監獄学園 ギャグ・コメディ

「監獄学園」ネタバレ感想232話。もう乳首見えちゃってるけど騎馬戦は続く

更新日:

プリズンスクール232話ネタバレ感想

究極の2択を迫られたアンドレは、ついに思考回路をショートさせてしまった。

唾生足か痰靴か。かつての女王か現女王か。

それを決めさせるのは、あまりに酷な仕打ちだった。

 

 

人はなぜ山に登るのか?

ケイトは焦った。ここまで来て騎馬が動かなくなって負けるなんて考えられない。リサの木刀を手に取りアンドレに振り下ろす。
見ていられずに止めに入るリサ。もう、アンドレを楽にしてやってくれと。

 

クソ漏らしは語る。ブタ人間の可能性もあると。

 

アリ使いは語る。奴はロボットだと。

 

裏切り前科一犯は語る。あいつは幸せだったんじゃないかと。

 

[ad#co-2]

 

アンドレが動かなくなったのだから勝ちを譲れと迫る会長。しかし、芽衣子も動かなくなっていたじゃないと言い返し、なんだかんだと引き分けを提案するケイト。

 

しかし、副会長は引き下がるつもりなどなかった。

 

自分の痰を地面で擦り落とし、キヨシの服で拭く副会長

 

副会長のよく分からない自信を信じ、会長は勝負をつけることにする。

 

アンドレに向かって走り出す副会長の暴れるおっぱい。

 

 

まさか千代のように登る気なのか?あの見晴るかす峰の頂へと。

 

しかしあれは千代一人だからこそできた手段だ。案の定不安定な騎馬が今にも崩れそうだ。
焦る花。

 

同じくキヨシ。

 

止まらない副会長。おっぱいをぶるんぶるんさせながら、何をしようというのか。

 

 

感想

監獄学園232話でした。

やっぱり痰がついたままなのは不快だったみたいですね。当たり前のようにキヨシの服で拭くのが良かったです。副会長はそうでないと。

もう乳隠しが一本の線みたいになってますけど、少し前までの争いはなんだったのか。

 

[ad#co-3]

-監獄学園, ギャグ・コメディ
-, , , ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.