「やったねたえちゃん!」ネタバレ最新1巻。笑顔の裏で殺ったぜ!エログロスプラッターヒューマンドラマ開幕!

やったねたえちゃん!1巻
ネタバレ感想

やったねたえちゃん!のネタバレ最新話エログロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・カワディMAX。

たえちゃんはママに捨てられた可哀想な子。

それは、育てる余裕がなかったからか、我が子に恐怖を感じたからなのか…

 

 

やったねたえちゃん!

たえちゃんは児童相談所に放置される際、ママとの別れ際にコロちゃんという白いクマのぬいぐるみを与えられた。

 

それ以来、ママは顔を見せることもなく、もうどんな顔をしていたのかさえ思い出せなくなった。

やったねたえちゃん!

著者名:カワディMAX 引用元:やったねたえちゃん!1巻

 

 

 

コロちゃんと本当に話せて生きていると思い込むようになっていたある日、母方の伯父が引き取ってくれることになった。

 

しかし、伯父さんはハムの輪切りみたいに惨殺され、保護されたたえちゃんはまた一人になってしまうのだった。

やったねたえちゃん!

著者名:カワディMAX 引用元:やったねたえちゃん!1巻

 

 

 

数年後、セーラー服を着るようになってなかなかに可愛い女の子になったJCたえちゃんだが、ぬいぐるみに話しかけるヤバい奴として、陰湿なイジメの的になっていた。

 

それでも、イジメられる原因のコロちゃんがいるから大丈夫だったし、教師の眼鏡も不思議ちゃんな部分に理解を示して気にかけてくれるいい先生だった。

 

だから純粋なたえちゃんは誘われるまま先生の家にお邪魔し、訊かれるまま身の上話を喋り、出された紅茶で喉を潤した。

 

するといつの間にか寝入ってしまい、目を覚ますと半裸にされていた。

やったねたえちゃん!

著者名:カワディMAX 引用元:やったねたえちゃん!1巻

 

 

そう、眼鏡は優しそうなフリをしてJC大好きなクソロ〇コン教師であり、当たり前のようにレイ〇するところだったと抜かす鬼畜外道だったのだ。

 

 

やっぱり他のクズ生徒と同じく、ぬいぐるみと喋るヤバい奴だと思っていたゲス男は、たえちゃんがどんな証言をしようがやり込めると思い、マウントポジションで殴り倒し、汚いチン〇を取り出した。

 

そしてコロちゃんを無理やり奪い取ろうとし、継ぎ接ぎ部分から真っ二つに破ってしまった。

 

直後、掴んでいたゲス男の指が全部切れ飛んでいた

 

更にたえちゃんの様子も別人のように変わり、二つになったコロちゃんを拾って仕込まれた鋼線をチラつかせた。

やったねたえちゃん!

著者名:カワディMAX 引用元:やったねたえちゃん!1巻

 

 

脳のリミッターを外せるかのような圧倒的戦闘力を誇る好戦的なもう一つの人格は、本来のたえちゃんが酷い目に遭わされた時に目覚めるようだった。

 

 

睡眠薬、レイプ未遂、動画撮影、グーパン…

 

小野たえ子が犯されかけたと分かった裏人格はゲス男を生きる価値無しと判断するが、眼鏡も同じく自分の犯罪の数々を棚に上げて逆切れし、得物を手にした。

やったねたえちゃん!

著者名:カワディMAX 引用元:やったねたえちゃん!1巻

 

 

実は犯すだけに飽き足らず、捜索願いを出されないような子に限って殺しからの解体までヤっていた外道

 

 

救いようのない男にセーラー服をスパッと切られてしまうたえちゃんだが、華麗な身のこなしで鳩尾に回し蹴りをぶち込んで返り討ちにしてやった。

 

もちろん蹴り一発で済まされるような罪じゃないので、たえちゃんは汚いチン〇をゴミを見るような目で見下ろし、鋼線をくるっと巻き付けた。

 

そして両端をオーケストラを指揮してるように振り、男としての人生を終わらせてやった

やったねたえちゃん!

著者名:カワディMAX 引用元:やったねたえちゃん!1巻

 

 

もちろんチン〇一本で許されるはずもなく、今度は全身に巻きつけ、同じように鬼畜ロ〇コンだった伯父を始末した時みたく、ハム切りにしてやろうとした。

 

すると鬼畜は今更命乞いし、ぬいぐるみが悲しんでいると小バカにした説得を試みるが、裏人格はそんなメルヘン脳を持ち合わせていなかった。

やったねたえちゃん!

著者名:カワディMAX 引用元:やったねたえちゃん!1巻

 

 

しかし、もう少しで頭蓋骨がスパッといけそうなところで、ジジイと美少女に邪魔されてしまう。

 

ただこの二人はたえちゃんの味方であり、長くは出てこれない裏人格は潔く眠りについた。

 

 

表のたえちゃんを大切に思っている二人は、こうして裏たえ子ことたえない子の後始末を請け負っていたので、この鬼畜教師も良心の呵責なく止めを刺すことができた。

やったねたえちゃん!

著者名:カワディMAX 引用元:やったねたえちゃん!1巻

 

 

そして二つの人格の記憶が共有されることなく、たえちゃんは自分が殺しを行ったことなど知る由もなかった。

やったねたえちゃん!を読むならこちら