最新おすすめセレクション
悪魔だった君たちへ

悪魔だった君たちへ
1話2話3話ネタバレ感想

悪魔だった君たちへのネタバレ最新話エログロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

これはイジメの復讐か、イカレタ正義感を振りかざす異常者の憂さ晴らしか。

過去に胸糞悪いイジメを楽しみ、歪んだ青春を謳歌した奴らが大人になってから、相応の報いを受け始める。

 

 

1話

体中に刺青をし、米津玄〇みたいに目が隠れた髪型をしている男

 

ある6人グループの高校生時代の写真を見ながら、今はモデル、カップルで結婚間近、弁護士に証券マンにと新しい人生を順風満帆に送っていることを、我が事のように語り出す。

 

しかしその中の一人、倫太郎だけはうだつの上がらない大人になって差をつけられていたし、タトゥー男に拘束されて拷問を受けている真っ最中だった。

 

倫太郎は目の前の男がイジメの標的にしていた幸太だと思い、許しを請うが、男は容赦なく青春のイジメビデオと同じ内容のゴキブリ食わしをお見舞いしてやった。

 

 

 

もうすぐ美穂との結婚を控えている信は彼女がシャワーを浴びているところに乱入し、後ろから抱きしめながらベロチューに持っていき、流れるように美巨乳を揉みしだいた。

 

舌をぶつけ合うキスで十分に興奮すると寝室にすぐ移動し、美穂のフェラから再開。

悪魔だった君たちへ

著者名:古場みすみ 引用元:悪魔だった君たちへ1話

 

 

早く入れて欲しい美穂はそそくさと跨って腰を下ろし、大好きなベロチューをしながらしっかりしがみ付いて腰を振った。

 

 

 

翌朝、やっぱりキスが好きな美穂に行ってらっしゃいのベロチューで送り出された信は、朝から上司に褒められ、同僚には学生の頃から付き合ってる社長令嬢との結婚を羨ましがられて気分上々。

 

それだけじゃなく、女性社員からも人気がある非の打ち所のない成功者だった。

 

片や宮本という後輩は今日も相変わらず上司から泣かされるほど叱責されているので、信は庇って上司を宥めるが、そんな善い人ぶった行動は好感度を上げるための計算でしかなかった。

悪魔だった君たちへ

著者名:古場みすみ 引用元:悪魔だった君たちへ1話

 

 

 

後日、クズの性根はそのままに即物的な幸せをどこまでも貪り尽くそうとしている信の元に、倫太郎に頼んでいた写真のデータが送られてきたので、さっそく学生時代の自分たちを見て懐かしさに浸ろうとした。

 

しかし、画像が気味悪く歪んでいったかと思うと、最後に美穂の真実という画面に切り替わった。

悪魔だった君たちへ

著者名:古場みすみ 引用元:悪魔だった君たちへ1話

 

 

それをタップして表示されたのは、美穂がパパ活用に使っている裏アカウントだった。

 

 

 

これは真実か否か。

 

とにかくイライラしながら帰ると、美穂も同じように機嫌が悪かったが信は構わず、パパ活アカウントについて問い詰めた。

 

すると美穂も、信がやっていたマッチングアプリのアカウントを突きつけ返した。

 

 

同じタイミングで何者かから送られてきた、結婚相手の不貞を暴露するリークメール

 

お互い適当なごまかしで切り抜けようとするが、美穂は昔から浮気しまくっていたことを指摘し、女に恨みを買ったかイジメていたアイツに仕返しされたんだろうと責め、自分を正当化しようとする。

 

それでキレた信は結婚間近の恋人の首に手をかけ、本気で力を込めた。

悪魔だった君たちへ

著者名:古場みすみ 引用元:悪魔だった君たちへ1話

 

 

すぐにハッと理性を取り戻して離しはしたが、お互いに腐った人格を晒し合う結果となった

 

 

 

翌朝、信が出社すると何やら騒がしく、異様な雰囲気になっていた。

 

どうやら耐えかねて退職願を置いて消えた宮本が跡を濁してやるため、社員のスキャンダル盗撮写真を盛大にアップしていたのだった。

 

女性社員と上司の不倫、変態プレイ、フェラ、上司のお茶に唾を垂らしている瞬間、そこには信のマッチングアプリや美穂のパパ活もあった。

悪魔だった君たちへ

著者名:古場みすみ 引用元:悪魔だった君たちへ1話

 

悪魔だった君たちへを読むならこちら