最新おすすめセレクション
「デスティニーラバーズ」ネタバレ最新1巻無修正。デスラバ続編!惚れたあの子がナースになっても童貞を守れ!

デスティニーラバーズ1巻
ネタバレ感想

デスティニーラバーズのネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

デスラバの正統続編。

パート2が作られそうな締め方で終わったデスラバに間を置かず、デスティニーラバーズとタイトルを新たに舞台を変え、ヤルことは同じ。

軟禁される童貞男子たち、彼らの童貞を奪わんとドエロい誘惑をしてくる美女たち。

またリア獣になってしまうのか、それとも聖女機関とは別組織なのか…

 

デスティニーラバーズ1巻

三郷匠馬がいつもより早い時間に登校していると、途中で友達の桐上に会い、さっそく今日がXデーで近いうち童貞を捨てるのだろうと茶化された。

 

それに追い打ちをかけるように幼馴染みの梅里都子とも会い、今日、愛しの青柳里桜に告白するつもりなのが明るみになった。

 

都子は一瞬寂しそうな眼をするが、本当に背中を叩いて背中を押し、密かに人気のミステリアス巨乳クール美少女里桜への恋が成就するよう、二人は応援したのだった。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:デスティニーラバーズ1巻

 

 

 

始めは隣の席になったから、そこからちょこちょこ目が合うようになったから、はにかんだ表情がとても可愛かったから。

 

屋上に里桜を呼び出した匠馬は、余計な前置きはせずに好きです付き合って下さいと直球の告白で勝負した。

 

すると彼女は過去最高のハニカミ顔になり、両想いなことを打ち明けてくれたのだ。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:デスティニーラバーズ1巻

 

 

しかし、お付き合いに関しては今はダメだという。

 

 

好き同士だけど今はダメ。

 

中途半端に希望を残された匠馬は絶望し切れず、気まずい高校生活が始まると思うと憂鬱になり、自己否定感に襲われてしまう。

 

そんな告白を断った直後でも里桜は何でもないように話しかけてきて、保健委員の務めを果たすために健康診断の再検査を伝えてくれた。

 

 

クール過ぎる、でもそこも好き。

 

匠馬がそう思いながら一緒に保健室に入ると、いきなり不意打ちキスで唇を奪われた。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:デスティニーラバーズ1巻

 

 

そして里桜は改めて好きな気持ちは本当だが今は付き合えない理由を話せない、でも自分を信じて待ってて欲しいと、またハニカミ顔で求めた。

 

 

 

里桜が退室し、唇の感触だけが鮮明にプチパニックになっていると、どうも見覚えのない保健室の先生が現れ、ササっと採血を済ませると、再検査はそれで終わりだった。

 

ただ、地味ながらも谷間が見えて隙が多い先生にドキッとした匠馬は、恋の悩みを相談してみた。

 

すると先生は、こんな可愛い童貞に告白されたらすぐOKするのにと、急に色気を放って雰囲気を変えた。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:デスティニーラバーズ1巻

 

 

直後、匠馬は視界が揺らぎ、意識を失ってしまうのだった。

 

 

 

目覚めると、別の部屋に移動させられベッドに拘束されていた。

 

そして現れたミニスカナースの妖しい女は、人類のためにあることをして欲しいと告げた。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:デスティニーラバーズ1巻

 

 

美人で巨乳で怪しさマックスのナースにたじろぐ匠馬は、胸元にあるホクロを見せられ、さっきの先生が眼鏡を外し、髪型を変えただけだと気づいた。

 

 

あえて正体を気づかせた彼女はX、交配、つまり子作りするためにこんなことをしているのだといい、冗談じゃないのを分からせるために短いスカートを更に捲り上げた。

 

しかし勃起しなければできるものじゃなく、匠馬は里桜への操を立てて乗り切ろうとするが、逆に彼女のヤル気に火を点けた。

 

押し付けられる巨乳、耳を這うぬめりとかかる吐息、ムッチリした下半身

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:デスティニーラバーズ1巻

 

 

とてつもない刺激だが匠馬は耐えきり、尻を押し付けて勃起してるか確かめた彼女を驚かせてやった。

 

 

まさかの無反応でちょっとムキになった彼女は、おもむろにナース服をはだけてセクシーな黒ブラを見せつけると、ついにベロチューという粘膜接触で本気を出してきた

 

耳を手で塞がれた匠馬は口内で舌が絡み合う音がダイレクトに届き、里桜とのキスとは別次元の気持ち良さで動物的本能を刺激され、あえなくガチ勃起させられてしまった。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:デスティニーラバーズ1巻

 

デスティニーラバーズを読むならこちら