最新おすすめセレクション
「10年前から挿れて欲しくて」ネタバレエロ最新。未来から来た幼馴染は純真ギャルに変わっていたけど…

10年前から挿れて欲しくて~純真ギャルは未来から来た幼馴染~
ネタバレ感想

10年前から挿れて欲しくて。~純真ギャルは未来から来た幼馴染~のネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・あおき七瀬。

地味でコミュ力もなくて教室の端っこが似合う男子はなぜか、自分の部屋で可愛い黒ギャルに手マンして喘がせていた。

なぜこんなパリピ系女子と絡み合っているのか…

おすすめエロ漫画はこちら

 

10年前から挿れて欲しくて。~純真ギャルは未来から来た幼馴染~

立石めぐるは正統派美少女で人気者。

 

そんな彼女と実は家が隣同士の幼馴染みのかなたは、いつの間にかぼっち男子に。

 

 

めぐるが同級生たちと楽しく話しているのを横目に、そそくさと教室を出てさっさと帰るかなたは、子供の頃はよく一緒に遊んだ彼女が好きだったが、今は写真を眺めるのが精一杯。

 

そうして部屋でウトウトして目が覚めると、ベッドに見知らぬ黒ギャルが添い寝しているではないか。

 

 

彼がかなただと知っている黒ギャルはそれも当然、10年後のめぐることメグだと名乗り、彼が死ぬのを防ぐためにやって来たのだと言い出した。

しかも防ぐ方法が、若かりし自分とセッ〇スすればいいと言うのだ。

10年前から挿れて欲しくて1話はこちら
表紙

 

 

当然彼は信じられなかったが、メグは小学生の時のお互いの家族で一緒に旅行した際、プレゼントしてもらった星砂をピアスにしたのを見せ、かなたは鞄につけているでしょうと言い当てた。

 

それだけでは決定的証拠になり得ないが、とにかくメグは本気でかなたが死んでしまうのを阻止したいようだった。

10年前から挿れて欲しくて1話はこちら
表紙

 

 

かなたもその気持ちは汲んだが、さすがにめぐるとセッ〇スなんて現時点で考えられない。

 

するとメグはこれだから童貞はとバカにして、いきなりキスして舌を挿し込んだ。

 

 

ファーストキスを奪われた彼が驚いているうちに、メグはセクシーな下着姿になるや強引にマン〇を触らせた

10年前から挿れて欲しくて1話はこちら
表紙

 

 

触らせても思わず声が出たメグは今のとこ触ってとおねだり。

 

かなたが言われるまま、クリと思われる部分に指を這わせてクリクリさすっていくと、じんわり濡れてピチャピチャいやらしい音まで聞こえてくる。

 

そしてメグは背を仰け反らせてビクンと跳ねながら、彼の手を太ももでギュッと挟んで止めた。

 

本当にめぐるの10年後かは分かりようもないが、照れ顔はめちゃくちゃ可愛かった。

 

 

濡れた下着を脱がせて初めて女子のマン〇を見た彼は思わず感嘆の声が漏れ、おそるおそる舐めた。

 

また最初の一舐めで声を出してビクンと反応するメグは、気持ちい所を伝えてどんどんだらしない顔を見せていく。

10年前から挿れて欲しくて1話はこちら
表紙

 

 

もうメグの顔だけで射精しそうなかなたがおずおずと挿入をねだるので、メグは初めてはめぐるにと念を押し、マン〇を手で隠して素股を示した。

 

それでも構わない彼は勢いよく擦りつけ、必死に腰を振り始める。

 

しかし必死ながらもメグの反応で実はまだ処女なんじゃないかと感じたかなたは、シンプルに訊いてみた。

 

するとメグは素直に認め、めぐるがよく漏らす口癖を自然と口にしたのだ

10年前から挿れて欲しくて1話はこちら
表紙

 

 

その言葉使いで本当に10年後のめぐるかもと思えたかなたは、少し乱暴にバックに体位を変えてもっと激しく割れ目に擦りつける

 

部屋まで隣同士のめぐるがもう帰って来ているのに気づかないまま、夢中で性器を擦りつけ合う年の差の二人は盛り上がり、ラブラブなキスを。

 

そして二人仲良くイったのだった。

 

 

 

めぐるはずっとかなたが好き

 

あくまで10年後の本人として切り出したメグは、高校で何回も立ったフラグも活かせないまま、かなたが死んでしまったのだという。

 

死なないためには奥手なめぐるではなく、かなたからフラグを回収して処女をもらってあげて欲しいと言い、10年物のスマホで綴っている後悔日記呟きの情報を元に、抱く必要があった。

 

最初のフラグチャンスは明日、体育倉庫で二人きり閉じ込められシチュだった…

10年前から挿れて欲しくて1話はこちら
表紙

 

2話

体育の時間、運動神経もいいめぐるは男子たちの視線を集め、いつも通りに大人気の万能美少女

 

なのにかなたは話しかけるチャンスが来ても一歩踏み出せず、距離ができた幼馴染みのまま。

 

しかし運よく体育倉庫への荷物運びを手伝ってあげることができ、メグがしれっと鍵を閉めて閉じ込め成功。

 

 

そうして二人きりになると、ようやく素直になることができて、喧嘩してたわけじゃないけど、初めてなのに仲直りみたいな濃厚なベロチューからスタート。

10年前から挿れて欲しくて2話はこちら
表紙

 

 

そして、メグに教えてもらったザラザラしたところと首筋を攻め、膣がキュッと締まるほどたっぷりイカせてあげたのだが…

 

 

3話

かなたが死ぬかもしれない日、つまりXデーは卒業式だというメグ。

 

果たしてXデーが回避できたら黒ギャルのメグはどうなってしまうのかはっきりしないまま、久しぶりにめぐると部屋で二人きりに。

 

先日したことがお互い初めて尽くしだったと確認し合ってから、ゴムもスムーズに着けれてついにめぐると初セック〇できた。

10年前から挿れて欲しくて3話はこちら
表紙

 

 

しかし…

 

 

4話

とある朝の登校中、めぐると転んで膝を擦りむいた友達を見つけたかなたは、持っていた絆創膏をあげ、ハンカチも濡らして渡してあげた。

 

その気遣いと優しさはたちまちクラスの女子に広まり、一気に人気が急上昇。

 

しかしめぐるは、彼が他のクラスの女子と仲が良いらしいと知り、不安を募らせて不機嫌になり、放課後の教室で身体で繋ぎとめようとして…

10年前から挿れて欲しくて4話はこちら
表紙

 

 

感想

10年前から挿れて欲しくて。~純真ギャルは未来から来た幼馴染~でした。

エロSF風味で、かなりの純愛物語が展開されていきそうですね。

ミステリー要素もあり、結末が楽しみです。

10年前から挿れて欲しくてを読むならこちら