インゴシマ

インゴシマネタバレ感想
97話98話99話100話
101話102話103話

インゴシマのネタバレ最新話エログロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

桐花が立ちバックで突っ込まれているところに同席させられた葵の処女は、喪失間近。

啓太たち以外にも、シマビトコミュニティに取り入って生きている生徒がいて、そこはガモウに恨みを抱いている母娘が取り仕切っていた。

そしてドローンで葵の所在を確かめた啓太たちは、いよいよ救出作戦に動き出す。

 

97話98話

激しい雨が降る中、合図の照明弾が打ち上げられた。

 

それを見た啓太は火炎瓶にを火をつけ、集落の建物に遠慮なく投げ入れた。

インゴシマ

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

同じく豪快に燃え始めたのを確認した赤城と高崎も潜入行動を開始し、若林たちを助けるために敵陣の中に潜り込んだ。

 

 

突然の放火でパニックが起きる中、アキラも意を決して気合を入れた。

 

ガモウに取り入り、サカキのお眼鏡に適って穴兄弟の仲間入りをしたアレックス救出のために動き出す。

インゴシマ

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

 

火事騒ぎはどんどん大きくなり、警鐘が鳴らされて瞬く間に集落中に広がっていく。

 

身を潜めてシマビトの意識が火事に向けられていくのを観察した啓太は、葵が囚われている塔の下に着くと、どんどん気が逸っていく。

 

突入するには今しかないと言い出し、コンビを組んでいる橘にろくな説明をしないまま中に駆けだすので、橘も早すぎるこのタイミングに仕方なくついて行くしかなかった。

 

 

 

一方葵と桐花を火事場から遠ざけるため、サカキが別の場所に移動させようとしていた。

インゴシマ

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

火事が起こっていると聞いた桐花は焦り、葵の手を引いてさっさと避難しようとし、従者も素早く誘導しようと動き出した。

 

それと同時に部屋に飛び込んだ啓太は従者を突き飛ばすと、葵に向けて手を伸ばした。

 

そして葵も手を伸ばして、助けに来てくれると信じていた幼馴染みの手を握り返した

インゴシマ

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

 

このままダッシュで脱出するつもりだったのだろうが、刀の狂気に魅入られたサカキがいたのは想定していなかった。

 

二ヤリと笑ったサカキは、侵入者を排除せんと居合抜きを繰り出した。

インゴシマ

著者名:田中克樹 引用元:マンガボックス

 

インゴシマを読むならこちら