「授乳中のヤンママにパコパコ種付け」エロネタバレ最新。性欲を持て余していたギャルママが学生に弱みを握られ…

授乳中のヤンママにパコパコ種付け~そんなに出されたら…ミルクが溢れちゃう
ネタバレ感想

授乳中のヤンママにパコパコ種付け~そんなに出されたら…ミルクが溢れちゃうのネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

子供を授かり、育児を頑張っている間にすっかり夫とご無沙汰だった彩華。

もちろん、できれば仲良くイチャイチャエッチしたいが、夫の帰りはいつも遅く、ゆっくりしっぽりする暇がない。

そんなある日、思わぬことで気持ち良くされてしまう…

おすすめエロ漫画はこちら

 

授乳中のヤンママにパコパコ種付け

今朝も夫はろくに話も聞かず、早く帰ってくると口先だけで出勤していった。

 

彩華は不満に思いながらも送り出した後、掃除機をかけていると、ベランダの端から手が伸びているのに気づいた。

 

下着ドロボーだと思った彩華はバットに持ち替え、窓を開けると容赦なく振り下ろしてやった。

 

しかもその犯人は、隣に住む大学生の槙原真吾
表紙

 

 

しかし彼は下着ドロじゃなく、飛び込んだ自分の洗濯物を取ろうとしていただけだった。

 

 

早とちりで右手首に怪我させてしまった彩華は平謝りして手当てし、治るまで何でもすると持ちかけた。

 

すると彼は、前々からとんでもなくエロい巨乳だと思っていた欲望で頭を働かせた。

 

 

彩華は一旦彼をリビングに残して泣きじゃくる我が子に母乳をあげに行くが、彼は遠慮なく追いかけて部屋に入り、授乳中のヤンママ生乳首を視姦

 

彩華は慌てて隠すも遅く、どんどんムラムラしてきた彼はこれでもかと右手を痛がり、トイレの介助をして欲しいと脅し半分に頼んだ。
表紙

 

 

彩華はキレてやろうとしたが、怪我させたのを持ち出されたら何も言えない。

 

チャックを下ろし、夫よりデカい巨根が飛び出し、指示されるまま握って支えるとみるみるそそり立っていく。

 

彼は一発抜いてからじゃないと小便できないといい、このままじゃ旦那にチクってしまうかもと脅して従うしかなくしていく。

 

彩華は怒りを抑えてしごき始めるが、久しぶりの手コキが夫よりデカいので自分もムラムラしてきてしまう。
表紙

 

 

言われるまま指示に従い、キャミを捲って生乳を晒し、揉まれても乳首をいじられても、下手すれば傷害罪にされてしまうかも知れない怖さでされるがまま。

 

嫌悪感がこみ上げてどうしようもないが、それと同時に久しぶりの愛撫で股間がキュンキュンしているのも否定できない。

 

彼は睨まれてもこんなに簡単に従うなら最後までヤレると確信し、パイズリさせて飛び出した先っぽを舐めさせ、エロ過ぎる人妻が息を荒げ、赤くなっていく様を堪能していく。
表紙

 

 

根元まで突っ込まれてイラマチオされても、彩華は夫に暴力女だと知られたくない一心で必死に舐め回し、咥え、口内射精で受け止めた。

 

 

しかし彼は、一瞬萎えただけで彩華の乱れた姿にまた瞬時に回復させ、もっとしてもらわないとダメだと言い出し、便座に座らせてスカートを剥ぎ取った。

 

これはさすがにキレようとした彩華だが、強引なベロチューで口を塞がれ、下着の隙間からつぷっと手マンされると頭も体もトロけてしまう。
表紙

 

 

これまた久しぶりの手マンに声を抑えるので精一杯な彩華はぐったりし、いよいよ隣人学生のチン〇を入り口にあてがわれ…

 

 

2話

夫のより太くて長いのを突っ込まれた彩華は気持ちイイのを否定できず、喘ぎ声を漏らしてしまう。

 

しかし、我が子の泣き声が聞こえるとピストンの途中でも彼を押しのけ、あやしに行った。

 

 

もちろん生殺しで納得しない彼は追いかけ、赤ちゃんをあやしている彩華を後ろから攻め、立ちバック母乳プレイをし始め…
表紙

 

 

感想

授乳中のヤンママにパコパコ種付けでした。

テンポはサクサク、シンプルな鬼畜脅迫寝取り系で、エロさ十分な若くて強気なヤンママがヒロインです。

彩華はエロ可愛くていいですが、男のキャラがもう少し強くてもいいかなと思います。

授乳中のヤンママにパコパコ種付けを読むならこちら