことがあるようなないような「バラキエル

 

武闘派の匂いがぷんぷんする「アンドラス

 

しかし、相手が誰だろうと引く訳にはいかない。バトル漫画ではお馴染みの、高ーーい塔に向かってカス虫とネビキはレッツゴー。

 

[ad#co-1]

 

敵の本拠地なんて関係なくオラつくカス虫。そしてすぐバテる。召喚術がここまで人を調子に乗らせるとは・・・

 

街の人々は盛り塩に任せている。お疲れ様です。

 

そんな心配はさておき一息つきたいカス虫。昆布茶かな。

 

どうやらトンガリは鋭利な刃物状ではないようだ。そしてサイヤ人のしっぽのような弱点でもなさそうだ。

 

 

伸びるカス虫、見るマステマ。

 

マステマは強力な仲間に任せて高みの見物を決め込んでいるが、てっしーは不穏な空気を漂わせていく。これはマジでキレちゃう5秒前か?

 

そうこうしているうちに、あっさり最初の敵「メデューサ」を倒したカス虫。これで人気投票の順位が急上昇しそうな予感

 

だって怒ってるんだから。親友を腑抜けにされ、てっしーを攫われ・・・何より、長い階段にはうんざりだ。

 

第二の敵は堕天使「バラキエル」。インフルのおにぎりを思い出す。そんな危険な相手には、圧倒的な強さを誇る悪魔をぶつけるのみ。

 

出でよ!ルキフグス・ロフォカルス!えっ、引きニートだよね!?

 

愛する人を取り戻すため、今こそ実力を示せ。ホストにしか見えない恋する悪魔よ。

 

 

感想

左門くんはサモナー54話でした。

申し訳程度のギャグを突っ込んで、シリアス展開は続きます。3週に渡るのは初めてじゃないでしょうか。55話はホストVS電気とアンドラス戦もあるでしょうから、5週までいきそうな感じがしますね。

サルちゃん、ゆっくり休んで血糖値も測ってもらって下さい。

 

[ad#co-1]

-左門くんはサモナー, ギャグ・コメディ
-, , ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.