最新おすすめコミック
「エロVRに夢中なあの子にこっそり中○しビクビクン」ネタバレ感想。同居中で同級生の従姉妹の性的シーンなんて…

エロVRに夢中なあの子にこっそり中○しビクビクン
ネタバレ感想

エロVRに夢中なあの子にこっそり中○しビクビクンのネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

目当ての学校に通うため、親戚の家に居候している綾音。

同い年の従兄弟や叔父・叔母とも仲良く暮らしていたのだが、友達からエロVRソフトを譲られてから関係性が変わり始めた…

おすすめエロ漫画はこちら

 

エロVRに夢中なあの子にこっそり中○しビクビクン

とある日のこと、友達の瀬戸まなかがいきなり女性向けVRエロビデオを観てくんないと持ちかけてきた。

 

エロビデオなんて観たことがなく、いろいろと性的経験が乏しい綾音はびっくり仰天赤面してあわあわするが、まなかは構わずに兄がAVメーカー勤めでモニターを探し中だと聞いてもいないのにあけすけに説明し、強引に押し付けてきた。

 

 

綾音も断り切れず、結局持って帰っちゃうのだった。

 

 

 

その夜、叔父と叔母は仲睦まじくデートで留守、従兄弟の直樹も友達と遊びに出かけた。

 

ぽっかり家で一人になった綾音は好奇心に忠実にVRゴーグルを装着し、ビデオを再生してみた。

 

 

さっそく始まると、リアルよりかなり巨乳になっていて、傍には早くも全裸で柔和な爽やかイケメンが。

 

女性向けらしく、優しい声かけから男優がそっと近づき、触れるようなキスから徐々に舌を絡めて濃厚になっていく

エロVRに夢中なあの子を読むならこちらエロVRに夢中なあの子に、こっそり中○しビクビクン☆ 1巻 [たかだ書房]

 

 

仮想現実でもファーストキスの綾音はドキドキがうなぎ上り、実際に触られていなくても乳首と大事なところをコリコリされるとビクンビクン感じてしまう。

 

そう、あまりのドキドキで自然と自分でクリをいじってオナニーしていたのだ。

 

早々と帰ってきた直樹が、まさかお楽しみ中だなんて思わず部屋に入っちゃったとも知らず。

 

 

 

思わぬ綾音の痴態に遭遇した直樹は、彼女もオナニーくらいする性的なことに興味がある女の子なんだと改めて思うと、エロVRで一心不乱にクリをいじる姿から目が離せない。

 

そんなエロい姿を見せられたら我慢できず、立ったままフル勃起チン〇を取り出し、綾音のオナニーをオカズにシコリ始めた

 

 

VR世界に没頭している綾音は、男優の的確な手マンですぐ傍に直樹がいるなんて気づかない。

 

 

目だけ隠れた綾音の蕩けた顔で一発抜いた直樹はまだまだ治まらず、束の間の賢者タイムからすぐ抜け出すと、ノーブラでぽっちしている乳首を抓んでみた。

 

それもVRからの擬似刺激だと思っているのか綾音は気づかず、直樹は服を捲って生乳をオープンし、むしゃぶりついた。

エロVRに夢中なあの子を読むならこちらエロVRに夢中なあの子に、こっそり中○しビクビクン☆ 1巻 [たかだ書房]

 

 

柔らかいし声もエロいし乳首もまだ硬くなっていくし、直樹は湿ったクリ周りも代わりにコリコリ擦り、更に身悶える綾音に我慢できずにパンツまで脱がし、ぱっくり開かせて指まで挿入。

 

綾音にまだ気づく様子はなく、直樹が先っぽを当てがったのと同じタイミングでVRでも挿入に移ろうとしていた。

 

もう挿れたくてどうしようもない直樹は、ついに従姉妹の中に生で突っ込んだ…

 

 

2話

綾音のVR中に勝手にヤリたい放題した直樹は、翌朝からどうにも気まずくって仕方ない。

 

でも教室でまた瀬戸まなかから別のソフトをもらっているのを目敏く見てしまい、期待せずにはいられない。

 

だから今夜も綾音がVR中に忍び込んでしまい、OLプレイで悶える彼女の身体をまさぐって…

エロVRに夢中なあの子を読むならこちらエロVRに夢中なあの子に、こっそり中○しビクビクン☆ 2巻 [たかだ書房]

 

 

3話

OLプレイ中に直樹の名前を呼び、まさかリアルで挿入されているとは思いもせずに顔を合わせるのが恥ずかしくなってしまう綾音。

 

お風呂でもシャワーオナニーが捗るほど気持ちイイことに目覚めた綾音だが、いつの間にか指がすんなり入っていくので膜が破れていることに気づいた。

 

でもまさかVR中にチン〇を挿入されたからなんて思わず、オナニーのし過ぎだと勘違いしたまま、今度はオラオラ系の彼氏VRでカラオケプレイに没入していく。

エロVRに夢中なあの子を読むならこちらエロVRに夢中なあの子に、こっそり中○しビクビクン☆ 3巻 [たかだ書房]

 

 

そして忍び込んだ直樹は、大人のオモチャを使って…

 

 

4話

顔面にぶっかけた後、まさかの母親乱入でいろいろ見つかってしまう危険に晒された綾音と直樹。

 

そこで彼は機転を利かせてVRCDをパソコントレイから出すことで、綾音を現実世界に引き戻した。

エロVRに夢中なあの子を読むならこちらエロVRに夢中なあの子に、こっそり中○しビクビクン☆ 4巻 [たかだ書房]

 

 

リアルワールドに戻ってきた綾音は叔母の訪問もそうだが、知らぬ間に下半身丸出しになっていることに慌てふためき、パンツが見つからないまま布団を被ってギリギリごまかした。

 

そして、さすがに机の下で縮こまっている直樹に気づいた綾音は…

エロVRに夢中なあの子を読むならこちらエロVRに夢中なあの子に、こっそり中○しビクビクン☆ 4巻 [たかだ書房]

 

 

5話

オナニーのし過ぎじゃなく、VR中に直樹に色々されたのかも知れないと察した綾音はただ、精子の拭き残し以外は嫌じゃなかった。

 

でも、年頃の男子らしくただ都合のイイオカズ扱いだったのなら立ち直れる気がしない。

 

それでもVRプレイ中のフリをして、エロ下着にも挑戦して夜な夜な待つことにしたのだが…

エロVRに夢中なあの子を読むならこちらエロVRに夢中なあの子に、こっそり中○しビクビクン☆ 5巻 [たかだ書房]

 

 

感想

エロVRに夢中なあの子にこっそり中○しビクビクンでした。

さすがに気づかない訳がないと思いますが、そんなことはどうでもいいほど綾音がイイですね。

心の奥底では以前から想い合っていそうな従姉弟同士、地味にデフォルメ顔も好きです。

エロVRに夢中なあの子を読むならこちら